こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

介護の意義について

知的障害者や痴呆老人、植物状態の人間を生かす意味ってなんかありますか?はっきり言ってあんなの腐らない肉の塊でしかないですよね。
社会的にも人手や介護費用などの貴重なリソースを割かねばならずデメリットしか無いと思います。
殺したり捨てたら罰せられるから渋々世話をしている、というのが大半ではないか?というのが私の想像です。
仮に進んで世話をしているのだとしてもそんな何もできない状態で管理され生かされる側が幸せだとは思えません。(何が幸せかを判断認識できるおつむがあるかは知らない)世話をする側のエゴなんじゃないでしょうか?
そんな狂った自己満足に社会を巻き込んで不幸をばら蒔かないでもらいたいです。

肉塊をベッドに縛り付けておもちゃにするよりさっさと土に返して墓に手を合わせ、生きてる人が活きられる社会の方がが自然な姿なんじゃないでしょうか。

投稿日時 - 2018-08-15 20:30:54

QNo.9527835

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

両親の介護をしている43歳の男です。
まず、介護等は、メリットデメリットで考えるものではないですよ。
嫌々介護などをしているかといわれると、確かにしんどい時はありますが肉親ですから愛情もあります。
障がい者のお子さんをおもちの親御さんも同じ気持ちではないでしょうか。
そして、なんだかんだ行っても、人間は生きていたいものです。

投稿日時 - 2018-09-12 11:32:31

ANo.2

介護をするのは恩や情があるからでしょうね。
介護をエゴと言うのは血も涙もないのですか?

認知症や知的障碍でも意外と分かっていますし、感情もあります。
口がきけない状態でも生きていますし、たまに回復し再び話が出来る状態になります。

植物状態になってしまったとしても「奇跡の回復」を望んでいるからでしょう。
回復者の中には植物状態でも眠っている間の事を覚えていたそうです。

でも年金狙いで介護する方もいますけどね。。。



この質問にある考え方(知的障碍者や認知症患者を「肉塊」と呼ぶ)はナチス・ドイツや一昨年発生した相模原障害者施設殺傷事件の加害者(大麻使用者。生活保護費で遊び大麻買っていた)を彷彿しますね。。。

相模原障害者施設殺傷事件の加害者は死刑か心神喪失で無罪だけど死ぬまで強制入院だそうです。そういう考え方を改めるまで自由にはなって欲しくないですね。

投稿日時 - 2018-08-15 22:06:57

あなたがいう「知的障害者や痴呆老人、植物状態の人間」のご家族に対して、面と向かって同じ質問をする勇気がありますか?
そしてあなたが「知的障害者や痴呆老人、植物状態の人間」になったとき、「もう生きる価値がないから殺しますね」といわれたとして、「じゃぁ、お願いします」と受け入れますかね。
逆質問ばかりで恐縮ですが、疑問をもったらまず自分に置き換えてみることも大事ですよ。

投稿日時 - 2018-08-15 21:45:25

あなたにオススメの質問