こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

精密機器の基盤の間のテープやクッションの意味は?

ボイスレコーダーが水濡れで調子が悪くなり、ネジを外し、バラせるところまでバラしてから、最後の手段で無水エタノールに浸してみました。結果は大成功。あっという間に復活し、びっくりしています。

とても嬉しかったのですが、一方、無水エタノールなだけあって、基盤と基盤の上に貼ってある、おそらく電子回路としては意味がないと思われる、茶色の薄いセロテープのようなものが剥がれてしまったのと、バラして液体に漬けたため、基盤の間に挟まれていたと思われる、小さなポリウレタン素材(?)のクッションのようなものが1つ落ちてきたのが気になっています。

セロテープのほうはどこに貼られていたかは知っていますが、接着剤が取れてしまっているので再度貼ることはできず、また、クッションのほうは、もともとどこにあったものなのか分からないので元に戻せず、この2つを除外した状態でネジを締めて組み立て、現在のところ全く問題なく動いています。

長くなりましたが、こうしたセロテープやクッションのようなものは、どんな役割を果たしているのでしょう? 戻しておかないと将来的に動作に支障を生じてしまいますか? 支障を生じる場合、セロテープのノリはどうしたらよいでしょうか? また、クッションの位置はどのように確認したらよいでしょうか?

投稿日時 - 2018-09-10 03:35:39

QNo.9535784

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

〉どんな役割を果たしているのでしょう?

フィルムは絶縁、樹脂は間隔調整および衝撃吸収です。
ボイスレコーダーなどだとハウリング防止で、マイクやスピーカー周辺にウレタンスポンジが貼ってあったりします。

携帯電話/スマホ、携帯音楽プレーヤー、ボイスレコーダーなどは、落下や小刻みな振動をすることも想定して設計されています。
落下や振動した際、これらの筐体や基板などが変形して衝撃を吸収する(変形し、また戻る)ようになっていて、変形した際に基板同士が接触しないように、隙間に緩衝材が挟んであったり、絶縁フィルムが貼られています。

で、これらが無くなるとどうなるか。想像できますよね?

投稿日時 - 2018-09-10 07:17:13

お礼

ありがとうございます。大切なものなんですね。

どこかすき間があるかと思って、組み立て直す際にも探したのですが、特に入る場所もなく、基板同士も安定している状態です。振っても異音もないです。

スピーカーの周りにはたしかにウレタンスポンジがついていましたが、実はこれも少しエタノールで溶けて、一部切れてしまいました。取りあえず切れた部分はそっと元に戻して、フタを閉めました。

ただ、今回落ちてきた小さなウレタンスポンジは、このスピーカーのものより、もっとゴロッとしていて、どこかの基板の間に入っていたと思われます。直角に近い形で、裏に両面テープがついていましたから、どこかに貼り付いていたのでしょうね・・・ どこだか分からず、気になって仕方がないです。

投稿日時 - 2018-09-11 01:04:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問