こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

免除で高校や大学へ進学

母子家庭の中3です
歩いてすぐのところに公立高校のすべりどめって感じの私立高校があります。
そこに通っている人も なんとなくですが公道で騒いでいたり 危険な自転車の乗り方をしていたり、正直イヤだな と思っていました。
この間、オープンスクールがあり、1人でうろうろしていると、その学校の先生が声をかけてくれて案内してもらいました。

成績のこと 母子家庭のこと、将来の夢を話していたら あるコースのパンフレットをくれました。
1学年40人の9クラスある中に1つのクラスだけ 特進になっていて15人で3年間クラス替えなしで国公立や有名私立大学を目指して通うコースでした。実績もあげてありました。

制服は同じだけど ほぼ他のクラスとは接点がなく、校舎もこのコースだけのフロアーが確保されていました。

今の私の中学の成績だと このコースで授業料と施設充実費、入学金が全額免除もあり という話しを教えてくださいました。 学校の偏差値は45ぐらいだけど このコースだけでみると55ぐらいだそうです。

私が思っていた進路は中学卒業→公立高校(アルバイト許可もらう)→塾なしで行ける大学 無理なら夢とはちがうけれどどこかに就職 と考えていました。

この学校の先生の話だと 塾に通う暇ないくらい学校で補習や進学講座があるとの事でした。全て授業料に含まれるからお金はいらないそうです。でもアルバイトはできないそう… アルバイトができなかったら大学に行くお金がないですって話すと 大学でも 授業料免除や半額免除のところがある事を教えて下さって パンフレットをみて説明して下さいました。

偶然にも 家からバスで10分ぐらいのところにある女子大は 高校の成績+漢検や英検などの級によっては授業料免除とありました。そして私の憧れていた学校の先生になれるというパンフレットでした。
学校の名前は…というと あー… まぁね…うーん…
という感じです。でも 小学校から中学高校もある学院の大学で、お金持ちのお嬢さん学校のイメージが昔の人にはあるみたいで名前はとても有名です

希望した人、全員がちゃんと学校の先生として就職している数字がありました。

私は今まで自分の担任の先生が どこの大学の出身の人かなんて 気にしたことなかったのですが 何気なくきいてみたら 国立とか有名私立大学の人が多かったです。

本当にあの女子大を卒業して先生になれるのかな…ともちょっと思いましたが 本人次第でがんばる事で免除がもらえて 教員免許がもらえるならいいなぁーと思いました。

中学卒業→偏差値低い高校に免除で入学→成績上位を保ち高校卒業→偏差値低い大学に免除で入学→教員免許とらせてもらう→学校の先生として働く

こんな感じのイメージで それは甘い!や、絶対ダメっていうところがあれば教えて欲しいです。

高校は 公立だと少し遠くて電車に乗って行く距離で登校にお金がかかります

ここの私立だと 登校にかかるお金は必要ありません 制服もご近所の方がもし入学するならお下がりがキレイな状態であるよ とお母さんと話していました。

高校の授業料はわかりませんが 先輩はよく塾に行ってるのを見かけます。

その私立高校の名前を言うと あーお勉強は苦手だったのね というふうに100%思われます。(特進コースの存在すら知られてないかも…)

高校も大学も あーあの学校ねぇ…という目でみられるような学校です。

投稿日時 - 2018-09-27 11:29:26

QNo.9541627

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

 付属がついている大学で、教員志望者が全員教員になっているというのは、付属の先生になっている人がかなりいると思います。お嬢様学校なら、少なくともあなたが進学しても良いかなと思っている私立高校よりは素直でおとなしい生徒が多いと思いますし、教員志望ならほぼ100%の就職が保証されていると考えると、そう悪い進路ではないかもしれません。

 ただ、学校の先生というのは生徒だけを相手にしていれば良いわけではなく、保護者との関わりもあります。母子家庭出身で公立への進学を考えていたあなたが、その地域では比較的裕福な家庭の子が通うと思われるそのお嬢様学校の先生になって、保護者と対等に渡り合えますか?私も教員免許は持っていて、大学卒業時にいくつか私立の採用試験も受けましたが、筆記試験の帰りにある学校の生徒に”ごきげんよう”と挨拶され、がさつに育った自分には無理だと思いました。勉強以外に教えられることは、何も無いって思いましたから。あんな下品な所作はしてはいけないという、反面教師としてなら採用される意味があるかもしれませんが、場違いで自分がみじめですから、筆記試験は合格していましたが、次の面接は自分から辞退しました。

 高校も大学も、実績ゼロというわけではないと思いますが、あなたがイメージしたほどの実績をあげているかというと、それはよく検討してみるべきだと思います。高校について言えば、過去何年分もの実績を、あたかも昨年の卒業生だけの実績であるかのように思わせたり、現役合格だけでなく、浪人した卒業生の分も含んでいたりということがあります。あなたの家庭の事情としては、浪人することはできないんじゃないですか?浪人生の実績が大半だとすれば、いくら塾に通う必要がないほどの補習をしてもらえても、それだけでは大学には合格できないということになります。浪人後に予備校に通うのなら、授業料免除をしてもらった意味がないですよね。そして、大学の就職実績については、前に述べたとおりです。教員志望者が教員になれたという実績だけでなく、どこの学校の教員になれたのかということの方が重要です。ただ、付属の中高以外の教員になれたとしても、公務員予備校に教員志望者向けのコースがありますので、そういうところに通わないと、付属以外の教員にはなれないかもしれません。大学生になればバイトもするでしょうが、教員養成の専門学科でない限り、教職に必要な授業は朝一かその日の最後の授業となる大学が多いです。つまり、バイトをしたり、公務員予備校に通ったりするには、時間的な制約が大きいということです。

 本当にあなたの計画通りに行くのなら、すごく良い話だと思うのですが、本当にそれができますか?塾なしで行くのが無理なら、夢を諦めて就職もとどこかで思っている限り、頑張り切れないと思います。逃げ道を用意すると、人間って逃げたくなるものなんですよ。でも、私立なら授業料免除がなくなったら学校を辞めなくてはいけないと思ったら、公立よりも頑張れるかもしれませんね。最後は、あなたがどれだけ頑張れるかにかかっていますよ。

 

投稿日時 - 2018-10-08 22:02:08

ANo.4

こんにちは。
私は高校受験の際、下記2校を受けました。

県立A高校
地元で有名な進学校で、ほぼ全員大学に進学する。
文武両道を掲げ、生徒は大体品行方正。

私立B高校
普通科の他に工業科や商業科などがあり、普通科含め偏差値は低め。
ただ普通科の中に特進コースというのがあり、そのコースだけは偏差値が高い。
更に特進コースの中から特に勉強が出来る生徒だけ、学力奨学生というものになれる。
入学金・授業料・教材購入、全て免除というもの。
ただ学校全体の雰囲気としては、あまり柄が良くない。
駅の階段に座り込んでいたり(通行人にとってかなり邪魔な位置に大勢で)。

私はA高校に行くつもりで、B高校は滑り止めでした。
両方合格しましたが(B高校は特進コースの学力奨学生に合格)、迷うことなくA高校を選びました。
そもそも小学生くらいの頃から「私はA高校に行くんだろうな」となぜか思っていたというのもありますが、やはり校風。
A高校は勉学にも運動にも力を入れ、生徒達がイキイキして見えましたが、B高校は何となくだらけた感じに見えたからです。
もちろん全員が全員そうではないとわかってはいるのですが。

A高校に入り、友達がB高校に行ったので体育祭を見に行きました。
そこでもやはり、校風の違いを感じました。
私が行ったA高校は体育祭にもかなり力を入れ、毎年テレビの取材も来るような学校でした。
体育祭の練習はかなりキツイものでしたが、達成感や感動はすごかったんです。
ところがB高校の体育祭は・・・生徒達はみんなダラダラとした雰囲気で、くたびれたサラリーマンの運動会を見ているような気分でした。
正直「これ、やる意味ある?」と思うほど。

まああくまで勉学だけ満足できればいい!と思うかもしれませんが、そもそもA高校普通科とB高校特進科ではレベルが違いました。
偏差値だけ見るとそこまで差がないのに、やはりA高校は有名な進学校、勉強の教え方自体違うのかもしれません。
A高校に不合格でB高校特進科に行った同級生(塾が一緒だっただけで、全然仲良くない)と偶然会い、「俺は特進科に進んだから、今~~を勉強してる」と得意そうに言われたのですが、正直「え、まだそんな所やってるの?」と思ってしまいました(もちろん口には出していませんが)。
彼は結局大学には合格出来ず、専門学校に進学したと聞きました。
私ははっきり言ってあまりガリガリ勉強するタイプではなく、授業さえ真面目に受けていればいいというタイプでしたが、有名私大に合格しました。

もちろんこれは、あくまで私の周囲のことであり、みんながみんなそうではありません。
しかし高校にはどうしても、校風というものがあります。
それは生徒の過ごし方にも、勉強にも出てきます。
他人からどう見られるかなんてどうでもいいと思いますが、自分が将来どうしたいかというのは、きちんと考えてから選んだ方がいいと思います。
やはりどの高校に進むかで、大学にも違いは出ます。
また就職の際も、どうしたっていい高校・大学が強いです。

今はどうかわかりませんが、少し前は教員免許を持っていても、正規の教員として就職出来ず、良くて非常勤だったり…と教育学部を出た友達から聞きました。
やはりそういう面でも、少しでもレベルが高い学校が強いのではと思います。

投稿日時 - 2018-09-27 17:39:40

ANo.3

イメージするのはどうにでもできます。
重要なのはそのイメージを実現できる努力ができるか、です。
貴女が今すべき事はとにかく勉強です。

投稿日時 - 2018-09-27 13:10:06

ANo.2

私立だと、奨学生でも別の部分でお金がかかる場合もあります。公立でも同様ですが、私立の方が高めになると思います。絶対額としてはそんなに大きくはないでしょうが、それでもゼロではないので。
修学旅行などにしても、学校によっては結構豪華に、つまり自己負担も大きくなります。その他、イベントやら細々した経費などなど。
特進コースであっても偏差値55じゃ大した大学へは入れないでしょう。公立の方がどうなんだか分かりませんが。
もっとも、どっちもどっちみたいにも思えます。気に入った方でいいんじゃないでしょうか?
ただ、低めの学校で上位を維持するのは難しい、というか自身のレベルを上昇、維持させるのは難しい。どうしても周りに影響を受け、高めの学校で頑張った方がずっと上昇しやすいです。あまりに高め過ぎると置いてかれてどうにもならなくなりますけど。
教職ですが、資格を取れたら就職できるという事ではありません。応募する資格ができるというだけで、採用されなければ教師にはなれません。近頃は例によって少子化ですから、教師も余り気味。あまり楽観視はできないでしょう。

投稿日時 - 2018-09-27 12:20:15

まず「他人からどう見られるか、どう思われるか」というバイアスを排除しましょう。
そのうえで、あなたが本当に歩みたい人生を実現できそうか否かを考えれば、自ずと答えは見つかるはず。
教員免許は「もらう」ものではなく「取得する」ものです。その大学を出たらレベルの低い先生にしかなれないと思っているなら大間違い。どんな先生になるかは、あなた次第です。

投稿日時 - 2018-09-27 11:42:26

あなたにオススメの質問