こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

妊婦検診、医師の無知で再検査?

里帰り出産で、現在は地元の病院に通っている者です。前回、医師の紹介状を持って検診を受けました。本日地元の病院で二回目の検診でした。
そこで、今までの検査結果(里帰り前の病院)につい
て、「今まで何も言われてないみたいだけど、2項目気になるから再検査してもらいたい」と言われ、採血されました。
しかし、前の病院では「検査結果は異常なし」と言われているのにおかしいと思いました。
地元の病院で指摘されたのは以下の2項目です。「HTLV-1抗体半定量/P 検査結果: LT16 基準値:0~15 単位:倍」と「HBs抗原/MAT 検査結果:LT8 基準値:0~7 単位:倍」
インターネットで調べると、LTはLess Thanという意味で、検査の表示は病院によっても違うみたいで、「未満」や不等号>もあるみたいです。とても不安になった上、検査費も高額だったし、病気の人みたいな言われ方をされて不快だったのですが、いずれもインターネットで調べたら陰性という意味でした。LTの意味を知らない医師がいるのでしょうか?

投稿日時 - 2018-10-16 19:14:31

QNo.9548272

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

確かに通常通りの解釈でLT16(Less Than16)というのは誤解を招きますね。不安な気持ちはわかりますが、落ち着きましょう。Less Thanのことは勿論わかっていますし検査の正確な見方もわかっています。この場合のLTはあくまで付け加えです。HTLV-1抗体半定量/P 検査はあくまで15までを基準値としていますのでLT16と言う値は限りなく15に近いが正常値よりは外れているつまり偽陽性と言うことになります。正常値は15までの場合15.00000は正常ですが、15.00001は限りなく正常値に近い異常値ですよという意味です。つまりLT16の意味は15.00001~15.99999の範囲にいますよと言う事を省略しているだけです。貴女が勘違いなさったのはLT”15”なら正常のはずということをLT”16”と混同してしまった事です。はっきり言えば15では何も言われないが16では感染している確率は低いが否定も出来ないといえます。
HTLV-1抗体半定量検査P 検査正確にはPA法はあくまでスクリーニング検査(拾い上げを目的に行う検査)つまり簡易法です。高感度であり、偽陰性(15以下で感染している事)はほぼないと言われています。問題となるのは偽陽性(感染していないのに15より高い数値)です。その場合はWB法で確認検査を行う必要性がでてきます。もっともLT16を検査するかどうかはその先生がLT16の中で感染者がいたことを経験なさっているかどうかで、こだわって検査をする先生。様子見ようとされる先生に別れると思います。ちなみに約20%のかたが低力価での偽陽性となります。簡易スクリーニングウイルス検査では偽陽性が結構でます。
HBs抗原MATも同じスクリーニング簡易検査です。両者とも偽陽性の場合、確認検査であるウエスタンブロット法(WB)やHBV-DNA定量検査で確認する必要があります。
今、国は母子感染を徹底的に抑えようとしています。厚生労働省の考えに沿えば
妊婦さんに限っては再検査妥当だと思います。

投稿日時 - 2018-10-16 22:50:16

補足

お詳しく、分かりやすいご説明頂き、ありがとうございます。正常値に近い異常値なんですね。。それは納得…とショックですね。とりあえず、再検査の結果次第なんでしょうか。母乳をあげられないと困りますから、偽陽性であることを祈ります。。
ちなみに、LT16、LT8で陰性では?と思ったのは過去の質問を参考にさせて頂いたからです。HTLV-1抗体半定量は、2016年の質問で基準値は16未満との表記なのですが、現在は15未満なんでしょうか?謎です。
https://sp.okwave.jp/qa/q4566849.html?a_open=true
https://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q13158357558?ccode=ofv&pos=2

投稿日時 - 2018-10-17 07:16:20

お礼

色々と調べた結果、「HTLV-1抗体半定量/P 」の検査方法PA法はゼラチン粒子凝縮法で、検査結果は16の倍数で結果は表示されるらしく、16倍未満、16倍、32倍…となっていくようで、16倍未満で陰性、16倍から陽性とのことでした。
「HBs抗原/MAT」の検査方法MAT法は磁気性粒子凝縮法で、同じく倍数で8の倍数表示らしく、8倍未満、8倍、16倍…となっていくようで、8倍未満で陰性、8倍から陽性となるようでした。

再検査は他の検査方法を用いるのか分かりませんし、検査結果待ちですが、とりあえず陰性に近いと思い臨むことにします。
お医者様からご回答頂き、大変勉強になりました。若い医師だったので、無知なのかと思い勝手に怒ってましたが(失礼)冷静になれました。
一番お詳しくご回答下さいましたので、ベストアンサーとさせて頂きます。
本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2018-10-17 08:44:04

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

検査料で稼ぎたい。
HTLV-1抗体とは「ヒトT細胞白血病ウイルスー1型」の抗体という意味で 抗体があるということは保菌者であるという意味です。
といっても 発症する可能性は極めて低く ほとんどの人が発症することなく過ごします。
ではなぜ妊婦が検査をするかというと 子供への感染を防ぐためです。
発症率が低いと言っても ゼロではなく 母から子への感染は防ぐことができるからです。何も対策をとらないと確実に感染します。
前の検査ですでに結果が出ているのだから 再検査の必要はありません。

投稿日時 - 2018-10-16 22:29:33

お礼

再検査、必要ないならしたくないのは患者の本音ですよね。検査費は高額なので、里帰りで全て私費で今支払っている私には本当に大打撃です。。

色々と調べた結果、「HTLV-1抗体半定量/P 」の検査方法PA法はゼラチン粒子凝縮法で、検査結果は16の倍数で結果は表示されるらしく、16倍未満、16倍、32倍…となっていくようで、16倍未満で陰性、16倍から陽性とのことでした。
「HBs抗原/MAT」の検査方法MAT法は磁気性粒子凝縮法で、同じく倍数で8の倍数表示らしく、8倍未満、8倍、16倍…となっていくようで、8倍未満で陰性、8倍から陽性となるようでした。

再検査は他の検査方法を用いるのか分かりませんし、検査結果待ちですが、とりあえず陰性に近いと思い臨むことにします。お忙しい中お時間割いて下さり、本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2018-10-17 08:49:03

ANo.1

私は医療に詳しくないのですが、あなたの説明ですとこの二項目については基準値を超えてますよね?
LT15なら基準値ですがLT16ですと15.9まで含まれるのではないでしょうか?

投稿日時 - 2018-10-16 21:13:26

お礼

色々と調べた結果、「HTLV-1抗体半定量/P 」の検査方法PA法はゼラチン粒子凝縮法で、検査結果は16の倍数で結果は表示されるらしく、16倍未満、16倍、32倍…となっていくようで、16倍未満で陰性、16倍から陽性とのことでした。
「HBs抗原/MAT」の検査方法MAT法は磁気性粒子凝縮法で、同じく倍数で8の倍数表示らしく、8倍未満、8倍、16倍…となっていくようで、8倍未満で陰性、8倍から陽性となるようでした。

再検査は他の検査方法を用いるのか分かりませんし、検査結果待ちですが、とりあえず陰性に近いと思い臨むことにします。お忙しい中お時間割いて下さり、本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2018-10-17 08:50:42

あなたにオススメの質問