こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

織物を続けるか

織物の学校に3年通ったのですが、嫌な事が沢山ありすっかり嫌になってしまいました。
せっかく習った技術を活かせないのはもったいないですよね。
学校の先生とも仲良くなく、この先会いたくありません。
そんな事でやめたくなるようなことなら、今後続けてもしょうがないと思ったりもしています。
嫌になっても続けている人も居るのでしょうか。

投稿日時 - 2018-11-06 20:40:26

QNo.9555183

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

今日本のアパレルはそもそも国内生産が少なくなってますから専門学校も激しく縮小傾向だと思います。桑沢のドレス科とか大塚テキスタイルとか無くなってしまいました。
どういう職があるかも含めて学校の選択とかを練り直してみてはいかがでしょうか。
個人で起業するなら専門学校の成績だとか学歴は関係無いと思います。
あるいは外国で修業するとか。
具体的に明るいことが言えなくて申し訳ありません。

仕事として続けられている人は好きになれるような、好きであり続けられるような努力を工夫している人だと見受けます。
例えば自費を投じて展覧会をするとか。ポートフォリオを作るとか。簡単ではないですが。

せっかくのスキルを活かせないのはもったいないですがその学校だけが道ではないし学校そのものは目的ではないようにも思います。
そもそもなんらかのスキルはありますか?
単に外国人学生の腰掛けで稼ごうとしているような学生を食い物にしているロクでもない学校もあります。

投稿日時 - 2018-11-07 01:23:35

お礼

回答ありがとうございます
正しく私にとってはロクでもない学校でした
思い切って行ったのに残念です

投稿日時 - 2018-11-07 07:22:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

「ろくでもない学校だった」との事ですが、若いうちからそんなになんでも見通せないから仕方ないですよ。
まだまだ経験を生かして自分の為になる、おもしろさややり甲斐を見つけられる師匠や学校は探せると思います。

投稿日時 - 2018-11-07 12:46:44

お礼

回答ありがとうございます
何年かすればまた気持ちも変わるかもしれませんね

投稿日時 - 2018-11-07 13:03:28

ANo.5

織物ができるって素晴らしいことです。
ただの糸たちが美しい生地に生まれ変わっていく。
その生地を使ってなにかを作るという その先につながっていくのですから
このまま捨ててしまうのは もったいないおばけが出てくるかも
しばらく冷却期間をおいてみればいいかもしれません。

投稿日時 - 2018-11-07 11:15:26

お礼

回答ありがとうございます
本来楽しいはずなのですが…
時間が解決してくれることを祈ります

投稿日時 - 2018-11-07 13:09:50

ANo.4

イラスト科の専門学校を出ていますが、全く違う道に進みました。
(学校は嫌いではなくむしろ楽しかったのですが、諸事情で。卒業生も就職先が絵を描く所ではない方が多いです。)

技術を学んだからと言っても別の道に行ってもいいと思います。
気が向いたら趣味として活動してもいいでしょうし。

織物素人な私からすると、学んだだけでもかっこいい!と思います。
意外な隠しスキルみたいな感じでいいと思います。

投稿日時 - 2018-11-07 03:20:45

お礼

回答ありがとうございます
別の道も考えてみます

投稿日時 - 2018-11-07 07:20:27

ANo.2

嫌な事から逃げるのは恥ではありませんし負けでもありません。この手の話になると決まって「人生には嫌でも逃げられない事が~」などとしたり顔で説教始める人も居ますが、どう考えても人生で嫌な事から逃げずに我慢して病気になったり自殺した人の方が圧倒的に多いのですから(もしかしたらそれらの人達は死んで生まれ変わって幸せになるみたいな宗教を信じているのかも?)。とにかく嫌な事からは徹底的に逃げ回ってください。我慢したり立ち向かっても何も良い事も得られる教訓もありません。

例えば背中をチクチクと針で刺されながらでは試験問題に集中できず、そんな状態ではせっかくの勉強の成果も1割も出せませんよね?今の貴方様はそういう状態にあるのだと思います。確かに適度な緊張感は身を引き締めて一定のパフォーマンス向上を期待出来ますが…それはあくまでも自分自身で行う場合であって、他人から一方的に嫌がらせ等を受けてる状態では純粋にダメージとマイナスな効果しかありません。まずは完全にストレスフリーのダラ~っとした状態に自分を置かないと正常な思考自体が出来ません。

そうして嫌な事から離れてみた所で初めて本当は何が嫌だったのかが見えて来ると思います。織物を勉強する事が嫌だったのか、それとも学校の人間関係が嫌なだけで織物は好きだったのか、或いは両方共嫌いだったのか~等々です。とにかく自分が一番ラクな状態に身を置いて初めて色々と見えて来るモノも多いので、まずは自身の精神状態を落ち着かせリラックス出来る環境を手に入れる事が重要ではないでしょうか?

専門学校なんて辞めたところで、またいつでも再入学して勉強の続きを再開出来るのですから。今まで勉強した事が無駄になる事も無いですし、仮に無駄になったとしても別にイイじゃないですか。自分ももう半世紀近く生きて来て色んな事を学校やら先生やらから学びましたが…その1割も人生に活かせてません。人間、勉強した事のほとんどは何にもならずに無駄になるもんなんですよ。そして大抵、その時には何の役にも立たない無駄な事だと思っていた事が、後々の人生で大いに役立つ事もあるのです。

投稿日時 - 2018-11-06 21:25:52

お礼

回答ありがとうございます
読んで元気のでる回答でした。
学んだから活かさなきゃいけない焦りが勝っています。
本当に織物が好きなのかゆっくり考えてみます。

投稿日時 - 2018-11-06 21:34:08

ANo.1

 
社会人になれば嫌な事でも続けないといけない。
「嫌だ」では逃げる事はできない、生活できないよ。
 

投稿日時 - 2018-11-06 20:48:31

お礼

回答ありがとうございます
子供染みた考えかもしれませんね

投稿日時 - 2018-11-06 21:18:56

あなたにオススメの質問