こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

映画「オデッセイ」に関する質問です

 西暦2015年に上映された「オデッセイ(原題: The Martian)」は世界各国で大ヒットし、日本国内でもかなりの興行収入を記録したようです。
 これは(一部科学的に間違っている描写はあるものの)宇宙飛行士(および彼らを支援する人々)の行動、ロケットの動き、および地球外に一人取り残された人間の心理などが極めてリアルに描かれているからだと思います(火星への有人飛行が実現したらこうなり得るといった感じに近いか)。
 加えて私は(SFでありながら)異星人、超光速航法、超能力、魔法、ミュータントなどが出てこない(故にあの映画に出てくる人物は超能力、魔法などの超常的な力を一切持たない)ことも要因であると思いますが、皆さんの意見はどうですか?

投稿日時 - 2018-11-20 11:40:40

QNo.9559892

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

あれはマット・デイモンの人間臭い演技が効いてましたね。
後、マット・デイモンを見捨ててしまったクルーが、滞在期間が延びることとリスクを厭わずスウィングバイ航法で戻る任務を即決したシーンにも人間味を感じました。
きっと、罪悪感を持ってたんでしょうね。
荒唐無稽さがないヒューマンな宇宙物という意味では「ライトスタッフ」や「アポロ13」と並ぶ秀作だと思います。

投稿日時 - 2018-11-20 15:11:54

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

はじめから100%作り事だとわかる作品と 実際にありうる物語とでは 受け止め方が違うと言うことでしょう。

現代では お金さえあれば 一般の民間人でも宇宙旅行ができる時代です。
(JTに行くと 宇宙旅行のパンフレットがあります。)
しかし超光速航法などは現実に存在しませんし科学的にも根拠のないことです。

投稿日時 - 2018-11-21 09:14:24

ANo.2

たとえ、火星人が出てきたり、超古代文明が出てきても
出来が良ければ売れます。
(SFでありながら)超能力や超光速航法がでたスターウォーズも
ヒットしているからです。

原作の物語としての出来が完成されていて、それを映画にする
監督や役者の腕が良かったのだと思います。
あと予算がいっぱい付いた。

投稿日時 - 2018-11-20 12:35:10

ANo.1

人間の知性が困難な状況を打破するというストーリーに元気をもらいました。俗に言う根性論やマッチョイズムではなく、冷静な分析と理論によって不可能を可能にするところが良いと思います。

投稿日時 - 2018-11-20 11:55:26

あなたにオススメの質問