こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

まもなく結婚するのですが

私は30代後半の男です。付き合って一年、まもなく彼女との入籍を予定しています。
30半ばまでほぼ実家に甘えておりましたが、ここ数年で一人暮らしを経験し、料理や掃除洗濯等生活するに困らないレベルでは出来るようになりました。

同じく30代の彼女はキャリアウーマンで性格はキツイですが情に厚く、私の事を大事に想ってくれる人です。付き合っていて楽しく特に違和感はなかったですし、プロポーズの決め手も自分をこれだけ好きになってくれる愛情深い人と一緒になりたいと思ったからです。彼女が早く仕事が終われば料理もしてくれます。気が強く言いたいことを言いますがすごく私の為に尽くしてくれます。

しかし新居を借り、結婚式の段取りを進め、さあ一緒に住もうかとなった今、言いようのない違和感と不安が押し寄せてきています。これはよく聞く話ではありますが、やはり今まで見えなかった部分、例えば物事を決めるときであれば私は割と気長で大雑把、彼女はせっかちで先を見据えて慎重に細かく決めたい、等々違いが見えてきたのです。結婚式準備、新居探し、親への顔合わせ、様々なシーンでそういった『違い』が出てくる度、それを埋めていくのにとても疲れてしまいました。

ふと思うのです。もしこれが穏やかな性格の彼女であれば、ここまで神経をすり減らす必要もなかったのではないか、もし事務職やパートの彼女であれば毎日家に帰って暖かいご飯が待っているのではないか、私を全面的に支えてくれるのではないかと。

勿論私の年齢やステイタスを考えても、そんな人と出会っていた可能性はほぼなく、仮にそこが希望通りだとしても別の面で問題が出てくる可能性も高いでしょうし、何よりそんなことを考える事自体彼女に対してとても失礼であり、その時点で私の人間性を疑われても仕方がないことは理解しています。

そもそも、私のこの感情は彼女だから芽生えたものではなく、他の誰かであったとしても一緒ではないかと思うのです。
一人暮らしを経験し、人に自慢できるほどのクオリティを追求しなければ家事は一通りできるようになり、金銭面の管理も含め生活していくことに自信が生まれました。それによって自分の欲しいものを欲しい時に買い、したいことをしたい時にするという決定事項を全て自己完結できる事に満足感と慣れを感じ、そこに介入されることに違和感を抱くようになってしまいました。

ではなぜ結婚しようと思ったかと考え直すと、子孫を残したい、家族が欲しい、正直世間体もあります。彼女と婚約破棄する事も考えられませんし、一生後悔すると思います。ただそれでも今後子供や親の事、人生の重要な決定事項から普段の細かな生活に至るまでの全てを彼女とすり合わせていくことに今は言いようのない憂鬱を感じています。

新婚は楽しくて仕方がないとか耳にしますが、今は準備に追われて二人で会った時にデートらしいこともしていないので余計かもしれませんが、ただただしんどいです。

それでも経験してみないとわからない事もあると思いますし、結婚してその先にある景色を見てみたいと思っています。その上でダメだったなら納得も行きますが、見もしないでは納得できないと思うので。

先に結婚という経験をされた方のお話を聞かせてください。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2018-11-29 12:12:47

QNo.9562849

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(18)

ANo.18

 考える部分があれば、破談にするべきです。先は、見えています。
キャリアウーマンは家庭の切り盛りは、できません。書かれているような事を感じるようでは、
うまく行きません。感じていることが、極めてひどくなります。

投稿日時 - 2018-12-08 20:55:12

ANo.17

「彼女と婚約破棄する事も考えられませんし、一生後悔すると思います。」
この時点でもう二人の関係がいずれ破綻するのは目に見えていますね。

回答者の方々の中には、あなたの人格を否定するような方が見受けられますが、私はあなたはごく真面目で普通の方と感じます。彼女はきつい性格だが、あなたに尽くしていた。それが婚約し、具体的に結婚へと準備を始めたら彼女の強引さが前面に出るようになった。

ここで気づきませんか?彼女は「結婚」がしたくて猫を被っていた。そして世間体を気にするあなたと婚約したので婚約破棄はない。そこで、もう猫を被る必要がなくなり自分の思い通りに事を進めるようになった。

つまり、あなたは舐められているのです。彼女は確実に「結婚」ができる男なら誰でもいい。キャリアウーマン
としての自信があるので、あなたは「自分のいいなり」になっていればいい。彼女の精神性は「男」です。

彼女の望む「結婚」は彼女が「家長」、あなたは「従者」。そこがあなたの違和感なのではないでしょうか。

あなたにとって大事なのは世間体ですか?自分自身の生き方ですか?
どんなに他の回答者さんが「結婚なんてそんなものだ」と言っても、それは自分自身の結婚生活への諦めであって、あなたの人生と比較するものではありません。
世の中は広い。数人の回答者さんの意見を鵜呑みにせず、もっと自分の世界を肯定することをお勧めします。自分が自分を十分に肯定していれば、そのような姿勢に魅かれる女性は必ず現れます。
流されず、見栄をはらず、自然体で生きていただきたいと願います。

投稿日時 - 2018-12-08 11:53:58

ANo.16

>結婚式準備、新居探し、親への顔合わせ、

のんびり気長に決めている案件ではないものばかりなので
サクサク決めてしかるべきと思うんですが(;^ω^)
ここに書かれていない嫌だなと思うことがあったのでしょうね。

おそらく当たりのきつい人なのかなと思いました。
同じことを言うにしても、言葉や話し方が違えば全然違うけど
戦場にいてそのキャラが定着している彼女は
その感覚で家庭を持とうとしているのではと思います。
頭の回転が速く無駄が嫌いなんじゃないでしょうか。
他の人への接し方はいかがでしょう。
出かけた先で出会った知らない人への対応とか。
そういうのがきちんとしているなら
伝え方を変えてみると伝わることがあるかもしれません。

そして子育ては一見無駄と思われることばかりだし
今自分が大切にしている自分の生活とか価値観とか時間とか
そういうのがガッツリぶっとびますが大丈夫でしょうか。
これはお二人ともです。

私は結婚10年目で、
私が決めた結婚記念日を私が忘れたりすることもありますが(;^ω^)
夫がきちんとしていてお祝いしてくれます。
夫婦は家族という会社の共同責任者だと思っているので
話し合ったことがいいことに関しては
細かいことでも意思確認して話し合います。
いつでも、話し方や言葉選びや話をするタイミングには気を配っています。
タイミングが悪いと
丸く収まるものも収まらなくなるからです。
忘れがちですが
当たり前に一緒に生活できていることはすごいことなので
感謝してもしたりないと思っています。

投稿日時 - 2018-11-30 12:59:13

ANo.15

こんにちは。×1の40代オトコです。

何も考えず、何も準備せず、適当に結婚するだけなら楽なのでしょうが、両家の顔合わせに始まり披露宴会場の選択から衣裳合わせ、料理や引き出物、ハネムーンに結婚後の新居の手配等々…一段落するまでは、心身共に疲弊するものです。
当然、男女問わずマリッジブルーは存在します。

僕は9日間のハネムーンの間中、暇さえあれば殆ど寝てましたね。元嫁も同じでした。
結婚とは、そのくらい疲れるものです。

しかし、相談者様には『別れる』という選択肢も無いのですし、『離婚』という覚悟もあるようですから、進むしか方法は有りません。
『この人と結婚する』という決意、『ダメなら離婚する』と言う覚悟が有れば大丈夫です。

ちなみに、離婚は結婚の数倍の労力を要しますよ。

投稿日時 - 2018-11-30 10:13:15

ANo.14

意外に結婚までって精神的にも肉体的にもハードです。なので若い時に
ぱっと燃え上ってるうちに結婚した方が、そういう面では楽かもしれないですね。
でも、
子供が出来ると、もっと精神的にも肉体的にもハードです。
20代で親になってもハードでした。同じ時期に出産した10代の子は
楽そうでした。
そういう意味でも結婚は早い方が楽かもしれないって思いました。

うちの弟は結婚が遅くて(私とは2歳違いで、うちの子は、もう結婚しても
おかしくない年齢ですが)まだ子供は小学生で、ほんと、しんどいって言ってます。

まだまだ、これからが大変です。覚悟を。

投稿日時 - 2018-11-30 00:45:38

ANo.13

>私は30代後半の男
>30半ばまでほぼ実家に甘えておりました
⇒文面を拝見して、あなたが実家で長い間、甘えて暮らしていたことが分かり
 ます。30半ばの男だとすると、少し違和感を覚えます。

>ここ数年で一人暮らしを経験
⇒私は高校を卒業してから、ずっと一人暮らしでした。
 “ここ数年で一人暮らし”、では、不十分ですね。

>彼女は30代のキャリアウーマンで/性格はキツイ/気が強く言いたいことを
 /言います/物事を決めるとき、彼女は先を見据えて慎重に細かく決め
⇒彼女は、キャリアウーマンですから、物事の判断が正確で厳しく、先を見据
 /えて慎重に細かく決めるタイプでしょう。
 キャリアウーマンでとして、企業の中で経験して身に付けた能力でしょう。

>情に厚く/私の事を大事に/料理もしてくれます/私の為に尽くしてくれま
 す
⇒大事な結婚を前にしている時期なので、彼女は真剣なのです。テキパキと
 処理しているのです。これが、彼女の真の姿で、優れている点です。


>新居・結婚式段取りを進め、違和感と不安が・・・等々違いが見えてきた
⇒このテキパキした行動が、キャリアウーマンの彼女の真の姿だと思います。
 一人暮らしの経験が少ないあなたとの違いです。
 
>付き合っていて楽しく特に違和感はなかった
⇒楽しいデートの時ぐらいは、彼女はのんびりしたのでしょう。
 彼女は、遊ぶ時と物事を処理する場合の振る舞い方をよく分かっているの
 です。
 
>プロポーズの決め手も自分を好きになってくれる愛情深い人と一緒に
⇒“決め手も自分を好きになってくれる愛情深い人と”、の個所がへんです。
 普通は、“自分を好きになってくれる人”、ではなくて、相手を愛している
 から、だと思います。少し変です。相手を好きではないのですか?

>『違い』を埋めていくのにとても疲れてしまいました。
⇒30数歳まで実家でのんびり暮らしていたあなたと、人暮らしの自立した暮ら
 しをしてきて、会社の中でもキャリアウーマンとして戦っている彼女とは、
 人間力の面で、大きな差があるようです。
 彼女の方がずっと大人のようです。あなたには、まだ成長の余地が沢山ある
 ようです。


>パートの彼女であれば毎日家に帰って暖かいご飯が待っているのではないか
>私を全面的に支えてくれるのではないかと。
⇒そんな、甘えは彼女には通用しないようですね。

>そんなことを考える事自体彼女に対してとても失礼であり、
>私の人間性を疑われても仕方がない
⇒その通りです。
 あなたの“人間性を疑われ”ます。

>金銭面の管理も含め生活していくことに自信が生まれ
⇒“金銭面の管理”、こんなことを彼女の前で言うと、軽蔑されますよ。
 「子供みたいなことは聞きたくないです」と。

>したいことをしたい時にするという事項を全て自己完結できる事に満足感を
>そこに介入されることに違和感を抱くようになってしまいました。
⇒このような認識ですと、結婚して適切にやっていけるかどうかが、心配にな
 ります。

>ではなぜ結婚しようと思ったかと考え直すと/子孫を残したい/家族が欲
 しい、
⇒結婚の動機に、違和感を覚えます。
 普通の男は、なぜ結婚しようと思ったか、それは、彼女を好きだから、一緒
 に居たいから、彼女を抱きたいから、なのです。
 
>今後子供や親の事、人生の重要な決定事項から普段の細かな生活に至るまで
 の全てを彼女とすり合わせていくことに今は言いようのない憂鬱を感じてい
 ます。
⇒あなたの考えは、実に甘いですね。
 これでは、健全な結婚生活は難しいと、私は思いますよ。
 彼女ぐらい、しっかちしていないと、家庭は健全に維持することは難しい

>新婚は楽しくて仕方がないとか耳にしますが、ただただしんどいです。
>先に結婚という経験をされた方のお話を聞かせてください。

アソバイスのまとめ

失礼ですが、率直に書きます。

1)あなたは、精神的にまだ十分自立していないように感じました。

2)家庭を持ち、管理運営していく厳しさを十分認識していなようです。

3)結婚の動機にも、不安を感じます。
 好きだから結婚するのではないのでしょうか。
 自分を好いてくれるから、ではありません。

4)仮に彼女と結婚した場合、彼女は、家庭の物事を、テキパキと判断し、
 行動します。
 その速さは、あなたは、きっと、ついて行けないでしょう。
 しかし、彼女のように、テキパキと判断し、行動しないと、現実的には支障
 が生じるからです。
 家庭の事で、彼女と協議する場合、彼女が主導的に行動するようになるで
 しょう。その時、あなたはストレスを覚えることでしょう。でも、彼女の
 処理方法が、きっと、現実的に適法なのです。

5)彼女との結婚、うまくいかないように感じます。
 失礼ですが、あなたの未熟さのために、あなたが、彼女の支配下に入ること
 になり、それに、あなたは耐えられなくなり、結婚は破綻するのではと、
 わたしは懸念します。
 
 彼女と結婚するべきかについて、再考されたら、いかがでしょうか。

 厳しい回答ですみません。
 
 

投稿日時 - 2018-11-29 19:45:27

ANo.12

>穏やかな性格の彼女であれば、ここまで神経をすり減ら
キャリアウーマンでは求めるほうが無理。一人でも生きていけるタイプかと思います。相手のかたも30台過ぎているでしょ。子供ができても専業主婦になりません。やめません。手料理もおろそかになりがち、帰りも遅くなるだろう。その分貴方にしわ寄せが来ます。不安感とかいうのは、本来は、女性のほうの話。専業主婦希望の方を選んだほうがよかったと思う。今になって不安がっている場合ではないが腹を決めましょ。

投稿日時 - 2018-11-29 17:54:01

ANo.11

そうねぇうちの場合は
「慣れました」
そして
「お互いに期待をしなくなりました」
さらに言えば
「最初っから何もかもうまくいくわけもない」
ですかね。

一つだけあなたに聞いてほしいとするなら
「この人以外だったら我慢などしなかったな」
です。

他の人だったらもっと自分に都合がよかった?
そうかもしれません。
でも相手にとってもそう思ってくれるかしら?
あなたが思うように相手も「元彼だったらきっともっとうまく行った」
「もっとリーダーシップのある人だったら・・」
「もっと自分に合わせてくれる人だったら・・」
今口に出していないだけできっと彼女もそう思っていることでしょう。
でも口に出していないんですよ。
それが彼女の今の答え。

あなたが先に根をあげるなら別にそれでもいいですが
お二人で成長できないと決めつけるにはまだ経験値浅くないですかね?

あなたと同じ性格じゃ進みが遅いでしょうし
彼女と同じ性格では物が決まらないことでしょう。
お互いに補いあう二人だから上手くいくのでは?

今の状態を乗り越えられないようではこの先育児などでも全く分かり合えないことでしょうね。一人で生きていくつもりがないなら今はもう少し頑張って何がどう不満なのか理由と感情を丁寧に伝えてみては?

投稿日時 - 2018-11-29 17:40:18

ANo.10

pokochanamechan様

★回答者(婚活、人間関係、専門家)の「NISHISHINJUKU」と申します。私は東京で長年、結婚相談所をやって来た経験を活かし専門家としての立場で客観的に回答させて頂きます。

★結婚相談所という世界から回答した理由は、多くの老若男女が在籍しており、
御質問の件も良く有る話だからです。


❶<先に結婚という経験をされた方のお話を聞かせてください>・とのこと、

✚真っ先に誰より多くの結婚を扱って来た私に挙手させて下さい!

*極めて簡単な話です・・貴方は男性の「マリッジブルー」です。

❷<人生の重要な決定事項から普段の細かな生活に至るまでの全てを>・・

✚「彼女とすり合わせていくことに今は言いようのない憂鬱を感じています。」・・そんな事、誰でも同じです。 恋愛と結婚とは全く違って、結婚は「生活」そのものですから、そういう事が起きて極めて自然です。

*恋愛時代と違うだけです・・聡明な彼方ですら実感が無かっただけです・・賢く、紳士的な、かつ冷静な貴方ですら、こういう事ですから誰でも起きる男性版「マリッジブルー」です。

❸<やはり今まで見えなかった部分、例えば>・・・

✚「物事を決めるときであれば私は割と気長で大雑把、彼女はせっかちで先を見据えて慎重に細かく決めたい、等々違いが見えてきたのです。結婚式準備、新居探し、親への顔合わせ、様々なシーンでそういった『違い』が出てくる度、それを埋めていくのにとても疲れてしまいました。」とのこと、

*そんな事、文章を拝読した瞬間に私は想定出来ましたよ! 彼女が本質的に変わってしまったなら、ともかく、刺激を初めて受けて躊躇ってしまったのは「貴方本人」じゃ有りませんか?


❹<客観的に言えば何と逞しく優しい彼女をGET出来て、>・・

✚この上有りません・・・彼女は如何にも今どきの「シッカリ」した女性です・・貴女は彼女の優しい面も誰より理解している男性です・・結婚に際し、彼女の事ですから何でもテキパキ進行する位、貴方の文章を読ませて頂いている我々ですらとっくに予期出来る明確な事です。

*そんな事で疲れてしまったら、将来は有りませんよ!(注:正し、どんな女性が相手でもですよ!別に彼女に限った事では有りません)


❺<要するに貴方は黙って彼女にリードされて付いて行けば良いだけ>・・

✚です・・・そこに、

*憂鬱を感じています
*違和感を抱くようになってしまいました。
*ただただしんどいです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
★等々を貴方が言っている事自体、結婚という事の本質を分かっていないからです・・彼女の方こそ客観的に言えば「現実的」で「合理的」で「計画的」で・・それが有るからこそ、結婚生活のバランスが将来取れて行くのですよ!」

❻<往々にして男全体に言える事は貴方と全く同じ傾向にあり>・・

✚悪い言葉で言えば、のんびりで「怠慢」≒「ズボラ」なのです。

*これは多くのカップルを成婚させてきた私は一般論として客観的に思う事ですから貴方に限った例では有りません。

*のんびりで「怠慢」≒「ズボラ」な点をカバーしてくれて成り立っているのが夫婦である事を貴方が認識できない段階にいるだけです。基本的に聡明感を感じる貴方に対しては、そこだけは人生の先輩としてアドバイス申し上げておきます。

❼<そういうシッカリした優しさを彼女が持っていなかったら>・・

✚何もかも貴方に責任が降りかかって来ますが、その方が楽でしょうか?

*貴方は未経験だから何も回答出来ない領域にいますが、文面を拝読している限り、彼女は本当に聡明で頭が切れる御立派な女性です‥その上、優しさを貴方は一人占めしている事を思い出して下さい。

💛人生、どこまで行っても「無い物ネダリ」に成り兼ねないのです・・

✚貴方は今から彼女に「無い物ネダリ」をしたら先が思いやられます・・昔から知っている彼女の長所や美点だけでも「深く感謝」して見ましょう。

*原点に返る事です・・彼女がいて初めて貴方が存在出来ている面も有るし、結婚も出来るのです・・一時的に現実を見て、感謝を忘れてはイケません・・彼女には一方的に感謝をすれば、するほど、結果的に貴方のSTRESSが軽減される事を貴方は実感出来ません。

★★★(最後に末筆ながらアドバイスを!)

✚もう少し、男として大きな視野で、稀有な存在である愛くるしい彼女を再認識して上げて下さい・・あれでも、彼女は貴方との結婚を夢見て頑張っているのですから‥全ては夫婦になったら尚更「加点法」で「片目を閉じて優しく労わって上げましょう」・・

*いざという事も起きます・・まさかという荒波も被ります‥そんな時、誰よりも貴方の力になってくれるのは、やはり最初から最後まで彼女だと信じます。

*目先の少々の事でマリッジブルーになっている場合では有りません・・結婚は甘い事ばかりではない・・という教訓を既に教えて貰っているのですから最良の伴侶だと信じます。

💛これを機に結婚と恋愛の区別をしましょう・・やがて、早くも親になるのですからシッカリして下さい。 人生の先輩より!エールを込めて!


★ちなみに「ダリア」の花をテーマ写真にしている理由は、同じダリアでも、
これだけ種類がある様に人間も無限な「10人10色」を象徴してます。

(PS)
★たまたま、今の瞬間に於いては、私は専門家回答者ランキングTOP(下記URL参照)におります・・・少しでも参考になれば、「お礼コメント」と「ありがとう」をクリック頂ければ励みになりますので、追加質問等があれば、ご遠慮なくお願いします。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

参考URL:https://okwave.jp/ranking/professional/month

投稿日時 - 2018-11-29 16:56:29

ANo.9

女の人は少なからず結婚に対して思い入れというかうまくやり遂げたいという気持ちがあるんじゃないでしょうか。
生真面目であるが故に、決めた課題に完璧な結果(成果)を出そうとしてしまうのかも。
彼女にとっての現在の課題は、結婚式を滞りなく、悔いなくやることになっているのかもしれないですね。
そして、結婚当初は「いい妻」を勤めようと気負う部分もあるかもしれない。

男性は結婚後の相性や生活の不安などはいくらかあるとしても、
そこまでの気負いはないと思うので、結婚前のナーバスな女性がヒステリックに見えてしまうこともあるでしょう。

あなたが家事をできるようになったことが、
「夫婦の家事力が底上げされた」と感じられないことは残念です。
彼女が家計に対して真剣に無駄や節約を考えていることも、
規制や介入だと捉えられてしまうのも悲しいことだと思いませんか。

結婚は、お互いの陣地の取り合い合戦ではありません。
二人で協力して一つの強固な城を築いていくようなものだと思います。
男が女がと役割を分けがちですが、男が城を留守にしていれば、夫婦の共有財産
を妻が槍を持って戦ってでも守る方が強いと思わないですか。
非常時の備えのために、元気な内に慎ましく暮らすことは、他の誰かのためではなくあなたとのこれからのためではないのでしょうか。

私はあなたの熱が冷めたことで、
家族という味方になるはずの婚約者を、城内の敵のように思い始めている気がします。
他の国のしとやかなお姫様が、羨ましく思えるようです。

いざ、夫婦に危機(女性問題という意味ではありません)が訪れた時、
あなたを支えてくれるのがどちらの女性かは、あなたが決めることです。
日々癒やしてくれる妻を生かすために、自分の命を投げ出してでも守り抜きたいのか、
普段から厳しい妻がいざという時に自分を投げ出して最後まで一緒に戦ってくれるのか。

私は「いつも」より「いざという時」が重要だと思って相手を選びました。
そんな日が訪れることはないでしょうか?
私の場合は、結婚式のすぐ後に訪れました。
その時、この人で良かったと心から思いましたよ。

今のお二人は同じ方向を向いてはいませんよね。
二人でもう一度、積み上げ方を話し合ってみてはいかがでしょうか。

落ち着いて互いの不安を聞き合うことです。
夫婦がどちらも「自分が自分が」と言い始めたら衝突します。
あなたは自分が、と言いたいから結婚相手を少し疎ましく感じ始めました。
彼女も何もかもを一人のペースででやり過ぎて、あなたの話や意見を受け入れる余裕を失っているように思えます。
まさにそういう状態になりつつあるのです。

相手がやってくれていることを余計だと思う気持ち、
相手がやらないことにイライラする気持ち。
どちらも、相手の気持ちを考えていないと思いませんか。
どちらも自分のペースややり方にばかりこだわっているのです。

二人がこれからも仲良く、いたわり合って生きていくためには、
相手のやり方を受け入れてみるという素直さも必要です。

妻はあなたを楽に、優しく癒やし続けるためだけの存在でしょうか。
あなたの子供を産み、あなたの世間体を立て、あなたのお金遣いや行動に口を挟まない?

あなたは彼女の強さを何か勘違いしているのではないですか。
どうして怒られたり指摘を受けているのか、それは彼女の都合だけかもう一度考えてみて下さい。
彼女が単なる自己中心的な人なら、あなたは結婚しようなどと思わなかったはず。

彼女が逸りすぎていると思うのならば、あなたがブレーキをかける方法を身に着けましょう。
タイプの違う二人が夫婦としてうまくやっていくには、
相手を誰よりも理解して、どちらもが笑顔でいられる方法をどちらかが見つけ出していくことですよ。

あなたにはそういう意識がまだなくて、
自分のことにしか頭が回らなくなっているのではないかと感じました。
夫婦は常に同一ではありませんし、常に同一であるべきものでもありませんが、
必要な時には何よりも堅く一つにまとまる力は持つべきとは思います。

長くなりましたが、
そういう視点で一度お二人のこれまでとこれからを考えてみて下さい。
彼女とうまくいかない本質から逃避していたのでは、
彼女との結婚生活を楽しめるとは思えないでしょう。
「他の誰か」に論点をすり替えるのは違うと思いますよ。

結婚は真っ向から戦うものではないですが、逃げ続けても幸せにはなれません


1泊旅行などで小休止をおくことができると、良い方向に向くかもしれないですね。

投稿日時 - 2018-11-29 15:44:08

ANo.8

私達は遠距離恋愛をしてからの結婚だったので、御互いの両親に会わせたり
式を決めたりは、とても大変でした。
物凄くハードでしんどかったですよ~。。互いに仕事はしておりましたし、
住処は関東と関西で、会う時は新幹線を使って月に数回会うのが
精一杯でしたし、、結婚式金を如何に節約して互いの両親や友人から
祝って頂くか、、細かいところから大雑把な事まで二人でヘロヘロに
なりつつ決めていきました。 そのしんどさも皆様に喜んで頂けるなら
ヘロヘロだろうが、ヒイヒイであろうが、、疲れましたが楽しい思い出です。

決める時も二人で「どうする?どうする?」ってなかなか決めれなかった
事も多々有りましたけれど、どちらかが歩み寄って決定権を指し
決めていきましたし、見えない部分が見えてくる事も有りましたが
嫌な面も、違和感有る面も、意志すれ違いも互いに寄り添って、、
認めて夫婦になりましたね~。
喧嘩も有りますし、時には頭に来る事もございます。
でもね、、夫婦になったら、、認め合えないと旦那を好きだから私なんか
譲ってしまったり、、歩み寄る心掛けは常にしております。

ですから、彼方様も彼女の見えなかった部分も全て認めて
あげれると宜しいのではないでしょうか。
これからもっと、彼女の見えなかった嫌な面とかに、ぶち当たり
ますよ~~?!^^
フフ(笑)、、末永くお幸せにね☆

投稿日時 - 2018-11-29 13:47:07

ANo.7

ある有名な学者の話です。
洗濯や掃除なら機械がやってくれる。
大抵のことは自分で出来るのに
何かが もの足りないのだ。

それは愛する相手がいないということだ。

貴方様は24時間彼女といることで嫌な面が見えるようになりました。結婚はその連続だと思ってくださいね。様々な面で違和感を抱くのは お互いに無いものに惹かれて一緒になるのですから当然な事です。

結婚をして お互いの違いが混ざり合うまで時間がかかります。中には相手によってすぐに寄り添える人もいますが 最初は摩擦が生じて
こんな筈ではなかったと思うようになります。

穏やかな人と一緒になったとしても他の嫌な面が見えたりします。
たとえば
何もかも自分で決断できない。
静かなようで強情だ。
愚痴ばかり言う。

色々と問題は出てきて喧嘩が絶えなくなる事もあります。

どのような方と結婚をしても馴染むまでに何年もかかります。綺麗事の方が少ないと思ってください。全く違う環境で育った者同士が1つ屋根の下で暮らすのは大変な事なんですね。

一人暮らしで何でもこなせたとしても何かが足りないと思う自分を想像なさってみてください。味気のない生活をしている姿が見えて来ませんか。

結婚=共同作業
山も谷も乗り越えて初めて夫婦になるのです。

投稿日時 - 2018-11-29 13:36:28

ANo.6

>彼女と婚約破棄する事も考えられませんし、一生後悔すると思います。

これが全てじゃないんですかね。

彼女の愛情深いというところが、あなたへの恋だからかそれとも周りの人にも愛情を持っている人なのか、その辺を見極めた方がいいと思います。
しんどくて悩まれているならそれを彼女に伝えなくては、長い夫婦生活は成り立たないと思います。
改善してくれるのが一番ですが、改善の努力をしてくれるだけでもいいじゃないですか。
それでもしんどくなって駄目だったら、離婚もいいじゃないですか。

結婚生活が楽しいというのを私は2度目で知りました。1度目の結婚は、あなたと同じく私が大雑把で相手が細かいという組み合わせで、しかも聞き入れて貰えない等、心が死にました。修行だったんだと思います。後悔はしていません。全て経験だと思っています。

投稿日時 - 2018-11-29 13:21:47

ANo.5

>自分の欲しいものを欲しい時に買い、
>したいことをしたい時にする.
>そこに介入されることに違和感を抱く。

 要は、「家庭の上に己を置く性格」だってことです。ですと、妻に家計の全権を渡すなんて発想はしないのでは?だとすると、色々と問題が多々発生すると思いますね。もちろん、男が、家賃、水光熱費、ローンの支払い以外の月々の生活費を30万円から50万円を渡すというのであれば別財布もあり。でなければ、色んな理屈を付けようとも、結局は「家庭の上に己を置いて独身時代の自己権益を死守する」ってことになります。その辺りが心配ですね。

>結婚式準備、新居探し、親への顔合わせ、様々なシーンで『違い』が。
>それを埋めていくのにとても疲れてしまいました。

 そんなのは全て彼女に任せればいいのです。別に、そんなところで自己主張する必要なんてサラサラないでしょう。なーんで、「ハイハイ」で終われないんですかね。ちょっと、家計も人生設計の全てを妻任せの私には理解不能。お互いの家庭観と仕事観に、それ相応の共感と信頼があれば、男は仕事一筋でいいのじゃーないですかね。

 とかなんとかの感想を抱くに十分な質問内容かと思います。

投稿日時 - 2018-11-29 13:05:36

ANo.4

結婚はお互いがお互いを幸せにしたいという気持ちがとても大切だと思います。
自分が幸せになりたい、自分が楽しく過ごしたい、自分が、自分が・・
と自分の気持ち優先になれば相手は我慢が必要となります。
「これが欲しいな。でもこのお金で相手と楽しめるこれが出来るな」と自然に思えれば相手と楽しめるほうを選択するようになる。でもそれは無理をしてではなくそうしたいと思うから。なので我慢ではなく喜んでもらいたいという気持ちでの判断になる。
「これをやったら喜んでもらえるかな」「こうして置いたら相手は楽かな」などお互いが思いやれれば我慢などなく自分も楽しく幸せでいられます。

理想論だと思うかもしれませんが、我が家は30年以上このスタイルです。
些細なことであれば「最近忙しそうだな、好きな料理を作ってあげよう」「喜びそうな商品だな、この値段なら小遣いでも大丈夫だな。欲しいか聞いてみよう」などいつも相手のことを考えている状態です。
テレビで紹介していたお店が相手の好みだと思えば、そんなに自分好みじゃなくても伝えるし、一緒に行動する。お互いがそのような感じなので自分ばっかりという気持ちもない。

多少のぶつかりはあります。喧嘩ではなく話し合いでお互いが納得できる結果を出すスタイルなので、今まで一度もけんかをしたこともありません。
二十歳で結婚し生活費も少ない中共働きで頑張ってきました。大変な時期もありましたが頑張ってこれたのはお互いの思いやりだと思います。

女性は自分の人生を満足させるためだけの存在であってはいけないと思います。自分の将来の為ではなく、二人の将来のために結婚をするんだという事を意識されてはいかがでしょうか。30代のキャリアウーマンが子供を産み育てるのはとても大変です。そのフォローをどこまでする覚悟があるのかも重要です。
出来ないのなら子供を望んではいけないとも思います。女性が望む分にはいいのですけどね。結婚することによって女性にだけ負担が大きくかかるのは間違えです。妻のご両親もいます。親戚づきあいも増えます。
でもそれらを二人で力を合わせて頑張ることが、結婚をして幸せになるために必要なんだと思いますよ。

自分が幸せでいるためには相手が幸せである必要がある。お互いにその気持ちを持てるようになれるといいですね。

投稿日時 - 2018-11-29 12:50:42

ANo.3

100パーセント完璧な人はいないかと思います。
完璧じゃないからこそ人は支え合い生きていくのだと思います。

私は結婚して本当に良かったと思っていますし、今とても幸せです。

投稿日時 - 2018-11-29 12:48:40

ANo.2

うん、よくわかりました。
我が家の別居16年の亭主より、数段増しです。
子供二人、ワンオペで育て、ずっと働く母を定年までやりました。
上の娘は10月に初産で私はバァバになり、
娘は大手の総合職で2年前から管理職です。
幸いにして娘の彼は、イクメンのイケメンです、我が別居中のジィジとは大違いです、時代の違いもあるのでしょうけど。

男の人は、どこまでいっても、支えてもらうほうで、支える、サービスするほうを目指す方向性は殆ど無いというのが、結婚モチベーションだとわかりました。

特に、キャリアウーマンなら、仕事と同じく、最短距離、最短時間を目指すべく、効率よく動くことを既に体に習慣化してますので、ついていけない、
ついていかない、ついていきたくないなら、「子供が増える」想定なら、
あなたは既に役立たずとしての第一歩です。

普通に稼ぐ、普通に整理整頓、食事の準備など一人で生活できるなどなど、
別に誇るべきことでもなく、当たり前で、肝心なのは、
やりたい時ばかりではなく、やりたくもない時、できない時でも、
やらなきゃならないとフラットに、きちんと
考えられ、行動できるかとういことに過ぎない。

あなたはやりたくないことはやりたくないといい、そして、やらないで済むことを模索している。
子供がいるとそうは行きません。
してもらうことが優先する人は、基本ダメですね。

子供がいて、離婚して、養育は母親にというと、まぁ、3年で養育費は7割の男は出さない。
その意味が、わかりますか?
やりたくないことは、出さないで済むという、感性がある以上は、
閉じ込めたあなたの不都合、不自由と感じる不満は、いずれは日常に現れます。

でね、子供も、成長するなら、バカでもなければ、親の及び腰もわかる。
ご結婚されて、子孫もというなら、稼ぎだけでなく、生活する態度、姿勢ソノモノとしてのあるべき「親」を己に貫いてください。

投稿日時 - 2018-11-29 12:43:53

ANo.1

私は結婚する10年前から一人で暮らしていました
もちろん全部できます

それでも、私と結婚してくれる人と出会えて、一緒に暮らせてよかったと思います
私の失ったものなど何の価値もなかったです

私は「結婚する価値は「ただいま」というと「おかえり」と言ってくれる人がいる」それだけだと思っています
そしてこの小さな幸せのためにすべてを投げ出していいと思っています

愛する人といる時間を、これから実感していくでしょう
それをいっぱい積み上げることを幸せと言います

投稿日時 - 2018-11-29 12:39:30

あなたにオススメの質問