こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英文を日本語訳して下さい。

This caused controversy among other Kurdish nationalists, as it excluded the Van region (possibly as a sop to Armenian claims to that region). Emin Ali Bedir Khan proposed an alternative map which included Van and an outlet to the sea via Turkey's present Hatay Province. Amid a joint declaration by Kurdish and Armenian delegations, Kurdish claims on Erzurum vilayet and Sassoun (Sason) were dropped but arguments for sovereignty over Ağrı and Muş remained.
Neither of these proposals was endorsed by the treaty of Sèvres, which outlined a truncated Kurdistan, located on what is now Turkish territory (leaving out the Kurds of Iran, British-controlled Iraq and French-controlled Syria). However, even that plan was never implemented as the Treaty of Sèvres was replaced by the Treaty of Lausanne. The current Iraq–Turkey border was agreed in July 1926.
Also article 63 grants explicitly full safeguard and protection to the Assyro-Chaldean minority. This reference was later dropped in the Treaty of Lausanne. Armenia was recognized as an established state by the signed parties. (Section VI "Armenia", articles 88-93).
See also: Wilsonian Armenia and First Republic of Armenia
British Mandate of Iraq
Main article: Mandatory Iraq
The details as reflected in the treaty regarding the British Mandate of Iraq were completed on 25 April 1920 at the San Remo conference. Oil concession in this region was given to the British-controlled Turkish Petroleum Company (TPC) which had held concessionary rights to the Mosul Vilayet (province). With elimination of the Ottoman Empire with this treaty, British and Iraqi negotiators held acrimonious discussions over the new oil concession. The League of Nations voted on the disposition of Mosul, and the Iraqis feared that, without British support, Iraq would lose the area. In March 1925, the TPC was renamed the "Iraq Petroleum Company" (IPC), and granted a full and complete concession for a period of 75 years. The three principles of the British Balfour Declaration regarding Palestine were adopted in the Treaty of Sèvres:
ARTICLE 95: The High Contracting Parties agree to entrust, by application of the provisions of Article 22, the administration of Palestine, within such boundaries as may be determined by the Principal Allied Powers, to a Mandatory to be selected by the said Powers. The Mandatory will be responsible for putting into effect the declaration originally made on 2 November 1917 by the British Government, and adopted by the other Allied Powers, in favour of the establishment in Palestine of a national home for the Jewish people, it being clearly understood that nothing shall be done which may prejudice the civil and religious rights of existing non-Jewish communities in Palestine, or the rights and political status enjoyed by Jews in any other country.

投稿日時 - 2018-12-09 21:18:12

QNo.9566257

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>This caused controversy among other Kurdish nationalists, as it excluded the Van region* ~ over Ağrı and Muş remained.
⇒これ(ツェリフ・パシャによるトルコ・クルドの国境の提案)は、(おそらく、その地域に対するアルメニアの主張に配慮して)ワン地域*を除いたので、他のクルド人民族主義者の間で論争を引き起こした。エミン・アリ・ベヂル・ハーンは、ワンとトルコの現在のハタイ県を経由する海への出口を含む別の地図を提案した。クルド人とアルメニア代表団による共同宣言の中で、エルズルム県とサッサンに対するクルド人の主張は落ちたが、アグリとムーツに対する主権論は残った。
*the Van:(トルコ東部の)ワン(湖)地域。

>Neither of these proposals ~ agreed in July 1926.
 Also article 63 grants ~ First Republic of Armenia
⇒これらの提案はいずれも、「セーヴル条約」によっては支持されなかった。同条約は、(イランのクルド用地、イラクの英国統治領、シリアのフランス統治領を除いて)トルコの領土に位置するクルド用地を切り詰めるような輪郭を提示したのである。しかし、「セーヴル条約」が「ローザンヌ条約」に差し替えられたため、その計画も全く実施されなかった。現在のイラクとトルコの国境は1926年7月に合意されたものである。
 また、第63条項は、アッシロ‐カルデア少数民族に対する完全な保護と安全を明示している。この参照事項は、後に「ローザンヌ条約」で削除された。調印した当事者によって、アルメニアは設立された国家として認められた。(第VI節「アルメニア」、第88‐93条項)。ウィルソンの「アルメニアとアルメニア第1共和国」も参照されたい。

>British Mandate of Iraq Main article: Mandatory Iraq
 The details as reflected ~ in the Treaty of Sèvres:
⇒イラクの英国委任統治 主要記事:イラク委任統治領
イラクの英国統治領に関して条約に反映する詳細内容は、1920年4月25日にサン・レモ会議で完了した。この地域の石油譲許は、モスル・ヴィリエット(州)への譲許権利を保有していた英国支配のトルコ石油会社(TPC)に与えられた。この条約をもってオスマン帝国を廃止し、英国とイラクの交渉者は、新しい石油譲許について慎重な議論を行った。国際連盟はモスルの処分に投票したので、イラク人は英国の支持なしではイラクがこの地域を失う恐れがあることを懸念した。1925年3月、TPCは「イラク石油会社」(IPC)と改称され、75年間にわたって全期的でかつ完全な譲許を付与された。パレスチナに関する英国「バルフォア宣言」の3つの原則が「セーヴル条約」に採択された。それは次のとおりである。

>ARTICLE 95: The High Contracting Parties ~ in any other country.
⇒第95条:締約国は、第22条の規定を適用して、主たる連合国列強によって決定される(かも知れない)範囲内で、パレスチナ行政機関が前記列強によって選択される委任統治を信任することに同意する。委任統治領は、1917年11月2日に英国政府によって作成され、他の連合国によって採択された宣言を発効させる責任を負うものとし、何人(なんぴと)も何物も、パレスチナにおける既存の非ユダヤ人共同体の市民的・宗教的権利、または他の国のユダヤ人が享受する権利および政治的地位を害してはならない、ということを明確に了解するものとする。

投稿日時 - 2018-12-16 22:31:56

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-12-17 20:25:35

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)