こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

with

お世話になっております。
以下についてお教えいただけないでしょうか?

If I work at home, I have to use a laptop which is inconvenient to work with.
(1)最後のwithは必要でしょうか?
 whichの先行詞はlaptopなのでwithは不要に思いますがいかがでしょうか?

(2)もしwithが必要でしたらその理由をお教えいただけないでしょうか。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2018-12-10 22:31:34

QNo.9566601

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>If I work at home, I have to use a laptop which is inconvenient to work with.
>(1)最後のwithは必要でしょうか?
>whichの先行詞はlaptopなのでwithは不要に思いますがいかがでしょうか?
⇒確かに、whichの先行詞はlaptopですが、withは必要だと思います。

>(2)もしwithが必要でしたらその理由をお教えいただけないでしょうか。
⇒laptop which is inconvenient to work withの部分は、
「それを使って仕事をする(のに不都合な/具合のよくないラップトップ)」
という意味ですね。

つまり、withのあとに省略があって、それを補えば、
laptop which is inconvenient to work with (it= laptop)
となります。

ということは、もしもこのwithがないと、
「それを使って」という意味が表現されないことになってしまいます。

言い換えれば、
「仕事をすること」と、「そのときにこのラップトップを使うこと」
を関係づけるためにこのwithが必要になるわけです。

投稿日時 - 2018-12-10 23:10:30

お礼

いつもご教授有り難うございます。
Nakay702さんのお陰で、疑問が解決しました。
有り難うございました。

投稿日時 - 2018-12-11 20:22:15

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)