こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

安倍総理はなぜキャッシュレスを勧めているのですか?

安倍総理はなぜキャッシュレスを勧めているのですか?

投稿日時 - 2018-12-14 09:18:45

QNo.9567634

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

政府からすると、キャッシュレスというのはいくつも「うまみ」があります。
一つは税金の問題です。
現金商売というのは、抜け穴がいくつもあります。
それをすべて追いかけるのは難しく、脱税につながることもあります。
しかしすべて電子データとなれば、お金の流れは明確になり、脱税は非常に難しくなります。
例えばパチンコ屋などは、以前は脱税の温床と言われたほど脱税の多い業界でした。
しかしパッキーカード(プリペイドカード)が導入され、お金の流れがごまかせなくなったため、脱税は難しくなりました。
また脱税だけでなく、マネーロンダリングなども減らせますし、それこそ「オレオレ詐欺」のような詐欺に対しても、追跡しやすくなります。
そのため治安面でいえば、キャッシュレスは大きなメリットがあるといえるでしょう。

他にも、経済振興という面もあります。
実際、現金に比べると、キャッシュレスにすると消費は激しくなります。
韓国などはクレジットカードの普及を政府をあげて推進することで、内需を盛り上げようとした結果、消費は大きくなりました。
一方で家計の負債は大きくなり、150兆円を突破したことで、大きな問題へと発展しています。
ただ、短期的にみると経済、特に消費面では非常にプラスに働きます。
そのため短期的な視点で考えれば、キャッシュレス社会を導入することは、経済対策として大きなメリットになります。

また様々な負担が減ります。
第一に、お金の流通量が減れば、日銀などが紙幣を印刷する、というコストだけでも大きく減ります。
同様に貨幣も減るため、その製造コストも減りますね。
さらに通貨の現物を保存するには、大きなコストがかかります。
銀行が大きな金庫を持ち、安全を確保した空間を用意しなければならない、というのはただでさえ大きな負担です。
これは日銀なども同様です。
キャッシュレスになれば、この製造、管理コストを大きく減らすことができます。

もう一つ、忘れてはならないのが、外資です。
キャッシュレス社会のシステムは、外資のものが長年の実績を積んでおり、日本に比べると一日の長があります。
実際、クレジットカードを見ても、日本ではJCBなども一部で力はありますが、世界の大勢はVISAやMASTERです。
そのため日本でキャッシュレス社会を実現すると、こうしたクレジット会社、信販会社、カード会社が大きな力を持つことになります。
そのためキャッシュレス社会というのは、アメリカからの圧力と切っても切り離せない、とも言えます。
日米同盟、というよりアメリカの機嫌を取りたい政権は、キャッシュレス社会を推進するメリットは大きいでしょう。
それが国民のメリットとイコールでないことは言うまでもありませんが。

ただ、キャッシュレス社会は、国民から見てメリットがないかというと、一概には言い切れません。
実際、うまく使えば非常に便利になります。
買い物などで小銭をジャラジャラ数える必要はなくなりますし、レジでの決済もスピーディーになります。
割り勘でいちいち計算する手間もなくなるでしょう。
さらに現金では、火事・事故・紛失・盗難などの危険がありますが、データであれば復旧される可能性も高くなります。
ネットショッピングなどもさらに便利になるでしょうし、家計簿や会計ソフトと連動させることで、自動で収支を把握することも簡単になります。
また、確定申告なども簡略化でき、低所得者であってもお金の流れがクリアになれば生活保護などの手続きも簡単になるかもしれません。

政府はこうしたメリット面だけを強調しますが、デメリットも大きいのがキャッシュレスです。
外資に日本のお金のデータが握られる、消費破産などが増大する、小規模店舗で導入コストに耐えられい…。
政府からすれば、メリット満載ですが、国民からするとデメリットもかなり大きいといえるでしょうね。

投稿日時 - 2018-12-17 02:28:36

ANo.8

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.7

 ま、少しずつ、考えてみると、キャッシュレスを勧めると、銀行の各店舗の店長が毎日準備する現金量を減らすことが出来る。

次に、現金量を減らすと、銀行の入出金は、コンピューター処理となり、銀行は、省力化でき、余分な労働者をリストラでき、利益を拡大出来る。

 国民の入出金の大量データーは、各銀行のコンピューターの中。

銀行協会が、政府に提供しなければ、なにもならない。

だから、政府は、国民の入出金をカード化することによって、銀行に、利益を渡し、銀行は、その見返りに、国民の入出金の大量データーを、政府にわたす。

この協定が出来なければ、政府は、何も得することはない。

それが、あるようだと、。

投稿日時 - 2018-12-15 06:58:45

ANo.6

★回答

役人がやりたがってるから


財務省は 欠陥消費税で利権を得たい

経済産業系はキャッシュレスがそれだ


★良識国民からみれば両方必要なし
キャッシュレスは国民民間の利便性による
金融業者の競争で推進すればいいだけだ
すでに日本はちゃんと電子化されてる
消費者選択の自由よ
どだい 日本のお金の印刷はハイテクで後進国のように
全部キャッシュレスに傾く必要はない
決済手段は分散しとけば安全
災害緊急トラブル時に 電源落ちれば電子マネーは使えん

投稿日時 - 2018-12-14 21:53:21

ANo.5

キャッシュレス化は世界的な動きです。
すでに北欧のある国は高額紙幣を廃止し、キャッシュレスに動きました。
中国は偽札の影響でキャッシュレス化しました。
ではキャッシュレスが本当にいいのかですが、どなたか書かれたように、企業はもとより政府も個人の行動などを把握してしまうのです。
そこに5Gと言う大量通信手段が加われば、国民を監視するシステムは完成するのです。
そして国民の情報を手に入れた政府。
特にくその自民党の主張する改憲などすれば、国民の行動は手中に収められ、歯向かう国民にはすぐに口座の停止や決済の停止など簡単になるのです。
そして紙幣の印刷をやめることで、中央銀行は倒産し、もしくは別の目的を持った組織に変わります。
例えば銀行を監視するための組織とか。

このキャッシュレスを進めているのは、ユダヤ金融マフィア。
世界中の金持ちや権力者が世界を一つにし、牛耳るためには必要なステップです。
そして金融システムを完成させるために、世界大戦が行われ、その後には完全なるキャッシュレスになるでしょう。
そして世界中の人々は金持ちの奴隷と化すのでは?
便利とか言って喜んでると、いつの間にか独裁世界になりますよ。
安倍は世界を牛耳ってる奴らの尻馬に乗ってるだけです。
それを利用し、改憲・独裁国家樹立を狙ってるだけですよ。

キャッシュレス化と5Gの登場は、便利なだけではなく非常に危険な状態になるということです。
そんな危険性を認識しないアホは、真っ先に権力者の奴隷となりますよ。

投稿日時 - 2018-12-14 21:23:10

ANo.4

43兆円あると言われているタンス預金を減らしたいんでしょうね
デフレ脱却につながるので
あとは税金が取りやすくなるとか。

投稿日時 - 2018-12-14 17:33:40

ANo.3

国民が金に締まりがなくなり、使いまくってGDPが上がると思っているからです。キャッシュレス化が極端に進んだ韓国は個人債務が150兆円に膨れあがり、国家経済が危機に瀕しています。それを追いかけるつもりでしょう。バカですね。

投稿日時 - 2018-12-14 12:49:53

ANo.2

国民の財産を把握・管理しやすいからです。
また、企業は国民のデータを収集でき、収益に繋げられます。
俗にいう、ビッグデータですが、最も収益に繋がる価値がある
ものだと言われています。

キャッシュレスは政治家、官僚、企業にとってメリットですが、
国民にとっては便利さと引き換えに、個人のプライバシーが
丸裸になり、また新たな犯罪の被害者にもなりえます。
実際にキャッシュレスが進んでいる中国では、ペイペイなど
キャッシュレス決済の被害が続出しています。

投稿日時 - 2018-12-14 10:05:59

ANo.1

防犯と効率と公平です。デメリットはありません。

投稿日時 - 2018-12-14 09:29:20

あなたにオススメの質問