こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

システム暴走時の最終兵器(パソコン)

以前の質問で。新たな疑問が出ました。

ctrl+alt+deleteキーがシステム暴走時の最終兵器ですとの事ですが。何の事か分かりません。

MS-DOSの初期時代が関係している様ですが。

ctrl+alt+deleteキーの事は最近知りました。10年以上パソコンをやっていましたが知らなかったです。なので押した事もありません。

ctrl+alt+deleteキーを押すと何か悪い事が起きますか。押してから悪い事が起きてからでは遅いので。

投稿日時 - 2018-12-14 10:07:22

QNo.9567642

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

タスクマネージャーを起動しておかしなソフト(プログラム)を終了させれるからです。
とはいえ、完全にフリーズしてキーボードも受け付けない状態では使えませんけど・・・
本当の最終兵器はリセットか電源ですか今のメーカーPCにリセットボタンはなく
タブレットやノートだとバッテリーで動くので電源を抜いても意味が無い・・・
せいぜい電源ボタンの長押しぐらい。

ctrl+alt+deleteについては検索すればすぐに答えは出ると思いますが・・・
うまく出ないのなら検索の仕方が悪いのでしょう。
Control-Alt-Delete
https://ja.wikipedia.org/wiki/Control-Alt-Delete

投稿日時 - 2018-12-16 12:13:35

補足

システム暴走時の最終兵器と検索しましたが出て来ませんでした。

ctrl alt deleteで検索したら出て来ました。

投稿日時 - 2018-12-16 20:21:54

ANo.8

別に爆発するわけじゃないから、やってみればいいのです。悪いことは起きません。押すだけなら。

Windowsでやってみたら画面がどうなるか、それを見たら、ああ昔は最終兵器だったんだなということが納得できます。納得したら表示をやめてください。キャンセルというのをクリックすればいいだけです。

つまり、何かのプログラムが動作中で、一切のキーインを受け付けない状態になることがあります。そのとき、わるいのはこいつが暴走しているんだということが確定できてもそのプログラム動作を殺すことができないと困るわけです。alt+tabで同時動作の別ウィンドウに切り替えることができるのですが、それもきかない場合があります。そういうときctrl+alt+deleteなんです。

いまWindowsだったらその非常画面の選択肢の中に「タスクマネージャ」というのがあってこれを実行可能です。それを押すと、今現在動いている全部のプログラムがリストされます。たとえばWordを動かしながらExcelも操作し、ゲームもしていたらその全部がリスト表示されます。
もしゲームが暴走しているならゲームにカーソルをあててDeleteでも押したらそのプログラムは神の意志で止められたように脈絡も何も考えず停止します。
DOS時代はそれほどマルチに複数のプログラムが同時動作していませんから、ctrl+alt+deleteで、動作している全部が死にました。だから最終兵器と言ったのです。

投稿日時 - 2018-12-15 19:17:26

補足

試してみました。異常はありませんでした。

最終兵器と聞いた時は驚きました。機密保護の最終手段として全てのデータを削除する事かと思いました。それとパソコンに異変が起きるのではないかと思いましたが異常はなかったので安心しました。

投稿日時 - 2018-12-16 20:18:11

ANo.7

今のそれは、最終兵器では無いですね。
普通は、その操作をすると無条件にシステムリセットが行えます。
ただ、winXP辺りからは、システム割り込みに姿を変えたようで、1発でリセットは出来ません。
win2000/NTなんかでは、ログオン時にその3つのキーを押して、ログオン画面を開いたりしてましたね。
会社のPCなんかでもそういうシステムになっているのが多いと思うよ。

MS-DOSでは、PCにリセットボタンが存在しました。
MS-DOS/Vでは、キーの3つ押しで、キーボードリセットが行えました。

投稿日時 - 2018-12-14 23:46:13

補足を拝見しました。

「最終兵器」というのはあくまで比喩表現です。

知りたいのは「ctrl+alt+delete」でできることですよね?
「ctrl alt delete」で検索すると、何ができるのか・どうなるのかがすぐに出てきますよ。

投稿日時 - 2018-12-14 16:07:40

補足

ctrl alt deleteで検索したら出て来ました。

投稿日時 - 2018-12-16 19:51:02

ANo.5

他の方も書かれていますが、少しは調べましょう。
『知らなかったことは珍しいことですか?』と聞くのは調べようがありませんが、操作方法くらいは調べられますよね。

あと、『10年以上パソコンをやっている』と書かれていますが、別に質問に書く必要は無いですよ。
何年使ってようが、知らないものは知らないんです。

投稿日時 - 2018-12-14 12:36:28

補足

システム暴走時の最終兵器と検索しましたが出て来ませんでした。

何年使っていても知らないのは知らないその通りですが何年パソコンをやっているかと聞かれるかもしれないので表記してあります。

最近言われますパソコンを使う人なら知っているはずと。何年パソコンを使っているかと聞かれる事もあると思います。

投稿日時 - 2018-12-14 15:17:42

ANo.4

>ctrl+alt+deleteキーがシステム暴走時の最終兵器ですとの事ですが。何の事か分かりません。
>MS-DOSの初期時代が関係している様ですが。

MS-DOSが動作しているパソコンは「Ctrl+Alt+Delete」は「BIOSレベルで再起動するキー」だったのです。

なので、MS-DOSそのものがフリーズしたり、プログラムが暴走した時に「Ctrl+Alt+Delete」を押すと「強制的に再起動した」のです。

>ctrl+alt+deleteキーを押すと何か悪い事が起きますか。押してから悪い事が起きてからでは遅いので。

今のWindowsでは「Ctrl+Alt+Delete」のキーは「押しても余り意味は無い」です。

例えば、Windows10で「Ctrl+Alt+Delete」を押しても

ロック
ユーザーの切り替え
サインアウト
パスワードの変更
タスクマネージャー
キャンセル

の項目が出て来て、キャンセルを押せば、元の画面に戻ります。

上記の項目のうち、キャンセル以外を押しても「大した事は起きない」ので、試しに押してみれば良いでしょう。パソコンが壊れたりはしませんので。

単に、パソコンが「ロック状態」になったり、ユーザーの切り替え画面が出てきたり、サインアウトしてサインイン前の状態になったり、パスワードの変更画面が出てきたり、タスクマネージャーの画面が出て来るだけです。

投稿日時 - 2018-12-14 12:15:48

補足

試してみました。異常ありませんでした。

投稿日時 - 2018-12-16 19:49:20

ANo.3

知らなければ使わなければ良いだけのことです
間違って使わないように三個同時に押すようになっています

最近のウインドウズではそんなに大げさなことでは無いように思います
MS-DOSの時代の話よりも今のパソコン操作のことを調べたほうが役にたちます

投稿日時 - 2018-12-14 10:47:49

ANo.2

「最終兵器」だから悪いのです。
普通はWindowsのシャットダウンで切るところです。

例えて言えば暴走自動車に対してブレーキを促すのではなく、
前に断崖絶壁を築いて「無理やり」止めるのです。

今でこそメニューが出るようになりましたが、
ちょっと前までは強制的に電源断でした。
CPUやメモリー、HDDなどが壊れてもおかしくない状況です。

投稿日時 - 2018-12-14 10:39:25

ここで聞く前に、検索エンジン等で調べてはいないのでしょうか。

「ctrl alt del」と検索したらすぐ出てきますよ。

投稿日時 - 2018-12-14 10:29:59

補足

システム暴走時の最終兵器と検索しましたが出て来ませんでした。

投稿日時 - 2018-12-14 14:45:49

あなたにオススメの質問