こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アルバイトから正社員になった人の年間の所得について

1月~3月まではアルバイトで、4月からは正社員として仕事をする場合は
間違いなくその年は130万の壁などを超えることになりますが、
やはり103万円の範囲内で働く場合と比べて随分働き損になったりするんですか?
そういう場合、1月~3月の間はアルバイトをしない方がいい、(もしくはしてもしなくても結局は年間の所得が大して変わらなくなる)ということが起きるのでしょうか?

投稿日時 - 2018-12-14 17:18:16

QNo.9567740

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 
103万円を超えても、130万円を超えても、収入が増えた方が得です。
増えた以上の税金を取られることは無い
 

投稿日時 - 2018-12-14 17:40:45

お礼

皆さま有難うございました。
全員のご回答に目を通しました。ご参考にいたします。

投稿日時 - 2019-01-02 07:39:21

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

何をお考えかよくわかりませんが、少なくとも1年のうち12か月働くより、
3か月休んだ方が得ということはありません。

投稿日時 - 2018-12-15 22:37:43

ANo.4

>間違いなくその年は130万の壁などを超えることになりますが、
これは「健康保険の扶養範囲」の話なので、質問者様が質問しようとしている所得税の話とは全く関係ありませんね。

>やはり103万円の範囲内で働く場合と比べて随分働き損になったりするんですか?
そんな事はありません。働けば働いた分だけ、収入があるのが原則です。
ただ、所得税率は段階的に税率が変わっていくので、段階を超えてしまった場合だけは無き目を見る羽目になるかもしれません。
左から 所得金額 所得税率(見難いかもしれませんがご容赦ください)
195万円以下5%
195万~330万円10%
330万~695万円20%
695万~900万円23%
900万~1800万円 33%
1800万~4000万円40%
4000万円超45%
敢えて、控除額については記載しませんが、上記の様に所得金額に応じて所得税率が変わる仕組みとなっています。上手に計算して収入を得るもよし、所得税なんて構うもんか!の勢いでガンガン働くも良しですが、、、
一般的なサラリーマンであれば、一般的な控除だけでも所得税率は10%までかと思いますよ。気にせず働いて稼ぎましょう!

投稿日時 - 2018-12-14 21:27:50

ANo.3

ならないと思いますけどね。
最低でも収入は3倍には、なるかと思いますけどね。

税金は、その分取られますが
130以下とか103になるとか
ありえません。

働き損ってなんですかね。。。。
アルバイトはないと思いますが
派遣なら、もしかしたら正社員よりもらっている
可能性があるだけです。
もちろん派遣にはボーナスなどありませんけどね。
その分、年間で収入差が変わらないとすれば派遣の方が
環境的にも良い場合もあります。

技術の高い派遣に劣る時給になる可能性はありますが
アルバイト程度の収入にはならないと思います。
そんなところは早々に辞めた方が良いだけでしょう。

投稿日時 - 2018-12-14 19:35:08

ANo.1

そもそも103万も個人で考えたら関係ない。

投稿日時 - 2018-12-14 17:24:44

あなたにオススメの質問