こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

金価格の長期展望

2012年ごろに比べると、現在の金価格は30%も下落していますよね。
それでも、ネット上では根拠に乏しい長期的には金価格は上昇するという意見が散見されます。そういう私も、100万円くらい金鉱株を所有しています。(あわよくばという期待を込めてですが)

なにを根拠に、将来金価格が上がると予想しているのでしょうか。
産金コストは鉛筆をなめて人為的にどうにでもなる。米国の実質金利は今後どうなるか分かってる?

投稿日時 - 2018-12-15 01:32:31

QNo.9567827

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

金価格に影響を与える決定的な要因はインフレ率。
ドルが将来減価すると考えてる人なら金に投資するでしょうし
もうすぐ金融バブルが崩壊すると考えてる人なら今は現金を手元に置いてるでしょう。

FRBの量的引き締めが撤回された瞬間に金バブルが始まるでしょうね。
2009年の再来。

投稿日時 - 2018-12-15 22:23:23

お礼

ありがとうございます。
長期チャートをみると、金価格はアメリカの実質金利と完全に逆連動(?)していますね。

実質金利=名目金利ーインフレ率ですね。
FRBの利上げよりインフレ率が勝てば、金価格は騰がるってことですよね。

私の持っている金鉱株ETFは、GDXJ(中小型金鉱株)です。
金価格が低迷している間は、苦しんでいる企業ばかりです。金価格が上昇し始めたら、設備投資を開始します。従って、金価格が上がり始めて少しタイムラグをおいてから株価が莫大に上昇する性質があります。
ギャンブルみたいですけど、本当に金価格が上がるとすれば、確実に金価格の上昇率をはるかに超えて株価が騰がると期待しています。

投稿日時 - 2018-12-15 22:53:37

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

 2012年は福島第一原発事故の1年後ですから、放射能汚染の影響による通貨危機や株価暴落を恐れて金価格が高騰していた時期ですから、金価格が低下している現在の方が正常なのではないですか。

 金価格が上がる時期と言えば、バブルになって景気が良くなった頃ですが、今の状況はどうでしょうかね。6年間も好景気が続いたと政府やマスコミは言っていますが、金価格が上がっていないのは、実態を把握していないと言われて仕方が無いと思います。

投稿日時 - 2018-12-15 19:59:51

お礼

回答有難うございます。

原発事故が関係しているという話は初めて聞きました。
しかし、原発事故が起こる前も、金価格は急激に上昇を続けていました。

2001年の米国同時多発テロなど世界情勢に不安が始まったことや、イラク戦争等はまだ序の口で、サブプライムローン、リーマンショックで一時的に金が換金売りされたもののその後すぐにリスクオフとなり金が押し目買いされ、インドや中国が大量に金を購入しはじめたことなど等も金価格の大幅な上昇につながりました。

その後、騰がりすぎた金価格が大幅に調整されたのではないのでしょうか。
持ち合いをつづけていますので、調整は終わったようにも見えますが、私にはわかりません。

投稿日時 - 2018-12-15 21:36:12

ANo.2

金価格は1999年を底値に上昇し、1900ドル台になり、
その後反落して現在1200ドル前後で推移しています。
長期のチャートを見ると、第一段の上昇、第二段の調整(現在)、
今後第三段の上昇までは、高い確率で実現すると予測しています。

金価格が本格的に上昇し始めたのは、リーマンショック後の
2009年からですが、その背景に世界中の中央銀行が金売却から
金備蓄に180度転換した事も影響しています。
米ドルの不信から現在も金備蓄は続いています。

金価格に影響を与える要因は、株・債券価格、ドルの信用度、景気の動向、
原油価格、金利動向、国際政治情勢、社会不安、金融不安などです。
上記の8つの要因により、金価格が上下すると理解して下さい。

投稿日時 - 2018-12-15 09:53:02

お礼

>長期のチャートを見ると、第一段の上昇、第二段の調整(現在)、
>今後第三段の上昇までは、高い確率で実現すると予測しています。

私も長期チャートを見る限り、現在は調整が完了しつつあると感じています。仮に、現在より50%金価格が上がるだけでも金鉱株は数百%跳ね上がります。これを期待してるのです。
(下がれば当然逆ですが)

投稿日時 - 2018-12-15 13:45:35

ANo.1

金は様々な要素を持って居るので長期的に見れば上昇すると考えるのは普通の事です。
まぁ海水や海底熱水鉱床から金を抽出する技術や都市鉱山と呼ばれるように電子部品に使用されている金を再生するコストが市場価格に見合う形で確立されたりすれば別でしょうが、現在の採掘方法では埋蔵されている金の量はほぼ確認されていますので増える事はありません。
宝飾品として保有され流通しない金や、電子部品などに使用され再生されない金が増えれば、当然価格は上昇してくるでしょう。

投稿日時 - 2018-12-15 02:43:00

補足

蛇足ですが、ここでの金価格とは日本国内価格ではなくNY金を基準で考えています。
私が保有しているのは米国市場の金鉱株ETFなので営業レバレッジによりNY金価格の影響を大きく受けます。1100ドルの頃に買いました。騰がれば嬉しいんですけどね。

投稿日時 - 2018-12-15 07:42:40

お礼

ありがとうございます。長期的というのは今後1000年間というような意味合いではなく常識的には今の時代の人が生きているうちのことですよね。
金はプラチナなどと違い宝飾品の比率が非常に高いですが、インゴットなど各国の地下金庫に大量に保管されています。有事や財政危機でこれらが放出されることはないでしょうか。

投稿日時 - 2018-12-15 07:30:28

あなたにオススメの質問