こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

江戸時代の武士が没落

江戸時代、親のご先祖は郷士、中期から在郷藩士になり城勤めでした
郷士の頃か在郷藩士の頃かはわかりませんが、ご先祖は建造物移築のため借財をしてしまいました、それで借財が返せなくなり、お金の代わりに屋敷の土地で借財した相手に返しました
屋敷がなくなり、没落しかけたとき、親せきが、みんなでお金を出しあって家を建ててくれて没落しないで済みました
一町数反分の田んぼは残り、土地は削られたか?親せきの人たちが、土地も買ってくれたかは、わかりません
江戸時代って一回、家を失うと幕府や藩から武士身分取り上げだったり、土地や家を、そんな自由に購入できたんですか?
大きな建造物じゃないのに、神社仏閣に移築すると昔はお金がかかったんですかね?

投稿日時 - 2018-12-21 17:48:48

QNo.9570024

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

例えば,かの 坂本龍馬氏の父親は,土佐藩の郷士(下級藩士)でしたが,祖父の代かに,金銭で,郷士身分を買い,下級武士になったようですし,確か,母方かの実家は,裕福な商家(豪商)の,歳谷屋(菓子屋)で,かの 三菱財閥の創業者,岩崎弥太郎氏は,もともと,武士身分でしたが,武士身分を,金で売って,土佐藩内では,当時,最下層の,武士身分などである,地下浪人という,非常に貧しい生活などの下級武士などであったようです..江戸時代の武士階級の方は,けっこう貧しい生活を強いられた藩士達なども,多く,豪商などから,お金を借りていたようですし,半士半農の生活の方も多く,初代内閣総理大臣,伊藤博文氏の実家や,池田屋事件で無くなった,長州藩士の吉田稔麿氏などなど,実家が,貧しい下級藩士や,武士などの身分の方が,幕末期の動乱に際しては,活躍しました..ちなみに,昔のお寺のお坊さんや,僧侶などは,いわゆる知識人などとして,農民達などから,尊敬されていたようにも,思えますが,新しく,寺社や仏閣を,建てるのには,かなり,お金が,掛かると思いますよ‥‥‥‥

投稿日時 - 2018-12-21 21:36:18

補足

建造物と言っても門みたいなものらしいです

投稿日時 - 2018-12-21 22:13:27

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問