こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

三菱電機、石油ファンヒーター

三菱電機、石油ファンヒーター


 何時も回答いただきありがとうございます。DELL OPTIPLEX GX260 WindowsXPからです。

 三菱電機、石油ファンヒーター、
KD-SX32AX 00製

 を使用しています。

 頑丈にできていて、灯油タンクが、9リットルも入るので、気に入っています。

 最近、点火は、するのですが、青い火にならず、赤い火になってしばらくして消えてしまいます。
 赤い炎では、温度が所定の高温にならないので、燃焼不良で、点火が消えてしまうのでしょう。

 分解してみると写真のように
 燃焼バーナーと気化器の部分が、ただれたように溶けてきてカバーなどに隙間などができ、所定の炎にならないのでしょう。燃焼バーナーは、鉛でできています。
 また、石綿を回りに巻いていて、周りに熱が拡散することを防いでいます。

 この場合、修理は、
燃焼バーナーと気化器の交換に
 なるのではと考えるのですが、ホームページなどを探す限り該当の部品の調達は、難しいように感じます。現在は、石綿を使用できないので、何らかの対策品を購入することが必要ですが、同一形状で。難しいでしょう。
 あるとすれば、当時の修理部品となります。

 ダイニチなどの気化器と比較して大掛かりになるので、部品も高くなりそうです。人間における心臓移植のようなものです。

●Q01. こうなると部品無く寿命になるのでしょうか?

●Q02. 何か修理復活する方法は、ありますでしょうか?

 その他の本体は、問題なく誠に立派な機械で、何とか生かせたらよいなと考えるのです。

 三菱電機は、おわんのような形状が燃焼バーナーになっています。燃焼バーナーをヒーターで、高温にしてから、灯油をスプレーで、霧の様にして吹きつけ高温の蒸気になって、気化します。
 点火、燃焼されて過熱するという原理です。燃焼が継続すると燃焼バーナーが、高温になるので、電熱ヒーターで、高温にする必要がなくなり、加熱のための電気が不要になります。

 もっとも、理想的な加熱方法と言うことになります。
 しかし、点火と消火の時は、どうしても、過熱が十分で無いので、臭いがでます。
 臭いは、避けられないので、消臭のあれこれの対策が取られることになります。

 ダイニチの場合は、円柱の金属容器に、ヒーターを巻きつけ高温を確保して完全にガス化してから、噴霧するので、臭いは、少ないです。
 ただ、燃焼中にいつも、電熱ヒーターで、気化器を過熱することになるので、電気代が高くなることは、避けられません。

 ダイニチの気化器は、本体と接続する部分が少なく、本体を加熱しないので、無駄な熱が、本体に伝播する無駄が少ないです。石綿などをあまり、使用しなくともよく、安全と言えます。

 製造後、18年を経過して中古の機械も安くなっているので、同等の機械を購入するのが、値段的に安いのかも知れませんが、価格の安い別の機械を購入しても、年齢を重ねていて、あちこち、他のところが、壊れていて他の部分を修理することになります。、燃焼バーナーは、消耗品で、また、同じところで、故障している可能性は、高く、次々と同一商品をあさることになるので、あまり、意味は、賢明で無いなと感じます。

 三菱電機は、製造中止になっているだけ残された石油ファンヒーターは、貴重だと言えます。

 たとえひとつだけでも、よろしく教授方お願いします。


 敬具

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2018-12-21 22:07:49

QNo.9570097

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

すでに部品はありません。
メーカーも修理は行いません。

なぜ、各家電メーカーが、石油ファンヒーターから撤退したのかを考えればわかると思いますが。

三洋電機の石油ファンヒーターで、複数の死亡事故が発生したためです。
換気をしなかったりなどで以上燃焼が発生し、一酸化炭素が発生してしまい、一酸化炭素中毒で、複数の方がなくなっています。

一酸化炭素中毒は、急激に苦しくなるなどではなく徐々に酸欠状態になってなくなるため、気がつかずに亡くなって可能性が多いことから、その事故以降に発売された機種には、たくさんの安全装置が取り付けられています。
この時に、それらの安全対策をコストの関係などから諦めたメーカーは、石油ファンヒーターから撤退したわけです。

その撤退したものを、最低部品保有期間を超えてまで部品の供給をするメーカーはありません。
危険度が高いものを延命措置してさらに他の危険なども発生させる可能性が高くなるためです。

貴重と言うよりは、もう、使うのはやめた方が良いものと思いますけどね。

投稿日時 - 2018-12-22 03:32:52

補足

> kisinaituiさん、そして、みなさん、こんにちは、回答ありがとうございます。

 質問の回答者の意見は、古い機械は、危険だから、使うのやめようとなります。

 しかし、年代が古いからといって、必ずしも、駄目でないことが分かります。使用の状況、メンテナンスの状況も関係あるでしょう。

 さらに、今回特に気が付いたのは、通電時間の長さです。使用時間が長いとどうしても、機器の部品が劣化してきて部品の交換ができないのかあるいは、消耗品などが、十分に回復できないという点です。

 発売時期が古くても、ほとんど、通電していないとか、使用期間が短いと問題なく使える場合があることを知りました。

 新しい機種でも、業務などで通電時間が長いと部品が劣化して寿命を短くします。発売の新しいうちは、修理も、部品の交換もできますが、古くなると部品の交換ができなくなって、寿命になります。


 三洋電機の死亡事故を見ると使用には、十分な注意が必要だと分かります。

 三洋電機でこのような不祥事が生じていたことは、知りませんでした。

 危険については、使用者として、十分気をつけるように心がけていますが、やはり、危険な器具であることには、変わりなく、さらに十分に注意が必要だと分かります。

 最初に事故が生じたときになかなか、原因が分からず、企業が自社の利益を重要視して十分な対策を取らなかったことが、原因でした。

 どこの企業も、原因が特定できるまでに保守的で、なかなか、動かないのは、分かります。

 窒素水俣工場も同じような経緯をたどりました。

 積極的に、自ら、原因を究明して、真摯な正直な態度を取るべきです。隠蔽は、良くない。これが、かえって、企業の傷を深くします。

 単に、誹謗中傷があれば、すぐに、営業や生産を中止することは、企業の利益を守ること、社会的な役割を果たす意味で、ふさわしいことではないと考えます。

 企業としても、原因が十分に原因が把握できなかったのでしょう。死亡事故が、続くと企業の信用と売り上げの失墜は、はなはだしいものがあります。

 現在の製品には、こうした十分な反省が含まれていることが、分かります。含まれる十分な安全装置は、それぞれ意味があることが、わかります。

 これは、石油ファンヒーターに限らず、全ての商品に十分な安全対策を取ることが、必要です。

 人の命は、重大であり、その過失による影響は、企業生命までも深刻な影響を与えることが、分かります。

 当時から三洋電機は、リコール商品が多かった記憶があります。新しい商品を発売するごとにお尻から次々にリコール商品が出るような状態でした。

 リコールは、企業の利益を損なうことになるので、安全な商品をよく吟味するべきだと考えます。
 当時、三洋電機の商品は、大手で、多くの家庭で、採用されていました。ナショナルなどと比較して安かったので、買いやすかった、信用もあった記憶があります。

 商品を安く上げるために、安全性を犠牲にする傾向があったのでは、無いでしょうか?

 社長が工場を見に来た時も、商品の不具合を隠したなどの記事がありました。社内的にこのような安全意識が低いのは、残念なことです。

 所有の石油ファンヒーターも、回復の提案が少なく、廃棄も、やむを得ないのでは、無いかと考えております。

 コストパフォーマンスでは、別の中古を買ったほうが、安いです。次々、ゴミを作りたくないと思います。

 貴重な提言ありがとうございます。

 敬具

投稿日時 - 2018-12-24 22:06:32

お礼

> kisinaituiさん、そして、みなさん、こんにちは、回答ありがとうございます。

> 貴重と言うよりは、もう、使うのはやめた方が良いものと思いますけどね。

 自らの製造者責任を回避するためですね。

 何時までも安全が保証されているものでなく、寿命が来れば、廃棄が、事故を回避する手段だと考えているのでしょう。

 色々な社会的な視野での解説ありがとうございます。

 貴重な意見に感謝いたします。

 敬具

投稿日時 - 2018-12-22 22:30:23

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

一定の年数を超えると、メーカーは修理をしませんし、部品も売ってくれません。
なぜなら、危険だからです。
火災などになって、人が死んだりしないための対策です。
欠陥商品にしないための、対策です。

10年以上使って、壊れたのなら、寿命だと思い、買い替えてください。

投稿日時 - 2018-12-22 04:55:35

お礼

> qwe2010さん、そして、みなさん、こんにちは、回答ありがとうございます。

> 一定の年数を超えると、メーカーは修理をしませんし、部品も売ってくれません。
> なぜなら、危険だからです。
> 火災などになって、人が死んだりしないための対策です。
> 欠陥商品にしないための、対策です。
>
> 10年以上使って、壊れたのなら、寿命だと思い、買い替えてください。

 自らの製造者責任を回避するためですね。

 何時までも安全が保証されているものでなく、寿命が来れば、廃棄が、事故を回避する手段だと考えているのでしょう。

 色々な社会的な視野での解説ありがとうございます。

 貴重な意見に感謝いたします。

 敬具

投稿日時 - 2018-12-22 22:32:38

あなたにオススメの質問