こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本人の富裕層の海外資産運用方法について

日本人の富裕層はもちろん日本国内のみではなく海外でも資産運用をしていると思いますが、たとえば海外で不動産を買う場合、不動産は大体どこの国でもその国の国籍を持っている人の名義でしか購入できないと思いますが、そのような時に他人名義で不動産を購入すると日本国に贈与税を支払う義務が出てくるのでしょうか?
しかし、もし日本で贈与税を払って海外不動産を購入しようものならハンパな利益では贈与税を下回ってしまい投資や運用をする価値がないと思いますが実際のところはどのような方法が行われているのでしょうか?

投稿日時 - 2018-12-23 20:26:24

QNo.9570679

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

国籍がなくとも買える国は多いです。

オーストラリアは学生ビザでも買えます。中国も長期滞在ビザで1年以上で買えます。フランスも長期滞在ビザ。ほとんど就労か学生か結婚か何かで長期滞在が可能ならば買えるという事です。

ギリシャなどは投資目的で不動産購入をした一定金額以上の購入者には滞在ビザを与えるという購入が先に来るタイプです。ただし国家経済が破綻する可能性もあります。

https://ja.sekaiproperty.com/article/2797/buy-chinese-property

投稿日時 - 2018-12-24 04:27:29

お礼

中国でも長期滞在ビザで買えるとは知りませんでした。
大変参考になりました。ありがとうございます!!

投稿日時 - 2018-12-24 09:44:20

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

 
>中国などでそのようなことは可能なのでしょうか?
中国に進出してる企業は沢山ありますが....

投稿日時 - 2018-12-23 21:37:20

ANo.1

 
富裕層は海外に会社を設立する。
その会社名義で土地、建物を取得する
 

投稿日時 - 2018-12-23 20:47:32

補足

なるほど・・そんな方法ですか!!
しかし、発展途上国ならまだしも中国などでそのようなことは可能なのでしょうか?

投稿日時 - 2018-12-23 21:18:28

あなたにオススメの質問