こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本経済で最も影響を与える経済指数は国策の政治特需

日本経済で最も影響を与える経済指数は国策の政治特需ではなく企業設備投資だそうです。

国が国民の年金で国内企業の株を買うと言ったGPIFより企業の設備投資金額の毎月の変動指数のほうが株価に大きく影響を与えた。

あと住宅指数とかあるけど全く株の影響とは関係がなく大きな出費で他の支出を抑えるので逆に経済に悪い。

輸入輸出の指数も何の役にも立たない。

国民消費指数は意味があるけど動向は分かりづらいので設備投資指数だけ見てたら日経平均株価が上がるか下がるか分かる。

企業の設備投資が増えたら日経平均株価は上がる。設備投資が減ると日経平均株価は下がる。

投稿日時 - 2018-12-24 17:23:23

QNo.9571009

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

質問内容は間違ってはいませんが、実際の日経平均株価は
アメリカ市場(NYダウなど)によっても上下します。

NYダウが大きく下落すると、日経平均は問答無用で大きく下落します。
日経平均がNYダウの影響を余り受けなかったのは、1980年代の
バブルの頃だけです。
それ以外の時期は、常にNYダウの動向が日経平均に大きな影響を与え、
今後も変わらないと予想しています。

長年の投資経験からの意見ですが、参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2018-12-25 09:53:27

お礼

みんなありがとう

投稿日時 - 2018-12-25 10:39:41

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問