こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

地球温暖化は二酸化炭素より硫化水素の方が10倍温暖

地球温暖化は二酸化炭素より硫化水素の方が10倍温暖化の影響が出るのに硫化水素の排出量が無視されているのはなぜですか?

投稿日時 - 2018-12-24 22:01:21

QNo.9571089

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

まぁ、完全に無視されてるわけではないんですが、実際の影響を考えるには排出される量が大きな要素になるので、その量などを加味した状態で最も影響の大きなものとして二酸化炭素が一番に取りざたされているという話ですね。

例えば温暖化効果の大きなガスで身近にある物としてはフロン(禁止された特定フロンではなく、現在も当たり前に使用されているHFCの話です)などはその種類にもよりますが二酸化炭素の400倍から15000倍もの温室効果があります。フロンというとオゾン層破壊ばかり目立っていますが、実は強烈な温室効果ガスなんですよねぇ。まぁ、実際これらのガスが温暖化でやり玉にあがることは少ないのですが、対策がされていないかというとそんなことは無くて、フロンは特定フロン(こちらはオゾン層破壊が問題になって)もそれ以外も基本的に廃棄する際に大気中への放出は禁止されていますし罰則もあります。

また硫化水素やメタンなどについても可能な対策がある物では対策をとる方向に進んでいますね。ただし、硫化水素などの場合は火山性の物など対策の取りようのないものも多いですし、メタンについても例えば海底のメタンハイドレートなどは対策の取りようがないですよね。メタンハイドレートに関しては最後の氷河期の終わりのきっかけの一つに海底で大量のメタンハイドレートが崩壊して強烈な温暖化作用で気温が急激に上昇したことが確認されてますが、だからと言ってこれを止めることが出来るかというとまず無理でしょうねぇ。

投稿日時 - 2018-12-25 15:51:01

お礼

みんなありがとうございました

投稿日時 - 2018-12-25 21:26:33

ANo.6

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

硫化水素にしろ、メタンにしろ、家畜やわれわれ人間の「おなら」から排出される量もばかにならないので、家畜に関しては飼料に硫化水素、メタンを作らない善玉菌サプリを混ぜたりするなどの試みはされていますよ。

すべての腸内細菌が硫化水素をつくわけではないので。

なぜ無視されていると思ったのですか?

そんなに気になるなら。食生活に気を付けて腸内環境にも気を付けて硫化水素を排出しない生活を送ってください。

投稿日時 - 2018-12-25 07:52:51

ANo.4

 酸化還元反応を知っていますよね。

 二酸化炭素は大気中で安定なのに対して、硫化水素は不安定です。硫化水素は大気中の酸素によって酸化されて、二酸化硫黄や亜硫酸に変わり、最後は硫酸になります。つまり、硫化水素の温暖化作用は長く続かないのです。それに対して、二酸化炭素は長く続きます。メタンも同じで、大気中では酸化されて、二酸化炭素と水に変わります。

 むしろ、フロンガスの方が大気中では安定なので、フロンガスの温暖化作用の方が問題が大きいでしょうね。

投稿日時 - 2018-12-24 23:13:07

ANo.3

同じ量なら、二酸化炭素より温暖化影響が大きい物質はメタンなどいろいろあります。

影響度合い × 量 が問題です。二酸化炭素は、大気中で4番目に多い物質です。

投稿日時 - 2018-12-24 22:36:53

二酸化炭素より硫化水素の方が10倍温暖化の影響が出る
では、その科学的データを示して下さい、
データが無いことには回答すらできません。

投稿日時 - 2018-12-24 22:22:25

ANo.1

 二酸化炭素の排出に無頓着な人はいても硫化水素はみなさん命が惜しくて出さないように気を付けているからです。
http://www.oitas.johas.go.jp/ryukasuiso_pamphlet.pdf

投稿日時 - 2018-12-24 22:04:43

あなたにオススメの質問