こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

【2か所給与】この場合、確定申告不要でしょうか。そ

【2か所給与】この場合、確定申告不要でしょうか。その場合の住民税は!?
こんにちは
パート主婦です。
2か所やってまして、
一つは
70万円で年末調整済
もう一つは
25万円で乙欄適用
2か所給与で従の方が20万円を超えているので、確定申告をするつもりだったのですが、
国税庁HPで以下のような記載を発見しました
『※給与所得の収入金額の合計額から、所得控除の合計額(雑損控除、医療費控除、寄附金控除及び基礎控除を除く。)を差し引いた残りの金額が150万円以下で、さらに各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)の合計額が20万円以下の方は、申告は不要です。』

私の二つの給与を足すと95万円なので、150万円以下になります。
ということは確定申告は不要なのでしょうか。

また、給与収入が二つ足すと95万円なので住民税の均等割りがかかってくると思うのですが、これも確定申告しなければ大丈夫と考えてよろしいのでしょうか。
それとも、市が勝手に二つの給料を合計して均等割りをかけてくるのでしょうか。

お詳しい方お教えいただければ幸いです。

投稿日時 - 2018-12-27 15:20:46

QNo.9571925

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

確定申告に関しては、義務は有りません。
質問者さんのケースは、所得税法第121条 http://houritu.nekokuro.jp/459 の〔確定所得申告を要しない場合〕第1項第2号ロ. に該当しています。どのように該当しているかと言うと、
・二か所で給与を貰っている。
・一か所で、年末調整を受けている。
・他所では、乙欄適用で源泉所得税を納めている。
・二か所の給与収入の合計が150万円以下(95万円)である。

この場合に確定申告の義務がないのは、「乙欄適用で源泉所得税を納めている」がポイントです。つまり、給与年収150万円以下だと、乙欄で天引きされた額だけで充分な税額になる=決して脱税にはならないと確認されており、税務署側は損しないって訳です。

とは言え、質問者さんのケースでは、確定申告しないと質問者さんが損をすると確定しています。給与年収 95万円で所得税 0 と決まってるのに、「乙欄適用で源泉所得税を納めている」んですからね。
お分かりですね、「確定申告不要」は税務署(国)が損しないからに過ぎません。該当しても、本人が損するケースを含むのです。質問者さんのケースがまさにそれです。
確定申告されましょう(^_-)-☆

投稿日時 - 2019-01-01 10:23:13

ANo.2

>70万円で年末調整済
>25万円で乙欄適用
これは、源泉徴収票の支払額の金額でよろしいのでしょうか?
上記を前提にすると、合計金額が95万円と、103万円以下なので所得税の対象にはなりません。

しかし、25万円側の源泉徴収票に記載されている「源泉徴収額」はお幾らになっていますか?
0でなければ、所得税を納税している事になりますので、確定申告をしなければ戻ってきません。
「微々たる金額だから」と言う理由で、わざわざ確定申告しない手もアリです。

>それとも、市が勝手に二つの給料を合計して均等割りをかけてくるのでしょうか。
その通りです。今回は、98万円(103万円ではありません)以下なので住民税(所得割)の対象にはなりません。よって均等割り(恐らく5,500円、市町村によって変わります)のみ徴収になると思います。
確定申告をしている場合は、税務署から各市町村へ申告の内容が届く仕組みです。しかし、確定申告をしていない場合は、質問者様が働いた会社から市役所に提出された源泉徴収票より住民税が算出されます(複数勤めていれば、合計金額になります)。

要するに、源泉徴収票が発行されている限り、何らかの税金計算の算出が為されている事になります。

投稿日時 - 2018-12-27 22:46:18

ANo.1

確定申告が必要かどうかは、貴方や、我々回答者ではなく、税務署が判断します。

税務署が「申告不要」と判断したのに貴方が申告したなら、申告通りに課税します。

税務署が「申告不要」と判断して貴方が申告しないなら、何も問題ありません。

税務署が「申告必要」と判断したのに貴方が申告しないなら、税務署は「申告漏れ」を指摘し、申告漏れに対する追徴課税を行ないます。

税務署が「申告必要」と判断して貴方が申告したなら、申告通りに課税します。

なので、申告不要なのに申告しても何も問題はありません。また、申告必要な時に申告しても何も問題はありません。

つまり、問題が起きるとしたら「貴方が申告しない場合」です。

ですので「申告すべきか迷ったら、とりあえず、申告しておく」のが良いでしょう。

申告が必要なのに申告しないで居れば、税務署は「申告漏れ」を指摘し、罰金相当の「追徴課税」を行ないます。

>市が勝手に二つの給料を合計して均等割りをかけてくるのでしょうか。

税務署は「給与を受け取っている者のマイナンバー」を把握していて「複数から給与を貰っている事実」を掴んでいます。

ですが、税務署は「納税額の調整」や「申告が必要だとの案内」は行いません。

税務署は「申告期限が過ぎて、申告漏れの追徴課税が課せられる」まで放置します。放置後に「申告してないから不足分の税金と、申告しなかった罰金を払え」って言って来ます。

つまり「手遅れになってから指摘される」のです。その方が「余計に税金を取れる」ので。

投稿日時 - 2018-12-27 16:45:58

あなたにオススメの質問