こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

角換わりの7手目までについて

 ▲最近では、▲2六歩、△8四歩、▲2五歩、△8五歩、▲7六歩、△3二金、▲7七角、(この後△3四歩▲6八銀…)の進行が多いようです。これには、後手からの変化を出来るだけ避けるという意味があるのでしょうか。

投稿日時 - 2018-12-31 14:19:14

QNo.9573135

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

そうですね。一昔前までは、▲7六歩・△8四歩・▲2六歩・△8五歩・・・から角換わりになりましたが、最近では先手が初手▲7六歩だと後手は△3四歩から横歩取りか雁木に組むことができ、先手が主導権を握る展開にならない可能性があるため、▲2六歩・△8四歩の出だしが増えているのだと思います。

▲2六歩・△8四歩の出だしだと、角換わりを選択するにせよ相掛かりを選択するにせよ、その選択権は常に先手側にありますから。

投稿日時 - 2019-01-05 14:53:13

お礼

 ありがとうございます。私も、そうなのかと思ってました。以前、目的は違うのですが、米長さんが統計的に初手▲7六歩が多いと聞き、▲2六歩と敢えて指したこともありました。

投稿日時 - 2019-01-05 21:43:37

あなたにオススメの質問