こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

宇宙人からみた地球と地球人

地球と地球人が宇宙人が作った蟻の観察キットのような存在で、常に宇宙人から観察されていたらと思うと、少し可笑しいようなゾッとするような不思議な気持ちになります。
そういう可能性を考えるのは馬鹿らしい事ですかね?

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2019-01-02 21:17:27

QNo.9573786

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

宇宙人から見た地球人へ
宇宙人「君たちは光の何倍も移動できるUFOを作ることができないだろ
    宇宙を高速移動することができないだろう」

人間から見た猫へ
人間「君たちは高速で移動できる、車を造ることができないだろ
   沖縄から東京まで数時間で行くことができないだろう」

猫から見たアリンコへ
猫「君たちは、高いところにジャンプして乗ることができないだろ
  200m先の公園まで2~3分で行けないだろう」


宇宙人から見た人間なんて

アリの巣キットのようなものなのかもしれません。

蓋をしっかり締めてないと脱走しますね、アリって。
そして人間を噛むことも!

人間もちょっと目を離すと、宇宙に飛び立ったり
宇宙人を捕獲したりしてます。

投稿日時 - 2019-01-16 15:13:24

ANo.11

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(11)

ANo.10

いいえ、そんな事は無いですよ。大いに意味のある事だと思います。
僕はクリスチャン(カトリック)なのですが、No.8さんの回答と良く似た考えです。僕は旧約聖書の創世記の天地創造の話と被さって考えてしまいます。
ひょっとしたらキリスト教の神様も、同じ様にして我々人類を監視しているかも知れませんよ…。

投稿日時 - 2019-01-05 22:48:10

ANo.9

その可能性はゼロではないでしょう。

そもそも、私たち人類が宇宙のことをある程度理解できるようになってから、それほど年月が経っているわけではありません。たとえば太陽系以外で初めて惑星が正式に確認されたのは1990年代、日本で言えば平成になってからです。

仮に恒星間の距離を克服して太陽系以外の惑星から地球を探査できるような高度に進んだ科学や技術水準の異星人(仮に人としましたがヒトとはかけ離れた姿形かもしれません)がいたとすれば、彼らから見れば、地球の科学技術などゆりかごに眠る幼児の知恵のようなものです。この幼年期にある地球人と直接接触するのは与える影響が大き過ぎる(端的に言えば未開の異星人のごたごたに巻き込まれたくないということ)と考えるでしょうし、進んだ技術をもってすれば、地球近傍にやってくる必要さえないでしょうから「気づかれないようにそっと観察する」方策を選ぶのではないでしょうか。

「さびしい宇宙人」というタイトルで1983年に邦訳が出版された書籍によれば、地球人が発したレーダーなど人工的な電波を太陽近傍の恒星付近では十分受信可能で、仮にこれらの恒星に惑星があり、知的な生物がいたとすれば、この異星の科学者はこの電波を分析することによって太陽系の惑星に人工的に電波を発するだけの別の知的生命体が存在するだろうと推測できるとのこと。すでにこうしたことが起きているかもしれませんね。

投稿日時 - 2019-01-05 09:31:23

ANo.8

宇宙人を神様に置き換えるとその通りかもしれない。
宇宙と地球と生命はものすごくも良くできていて、偶然にできたとするにはあまりにも完璧すぎる。
宇宙人がこんなとんでもない知恵は持つはずがない。

投稿日時 - 2019-01-05 08:08:53

ANo.7

地球が誕生したときはまだ地球には生命体はいなかったわけで、どうやって生命体が誕生したのかは謎となっています。なぜなら、今の地球で何もないところから生命体は生まれないからです。

諸説あるひとつでは、生命体は地球に飛んできた巨大隕石についてきたもので、それが地球に落ちてきたときに偶然生き残ってそれが今の地球となったのではないか、というのもあります。
しかし、それはそれで「じゃあその隕石にひっついていた生命体はどうやって生まれたのか」となります。

諸説あるひとつでは、我々が神と呼ぶ創造主とは、我々を作り出した宇宙人なのではないか、というのもありますね。
時々見かけるUFOや宇宙人は、その調査団なのかもしれません。

投稿日時 - 2019-01-02 23:53:48

ANo.6

>そういう可能性を考えるのは馬鹿らしい事ですかね?
⇒いやいや、馬鹿らしいどころか大いに意味のあることだと思いますよ。

それは自分や人間や地球を突き放して、自己客観視することにつながりますよね。我々は無意識のうちに、ものごとを何でも自己中心的に見がちですから、そういう意識操作で外から自分を見て、「わがふり直す」きっかけになるかも知れませんね。

ビル・ワトソンという人はこう言ったそうです。「ときどき私はこう考えるのです。宇宙に知的生命が存在するということについて最も信憑性のある証拠は、誰も我々に連絡をしたり接触したりしようとしないことだ」と。かなり、「言い得て妙」ではありませんか。

「あの銀河の中の太陽系の中の第3惑星の地球とそこの住人が呼んでいる星には相当のワルが住んでいるらしいから、近寄らない方がいいぞ。《さわらぬ神にタタリなし》じゃからな」
というのが、「連絡してこない宇宙人」の見立てである、(とワトソンは考えている)ということですね。

投稿日時 - 2019-01-02 22:45:16

ANo.5

>そういう可能性を考えるのは馬鹿らしい事ですかね?

別に、馬鹿げているとは思いませんね。
人類の科学の進化で、色々な伝説・伝承が「実際に起きた」事が証明される時代です。
モーセのエジプト脱出。
海が割れて陸地が出来た。この陸地を伝ってユダヤ人は脱出した。
これも、科学的な気象データ検証から現実に存在した可能性が高い事になっています。
ユダヤ教・キリスト教のバイブルに書かれている物語は、全てがフィクションとは言えなくなっています。
世界4大古代文明も、これらより古い文明があった事が証明されています。
古代エジプトの巨大灯台も、既に現物が見つかっていますよね。
科学は、想像から出発するのです。
現在の科学で証明できない事を、全て否定する事はできません。
「幽霊は存在するのか?」
存在する説・存在しない説も、証拠を出す事は不可能ですよね。
NHKのチコちゃんも、言っています。
「諸説ございます」^^;

投稿日時 - 2019-01-02 22:20:42

ANo.4

いろんな話がありますよ

すごく曖昧ですが、
とある銀河系の写真と、人間の脳の拡大写真がそっくりなことから、「我々が見上げているこの宇宙は誰かの脳なのではないか」という話も聞いたことがあります。

全然あり得る話です。

昔地球は四角だと言われていました。
端っこへ行くと落ちてしまうと言われてました。

それが丸いと証明されたのも、長い歴史から考えると最近の話です。

地球が四角なのは笑ってしまうような誤解ですが、たしかに生活していて、地球が丸いなと感じる瞬間はありませんし、あまりに巨大すぎて水平線も地平線も直線に見えます。

じゃあ宇宙はなんと言われているか

「ビッグバンで宇宙が作られた」
「宇宙は常に広がっている」
「まだ端っこにたどり着けない」

未知過ぎます。あやしすぎませんか?

何があってもおかしくないと思いますよ。

投稿日時 - 2019-01-02 22:13:50

ANo.3

 そういう事を考えた人は数多くいます。地球や人類を観察している宇宙人や宇宙文明があるのではないかと考える人は数多くいるようですが、それを実証するのは難しいようですね。

 もっとも、何者かに観察されていると信じ込むのは、統合失調症患者の妄想なので、確認出来ていないのに信じ込んではいけないのですが、可能性として考える事は出来るでしょうね。

 確かに、数十光年ぐらいの距離であれば、地球からの通信電波や衛星放送電波を受信するのは、巨大なパラボラアンテナが作れれば可能ですし、恒星活動が安定している「くじら座のタウ星(地球型惑星が5個発見されている。)」のような例があるので、仮に文明圏が存在すれば、地球を発見しているでしょうし、地球文明があるのも知っているでしょう。しかし、タウ星に生命が存在する惑星があるとは考えにくいのが現実のようです。

 過去の地球に他の星からの探査機が送られた形跡は、残念ながら発見されていません。地球の衛星軌道上に他の星からの人工天体が発見されれば、大変な発見になるのですが、一つも見つかっていないのが現実を証明しているようにも思えます。

 もっとも、今の地球を考えると、変な事が多いのも事実です。たとえば、6500万年前に恐竜が滅亡する小惑星衝突が起こって以来、マントル対流の流れが速くなって、地殻の起伏が大きくなり、季節変化や地形による環境変化が起こるようになって、それが人類の誕生に繋がったのがわかっていますが、なぜ、そうなったのかは良くわかっていません。

 恐竜が繁栄していた頃の地球はマントル対流が遅く、地形が緩やかで、地球よりも金星や火星に近かったようですし、なぜ、今は違うのかは原因がわかっていません。

 恐竜が絶滅した事件は宇宙人によるテラフォーミングだったのではないかと考える事も出来るわけで、もし、それが真実だとすれば、ずいぶん昔から地球は宇宙人から干渉されているのかもしれませんね。

投稿日時 - 2019-01-02 21:49:51

古代の神とは実は宇宙人の事で、地球上の生物は宇宙人が創ったなんて話を聞いた事があります。

投稿日時 - 2019-01-02 21:37:27

ANo.1

35年くらい前だと思いますが、「人類は実験室で作られた」という本が出版されたことがあります。ノアの箱舟伝説は実験室で作られた生物が宇宙船で地球に送られた記憶が伝説化したものだそうです。後で知ったことですが、そういう宗教があるらしいです。

投稿日時 - 2019-01-02 21:24:46

あなたにオススメの質問