こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

下記の文章が良く理解できません。

下記の文章が良く理解できません。
⇒「代表者の個人の債務が,代表者が経営する会社についての連帯保証債務がほとんどを占めていること,」というのは、個人の債務と、会社とは別途だと思うのですが・・・?

「代表者の個人の債務が,代表者が経営する会社についての連帯保証債務がほとんどを占めていること,経営する会社の資金繰りが行き詰まり,連帯保証債務について代表者が支払いを求められている,という前提でお答えします。」

投稿日時 - 2019-01-12 11:42:08

QNo.9576886

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

小さい会社ではよくあることですが 会社が銀行からお金を借りる時に 社長が連帯保証人になることを要求されます。
有限責任社員だったら 自分の出資金を放棄するだけで債務から逃れることができます。
銀行側は それを防ぐために 連帯保証をさせるのです。
だから会社の債務は 社長個人の債務でもあるのです。

投稿日時 - 2019-01-12 21:30:57

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

 
・代表者が経営する会社についての連帯保証
会社の借金の連帯保証人に代表者(個人)がなってる
だから、個人(代表者)の債務の大部分は会社の借金である(連帯保証である)
 

投稿日時 - 2019-01-12 11:59:29

あなたにオススメの質問