こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

血圧が数値はあやふや?

血圧は日々の状態で、変わるとの事で試してみました!OMRON HEM-8713の血圧測定機器
で右腕と左腕二台使って測定した結果
上147下92
上158下96と言う結果でした二台同時に使用したら同じ数値になるかと言う実験でしたがならなかったです。機器の故障ですか?
それともこれらも日々の状態で変わると同じ条件に入るのですが?血圧が高いと医師に指摘され一か月様子みて血圧を下げる薬を処方されそうです

投稿日時 - 2019-01-12 14:07:23

QNo.9576923

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

58歳 男性
血圧は簡単に変化します
健康診断で血圧を測定してくれた看護士がとてもいい女で
こんな女と遊んでみたいと思っていたら血圧上が180だと言われました
しまったと思い再測定 無意識で再測定後はいつもの135でした
周囲の人もその事に気が付いていい女だなあと思ったろうと
笑われました
それ位簡単に変動しますよ

投稿日時 - 2019-01-13 08:13:28

ANo.6

Q、血圧が数値はあやふや?
A、テストの考え方と実施要領にミスがあります。

>血圧は日々の状態で、変わるとの事で試してみました!

 ならば、起床後と就寝前に継続測定されることです。

>右腕と左腕とで同じ値になるのか?

 これは、血圧変動テストではなくて血流(血管)瑕疵テストです。血管は左右に分かれています。そして、その劣化は左右不均等に進行します。で、両者の測定値が極端に違えば、重篤な瑕疵の存在が疑われます。

 そういうことで、血圧の継続測定と左右測定とは、その目的が違います。「血圧の体調による変化」を確認されたいのであれば継続測定で事足りると思いますよ。

投稿日時 - 2019-01-12 21:47:44

ANo.5

私は毎朝血圧を測って15年になります。値は日ごとにばらつきます。最大が180、最小が110ぐらいになります。平均値は144です。毎日測っていますので平均値が出せますが、期間が短いと例えば1ヶ月の平均は、冬は158、夏は136などと季節変動も見られます。粘土による変動も多少はありますが、私の場合割と安定しています。
同じ日でも時間でも変わります。測定を繰り替えずだけでも変動します。機械の違いもある程度あると思いますが、それほど大きな変化はないとおもいます。

医師はちょっと測ってみて「高血圧」「投薬」と言う人もいるかもわかりません。一か月様子を見るという姿勢はある程度良心的ですが、私ならなるべく同じ医師にはかからないようにします。

投薬は患者の意思で決めるべきです。平均が144の場合に投薬が有効かどうか、はっきりはしないのです。知人で投薬にもかかわらず狭心症になった方もおられますし、薬には副作用もありますし。高血圧学会は130まで下げるのがガイドラインとしているようですが、私はどうも嘘くさいと感じています。

投稿日時 - 2019-01-12 20:56:21

ANo.4

左右同じではありません、それにしても血圧高すぎ。あまりかけ離れている場合は、何かしら血管の異常(病気)があるかもしれないので精密検査したほうがいいとドクターから指摘されました。受けたほうがいいよ。

投稿日時 - 2019-01-12 17:46:53

ANo.3

心臓の位置が体の中心より左寄りなので、左右とも同じという事にはなりません。
日々というよりも、その時々の状態でも勿論変わります。

質問の数値が「正しい測り方」という前提なら「少し高い」状態です。

注意は必要で用心しなければなりませんが、「高血圧」というより「一歩手前」のような状態なので、医師によって判断が違うかと思います。

そういうことで、まだ「薬を処方」する段階ではないでしょう。
「高い」という診断で「一ヶ月様子見て」という判断なら、次回に上がってなければ「様子見」の継続かと思います。

「投薬」の判断は医師が「高血圧」と診断してから考えることになります。
「高い」という診断であって、まだ「高血圧と判断する数値」ではないので、普段の生活で予防できる段階です。

投稿日時 - 2019-01-12 14:53:46

ANo.2

元来,上腕血圧に左右差はほとんどありませんので,まず初めに左右差がないことを確認すれば,どちらで測定しても結構です。いつも同じ環境,同じ状況で測定し,その変動をチェックすることが重要です。
常に再現性をもって10mmHg以上の差がある場合には,左右差ありと判断します。15mmHg以上の左右差は,心血管イベントの有意なリスクファクターとされますが,それは血圧低値を示す側の動脈に何らかの血流制限をきたす病変の存在が示唆されるからです。すなわち動脈硬化性の狭窄病変や,若年女性では大動脈炎症候群(高安動脈炎)などの炎症性病変,あるいは大動脈解離が鎖骨下動脈に及ぶなどの機械的狭窄病変の存在などが示唆されるからでもあります。したがって,有意な左右差のある場合には,高値側が正しく全身の血圧値を反映していると考えられますので,血圧管理は高値側の測定血圧値に基づいて行います。無論,血圧低値側の動脈の病変は,別途検索して頂く必要があります。

投稿日時 - 2019-01-12 14:27:58

ANo.1

測定誤差や、測定部位の違いなど様々な要因がありますから、最大10程度の差は問題ないのでは。

出来るだけ同じ部位で測定して様子見るのが良いのでは。

投稿日時 - 2019-01-12 14:23:45

あなたにオススメの質問