こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ありがとうございます。教えてください。

ありがとうございます。ちょっと質問です。完全に停車している車に衝突したわけじゃないので、お互いに車は多少でも動いていたわけなので過失割合は10対0ではないと思いますが、その場合、相手に過失が認められ他人名義でも生活保護者受給者が対応してもらえるのでしょうか?

投稿日時 - 2019-01-17 00:27:26

QNo.9578503

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

リクエストどうも。
まず、落ちついてください。相手の保険は
任意ですか?自賠責ですか?持ち主とのご関係は。まず、持ち主と交渉になります。
仰るように動いていたら過失責任があるから0ではありません。一般的には8:2で保険屋は提示します。
また事故後2週間以上経ってからは人身事故にはなりません。向こうがお叱りを受けます。まず、徐行していたのはあなたでどちらかと言うとスピードわお相手が出ていたはずです。法定速度は守っていたか、信号はムシしていないか
またはあなたのウィンカーに気付いていたかが論点になります。警察は保険を使う場合自己処理番号がいるので必ず呼ぶ。
お相手はお怪我はだいじょうぶでしょうか。
困窮していて辛抱しているということはないでしょうか。それ心配ですね。まあ、物損のが貴方にはいいでしょうが。人身なら免停なのでね

まず、0になるのは
1故意の妨害
2意図的な接触
3反社会行為
4酒気帯び又は無免許運転
でしょう。これは裁判しても0には必ずなりません。よくいって0.7:9ぐらいなので。
なので、裁判は不毛としか。
互いの車を直す割合です。
あなたが職業的に減点が不味いので示談してくれもサモアリな事です。
とりあえず、あなたは体はだいじょうぶでしょうか。話し合いは、持ち主となります。持ち主が家族なら車両保険の適用範囲ですが
あかの他人なら、保険どころじゃない、ですね。それは、あなたの掛けている保険から聞いて貰うのがいいでしょうね。生活保護ってお相手が仰ったのでしょうか。取りあえず、生活保護は無関係になるので、体は何ともないか、過失割合はどうなるか。まあ向こうにも1は有りますよ。しかし、保険屋はなかなかおれないんで7:3と言うでしょうな。
聞いた感じ善良な市民と言う感じがしますな。
ヘタな相手だともっと、おかしいことを言いますから。自分で直すから保険をつかわないでくれとか。職場を特定したぞとかね。
とりあえず、落ちついてくださいね。
保険を使わないなら、全額あなたモチか示談でしょ。これからは気を付けて運転してくださいな。

投稿日時 - 2019-01-17 02:39:01

ANo.2

こういうところの回答や、保険会社の担当がよくいう話ですが、
「動いて居る以上、過失0はない。」
は、間違いです。
過失というのは、悪かったという意味です。

「動いて居る以上過失がある」ということになると、自動車を動かすと、何もなくても悪い事になってしまうわけです。
つまり、「車を動かすのは悪い事」になってしまうわけです。
法律で認められた内容で運転免許証を持って、法律に合わせて運転して居る事が悪い事になってしまったのでは、たまったものではありません。
でも、こういうところの回答される方の中や保険会社の担当者などには平気でそういうことを言う人がいるわけです。

過失0というのも普通にあるわけです。
その条件は。
1、一切の法規に反していない。
2、事故が予見できるものではない。
3、回避が出来ない。

これが揃った内容では、過失0になります。

基本的に追突は、追突された方は、過失が0が多いです。

停止するためにブレーキをかける事が、法律に違反しているのか?
後ろから追突してくる車を絶えず考えながら運転できるのか?
後ろから追突してくる車を、避ける事ができるのか?

と、言う話になります。
なので、相手が動いていたから追突位されても過失0にならないと言うことは言えない訳です。


>相手に過失が認められ他人名義でも生活保護者受給者が対応してもらえるのでしょうか?

なんだか、生活保護受給者だからと言うことをしきりに考えられているようですが、生活保護を受けているかどうかは事故には関係あいりませんので、責任の所在にも関係がありません。
過失割合があれば、その分は責任を負う義務があると言うこと。
また、車自体に自動車保険がかけられていれば、その保険内容でカバーされていれば、借りている人が起こした事故であっても、保険を適用する事ができます。

でも、追突ということですので、相手に過失を問うことはほぼ出来ないと思われた方が良いです。
相手に過失を問う事ができるのは、相手が故意に急ブレーキをかけた時位です。

理由は簡単で、道路交通法で、前を走る車とは、安全な車間距離を保って走行する事。が、定められています。
たとえ、急ブレーキをかけられたとしても、安全に停止できる車間距離を保って走行しなければならない義務を、追突側が怠った事による事故。という事になるからなのです。

その辺、もう一度よく考えられて見られることをお勧めします。

投稿日時 - 2019-01-17 01:03:25

ANo.1

衝突したときの状況は?(十字路の交差点で出会いがしらなど)
何が他人名義なのか(相手の車が借り物で保険も持ち主のみ対応など)
生活保護受給者はどの立場の人で何に対しての対応なのか

最低限これくらいの情報がないと答えられないですよ。

投稿日時 - 2019-01-17 00:39:25

あなたにオススメの質問