こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

公職選挙の供託制度を廃止するにはドーすりゃ良い?

供託制度ってあるじゃん。特定の受付期間に、法務局なるところに300万円くらい支払うやつです。これは、供託物没収点なる票数があって、その前後で300万円が没収か返還かが変わるんだよね。
あと、ポスター作成費とか、街宣車レンタルもとかも、供託物没収点の前後で自腹か公費負担かが変わるんだよね。トータルで考えると、結果で1千万円くらいの損得になるでしょうか。

公職選挙法にそう書いてあるのですが、悪法だと私は思うので、改正したいです。ドーすれば良いですか?

国会議員になって、議会で発言し、承認を得るような流れですかね?だとすると、悪法に従って国会議員選挙に立候補しなければいけません。

「悪法を見直したい」という政治的主張をする者が、その悪法に従って選挙に立候補するのは、ドーよ?どこか矛盾していると、私は思う。

まー、「無責任な立候補者の乱立防止」「売名目的立候補の規制」「選挙の公費支出の節約」のような建前は知ってます。でも、やってることは賭博と一緒でしょ。勝てば1千万円が戻って来る、負ければ1千万円がパー。これで、国民を幸せにするために、若い人が国会議員選挙に立候補して、一生懸命演説して、結果負けちゃうと、その若人の人生は転落だよ。この若人は、何か悪いことしたか?なぜコイツが1千万円を失って人生転落せにゃあかんねん?これが嫌なら立候補しなきゃいいだけのことですが、国民を幸せを目指して選択肢を提供しようとしてるんだから、供託制度でその意欲を遮ってるじゃん。だから、初老のオッサンばっかが立候補して、日本中に加齢臭が蔓延するんだよ。

意欲的でも、賢明な若人は立候補しない。ってことは、有権者からすれば、有望な選択肢の機会損失です。だから、選挙のときに投票所で「どいつもこいつも臭いオッサン」となって、白票を投じたくなるんだよ。

供託制度廃止、立候補料10万円で良くね?結果によらず、立候補料は没収。大学受験だって、満点合格しても受験料は没収でしょ。それと一緒だよ。それなら、もっとマシな立候補者が来て、有権者も嬉しいじゃん。

よく「選挙に行きましょう」とか聞くけど、「意欲的な人は選挙に出ましょう」なんて聞きません。立候補者が加齢臭のするオッサンばっかなら、選挙なんか行く気になれません。供託制度が若人の意欲を抑え込んでることを認めろや。公職選挙法は、日本に加齢臭をまき散らす悪法なんだよ。この悪法を作ったのは、加齢臭のする国会議員だと思う。

政治家に比べると、芸能人は若者が多いです。これは、オーディションを受けるのに高額な供託制度が無いからだと思うのだが、ドーかしら?芸能オーディションに供託制度があったら、芸能は歌舞伎とか落語とか時代劇だらけになる気がする。そんなのは嫌です。芸能オーディションに高額供託制度があったら、米津玄師は出て来ない。

投稿日時 - 2019-01-22 21:35:51

QNo.9580396

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

選挙の供託金制度は日本だけに存在するものではありませんが、日本の供託金の金額は高過ぎるのではないかという指摘は昔からありました。一足飛びに廃止するのは困難でしょうけれど、選挙を活性化させるために、供託金額の引き下げや没収点の緩和は検討に値するでしょう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BE%9B%E8%A8%97%E9%87%91

投稿日時 - 2019-01-23 13:13:47

お礼

さんきゅー

投稿日時 - 2019-02-12 08:48:34

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

>惨敗して没収は嫌だと思うよ。

この程度の考えで立候補する人が乱立してくるのを防ぐためなんですが。
そしてその人たちに、選挙のための補助をしてたんじゃ、税金の無駄遣いでしかないでしょう?

投稿日時 - 2019-01-23 12:16:56

補足

〉その人たちに、選挙のための補助をしてたんじゃ
 ↑
選挙のための補助すべきとは、言っていません。むしろ、立候補料を立候補者が自費で支払うのです。

ポスターとかは枚数を減らして、ウエブから見るようにします。街宣車も廃止して、公開討論会にして、ウエブ中継します。これくらいは税負担ですが、民主主義には多少のコストがかかってしまうかと。

しかし、テクノロジーが進化すれば、有権者に情報提供するためのコストは安価に抑えられるかと。

投稿日時 - 2019-01-23 12:49:12

ANo.3

>公職選挙の供託制度を廃止するにはドーすりゃ良い?

選挙で勝って、政権を握って、法律を作って通せばいい。それしか方法はありません。日本は法治国です。法律を作るのは国会議員だけの仕事です。ほかの誰も出来ません。さあ御託を並べていないで次の選挙に立候補しましょう。話はそれからです。他人任せは駄目です。

投稿日時 - 2019-01-23 11:51:43

補足

〉次の選挙に立候補しましょう。
 ↑
私に1千万円くれたら、次の選挙に立候補して、全力で勝利を目指します。お金が余ったら、お返ししますし、領収書のコピーも添付します。

選挙に行くのはタダだけど、出るのは有料なんだよ。しかも、高額。これは偽りの民主主義だと私は思う。民主主義をより理想に近づけるのなら、立候補のハードルを下げるべきだと、私は思う。

投稿日時 - 2019-01-23 13:03:26

ANo.2

これを無くすと、とにかく選挙に出て、稼ごうとする人が出てくるんですよ。
選挙費用が出るわけですから、その費用をめいいっぱい使って、現実は最低にして、キックバックを貰えば、選挙に出るだけで、儲かることになるからです。

そう言う事を防ぐ効果があります。

また、300万程度溜めたり集められない程度の人が、選挙に出ても仕方ないと思いますけどね。
だって、それくらいあってられる人望もないと言う事でますよ。

投稿日時 - 2019-01-22 21:53:55

補足

300万円くらいなら用意できると思うけど、惨敗して没収は嫌だと思うよ。

勝つ気で選挙を戦うと思うけど、誰かは落選するわけで、結果は水物です。

米津玄師のデビュー前は、300万円も無かったのかもしれません。

投稿日時 - 2019-01-22 22:26:34

ANo.1

なんだかんだ言っても政治家は金持ちです。
あなたの言う10万円と政治家の言う300万円は同等です。

政党の人数合わせで呼ばれた人は300万(もっと)現金でもらえますよ。

投稿日時 - 2019-01-22 21:42:02

補足

政治家は金持ちばっかなのが問題だと、私は思う。一般庶民の意思を反映できるのかいな。

有権者は、庶民目線の立候補者を望んでいると思う。

投稿日時 - 2019-01-22 22:29:48

あなたにオススメの質問