こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

1.ルンペルとルンペルプロレタリアートの明確な違い

1.ルンペルとルンペルプロレタリアートの明確な違いとは?

2.ルンペルプロタリアートは現代で言うところのニートなのではないだろうか?

3.何かしらの信念から労働を拒否しているニートは、革命家に近い精神性を持っているのではなかろうか?

ニュースカテゴリー皆さんの
ご回答のほど、
お待ちしております。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ルンペンプロレタリアート
https://en.wikipedia.org/wiki/Lumpenproletariat
http://gogen-allguide.com/ru/lumpen.html

投稿日時 - 2019-01-25 11:55:32

QNo.9581213

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

1. ルンペンは元の意味はドイツ語の布切れ、ボロ服。転じて浮浪者。プロレタリアートは階層社会の中で底辺で資産を持たない無産階級の人たち。どっちも最下層で資産を持たないことに違いはありませんがルンペンは風態、生活態度に注目しているのに対してプロレタリアートは社会主義思想の中で経済的な立場を表していて、概念が異なります。通常プロレタリアートと言うと主に労働者階級の人達で、使用者である中産階級、資本家に対して数を力に闘争を起こし階級社会を覆す力になる人たちのことですが、ルンペンプロレタリアートは、無産階級であっても働く意欲が無く階級闘争にも参加しない、社会主義的発想では無効な役に立たないプロレタリアート。ルンペンと同じ人たちを指しますが、視点が違います。

2. 今の日本の社会、経済の中で階級闘争としての社会主義革命が起こると言う状況で無く、プロレタリアートと言う言葉自体当てはまる場面が無いと思います。

3. どうでしょう。人それぞれですから。私の知っているニートの人には社会思想は無く社会に溶け込むきっかけを失ってしまっている様に見えます。もし革命思想を持っていてなんらかの活動をやっていたら、無給でも思想家、活動家と呼ばれるんじゃないですかね。自称他称問わず。

投稿日時 - 2019-01-26 07:55:12

お礼

ご回答のほど、
ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-01-26 08:22:56

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

1.ありません
2.違います
3.持ってません

投稿日時 - 2019-01-25 12:35:59

お礼

ご回答のほど、
ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-01-25 14:21:54

あなたにオススメの質問