こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

貧乏オーディオ好きです。

貧乏オーディオ好きです。

NASの音源の方が自分が所有しているCDプレイヤーの再生音より遥かに良い音に聞こえます。
NASにすべて移してしまいたいですが聞き飽きた物が多くなってしまいました。
新たに音源の購入はハイレゾがお勧めでしょうがお金がありません。
従ってアップルミュージックを聴く方法で良い音で聴く事はどういった物を揃えれば良いでしょうか?
因みに試したのはオーディオネットワークプレイヤーに直接iPhone を有線で繋いでダウンロードした音源を再生しました。
それからパソコン使いiTunes をDAC経由でアップサンプリングして聴いてみました。
後はAirPlayです。
わたしの耳ではDAC が好みでした。その次がオーディオネットワークプレイヤーでの再生です。
良い方法があれば教えてください。
お願い申し上げます。

投稿日時 - 2019-01-26 09:40:59

QNo.9581489

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

はじめまして♪

予算をかなり節約したオーディオ、ピュアオーディオに対抗した「プアオーディオ」という話題や世界観もありますから、あまり気にしないでください。

さてと、オーディオは個人で楽しむのが普通なので、ドンナ方法が良いか、なども、結果的には「自分が納得する方向で」という独自タイプでも良いのです。

確かに「ハイレゾ音源」には、あるていど良い音が得られる可能性は有りますが、短絡的に「ハイレゾだから音が良い」とか、「ハイレゾじゃなければ音が悪い」などと言う事でもないので、好きな音源で楽しまれるのも、他人がどうこう言う必要は無いと思います。

実際、過去のQ&Aでは、ハイレゾ音源に興味を持って、あれこれ購入してみたけれど、従来のCD再生の方が好きな音。という結論に落着かれた御質問者様も居ましたし。。。

アップサンプリングも、必ず良く成る。という事では無く、微妙に音が変わるのですけれど、その結果が好きな方向に変わっていたらラッキー。くらいに考えて良いと思います。

どこで、どのように、デジタルからアナログに戻すか、例え、同じDACチップセットでも音が違う事は有りますので、試してみて気に入った方で、しかも利便性とかも総合的に考えながら、納得(妥協?)できる、個人の考えで取捨選択して行くのが良いと思います。

コンピューターと外部DACの間の通信状況には、他の方々も言及されている通り、WindowsとMacintoshでは、多少状況が違う部分が出て来ます。でも、Macintoshにできる事は、ほぼ全てでWindowsでもできます。Windowsの利点は世界中に多様なソフトがたくさん存在する。という事ですから、最初の設定とか使い方に馴れるまで、という部分を乗り越えてしまえば良いだけで、あまり危惧する必要はアリマセン。
(ただし、在る程度認知度が高い定番ソフト(アプリ)以外は、ユーザ0情報等が少なかったりで、少々面倒な事もありますが。。。)

Appleミュージックは、とにかく色々と聴いた事が無かった曲もたくさん楽しもう。という人には便利ですが、在る程度限定された曲だけを楽しむ。という人であれば、長期的に考えますと、安くはない。とも言えます。
(まぁ、ずぅ~っと長く、月にCD数枚を買いたい。という人には安価で便利でしょうかねぇ。有線放送契約とかよりも良いかな?)

ただ、Appleミュージックの場合、普通の人には充分な音質では在るのですが、オーディオマニアには不満が残る、というランクの音源のようです。
具体的には、AACの256kbpsで、まぁ一部にはmp3の320kbsと同程度と言う事も在るようですが、CDに記録されたデータに完全復元出来ない、一部を省略した「非可逆圧縮」なのは理解しておきましょう。

まぁ、AACの128kbpsやmp3の256kbpsでも、一般大衆の8割以上が「CDとおなじ音」と感じられる、という評価もあるので、オーディオにも強い興味が有る人にだけ、不満が残る事も。という話です。
(まぁ、CDとハイレゾなら、その「オーディオファン」の中でも半分手どの人が「音が違う」と感じ、その上で「ドッチが好き?」という個人の感性領域で正しく評価居ている人は、さらに少ないのでは?とも思われますけれど。。。)

AACはmp3の改良型とも言いますが、あくまで「音質変化が気付き難いように進化」という事なので、音質変化は必ず在るのです。
しかし、より多くのデータを切り捨てるためにも、おそらく「聴こえないだろう
という部分を中心に捨てて行くので、大きな声で言う人は少ないのですが、在る程度整理されて聴きやすく、mp3やAACの方が好き。という人も、結構多いのでは無いかと思われます。

Appleミュージックは、無料体験期間が設定されていますので、実際に体験してみて、満足できるか、そうでは無いのか。よく考えた上で有料継続とするか、ヤメるかを判断されても良いと思います。

本来の無圧縮データ、あるいは、本来のオリジナルデータに展開出来る圧縮方法がゼッタイに良い。とか、ハイレゾじゃなければダメ。というのは、そう言う人個人の考え方だけで、御質問者様や私、というそれぞれの「個人」が、どのように考えて、どのように音楽を楽しむか、という、あくまでも個人の判断になりますからね。

私の場合、ちゃんと対峙して音を探求した聴き方の場合は、基本的に「オリジナルデータ」「オリジナル音源」を優先としていますが、普段の「聞き流し」では、mp3でもAACでも、利便性があれば、そいういう簡便な方法を優先しています。(配達用のトラックでは、カーコンポもオマケ品レベルですし、何より走行音もデカイから、とにかくコンパクトで曲数が詰め込める、という事でmp3に変換してからCD-Rに焼いて。という音源で充分だったりしますし、、、、ネ♪)

試せる範囲で試し、そのなかで気に入った音が得られた手法が利便性よく活用出来るのなら、それがベターです。

オーディオは個人の趣味世界でもあるので、99%の人が良い、と言っても1%の人には「違い方法の音の方が好き」という場合も有ります。

私自身は、スピーカー工作も好きなので、最も音の印象が大きく変わる「スピーカーの個性」として、多様な方向のサウンド等も楽しんじゃうんです、優劣ではなく、それぞれの「違い」を楽しむ。というのも、おそらく極少数派かもしれませんけれど。。。(苦笑)

投稿日時 - 2019-01-26 19:28:47

お礼

ありがとうございます。実はアップルミュージックを1年契約してます。
クラシックの音源を沢山ダウンロードしてます。
オーディオの世界からは邪道かもしれないですね。
その他に中古の安いSACDを再生出来るプレイヤーも持ってます。
音源自体が良くなかったら台無しです。
最近も一枚SACD買って残念な気持ちになったばかりです。ベートーヴェンの弦楽四重奏でした。
ヤフオクやその他でも良い音源の物は高いですね。

投稿日時 - 2019-01-26 22:50:09

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

1kHzでも波長が34cmで1波だけだと0.001秒ですので音があるのが分かっても、何の音かは判断ができません。
Audacityで正弦波を作って聴いてみたら、1KHzでは0.02秒20波以上長い時間聴かないと1KHzの音に感じないです。
このように耳は経験習得して一部の音の印象を脳が判断しているようであって、
思い込みや体調不調などで錯覚するので正しい判断が出来ないです。
自分で測定と聴いてみた感じの両方で真実を見つけるのが良いと思います。
http://www.ne.jp/asahi/shiga/home/MyRoom/Audio.htmなどは参考になります。


耳だけでなく、パソコンで簡単に測定して周波数特性図、波形図などをみて客観的で正しい判断をお勧めしたいです。

投稿日時 - 2019-01-31 09:10:27

お礼

ご回答下さいましてありがとうございます😊
実践してみます。

投稿日時 - 2019-02-02 04:54:51

ANo.6

貧乏でもとんでもない高音質で聞く方法があります。
スピーカで聞くと音のクロストークで高音域で周波数特性は大暴れしますし奥行きある響きが雑音のようになり生の音を再生できません。
ヘッドホンで聞くとSTAXでも高音域では楽器の音はシャリシャリ感のある音になりますがこれはやはり奥行きある響きが重なって雑音のようになることが原因です。
これらを解決する唯一の方法は遠近を再生できる前方定位ヘッドホンで聞くことです。
これで聞くとバイオリンのキーキー音、ピアノのキンキン音まで生演奏その物の音質で反響音は室内に広がります。
ハイレゾはそれなりの効果はありますが、それよりも余計な物を全て取り除くことが重要で、音源から直接聞けるipadでYoutubeで聞いても超高音質で再生できるます。
今まで聞いていた楽器の音色、歌手の歌声が非常にショボイことに気付き、生演奏の音質と響きで演奏家の高度な技術と感性に感動できます。
前方定位ヘッドフォン(ONZOH)はヤフオクで手作り商品として販売しています。

投稿日時 - 2019-01-27 08:33:21

ANo.4

ハイレゾは無理でも最低WAV(CDのフォーマット)にするべきです。CDをリッピングしてNASに入れればいいです。e-Onkyoなどのネット販売もしています。iTuneやiPhone音楽は駄目です。ほとんどが圧縮度が高いMP3で、音質が悪すぎます。オーディオには向きません。
最近のネットプレーヤーはNASの必要はありません。パソコンも要りません。たとえばパイオニアのN-50AEは単独の外付けHDDやUSBメモリから再生できます。USBメモリか外付けSSDにすればパパソコンのノイズもNASやHDDのノイズも出ません。パソコンのノイズはオーディオの大敵です。
リッピングしたCD(のWAVファイル)は元のCDより音がいいです。リッピング時に読み取りエラーを修復してくれるので。リッピングソフトにはEAC(Exact Audio Copy)がお奨めです。フリーソフトです。
https://jp.pioneer-audiovisual.com/components/networkaudio/n-50ae/
https://www.gigafree.net/media/cdripping/exactaudiocopy.html

投稿日時 - 2019-01-26 15:44:06

補足

Pioneer製品は人気らしく中古の方が高値になってとてもとても無理です。
しばらくは今使ってる物で我慢します。

投稿日時 - 2019-01-26 17:07:31

お礼

ありがとうございます。Pioneerは進んでますね。
中古で購入したいです。検索して探します。
WAVは基本ですね。製品を確かめます。
持ち合わせのHDD使えるかもしれません。
予算オーバーな気がします。

投稿日時 - 2019-01-26 16:40:55

ANo.3

>フーバ2000はフリーソフトで外国製で翻訳してそれからなのです厄介だから手を出してません。
解説サイトも多いのでそれほど難しくは無いと思います。
また、他にもプレーヤーありますしuLilithという日本人が細々と作成しているプレーヤーもあります。(ASIO、WASAPI排他モード対応)
https://twitter.com/project9k

投稿日時 - 2019-01-26 14:01:14

お礼

ありがとうございます。以前有料のメディアモンキーを使ってました。パソコンの内部にアクセスするようでやめました。フリーソフトをダウンロードは無料には訳がある事が多い事を知ってます。日本人が作ってるソフトには関心があります。どうもありがとうございます😊

投稿日時 - 2019-01-26 14:32:14

ANo.2

iTunes は高いですね。
最近は、もっぱら昔のレコードを引っ張り出したり、中古CDを漁ったり、youtubeとかばかりで。
DACを使うなら、その後のアナログ機器ですね。スピーカーが一番大事と思います。

投稿日時 - 2019-01-26 12:38:08

お礼

ありがとうございます。貧乏住まいなので音をあまり大きく出せません。STAX のイアスピーカー買えたら嬉しいですが無理です。
貧乏なりに考えてます。小音量で良く聞こえるスピーカーなど探してます、

投稿日時 - 2019-01-26 13:15:12

ANo.1

PCは何を使っているのでしょうか?
windowsだとiTunesはWASAPI(排他モード)やASIOが使えないので
どうしてもカーネルミキサーの影響を受けてしまい音質に影響が出ます。
MACだとこの問題は出ないようです。

絶対にiTunesでなければならないという場合は仕方ありませんが
そうでない場合はfoobar2000などを使ってWASAPIの排他モードかASIOを使ってDACに出力すると理論上はよくなるハズです。
あとはオーディオネットワークプレイヤーにデジタル出力がありDACにデジタル入力があればその組み合わせを使うという方法ですね。

投稿日時 - 2019-01-26 10:36:04

補足

オーディオネットワークプレイヤーのデジタル出力が故障してます。
貧乏なのでアナログ再生してます。
めっちゃ残念です。
アナログでもそれなりに頑張って良い音が聞こえます。

投稿日時 - 2019-01-26 11:33:00

お礼

Macとウィンドウズ7使ってます。
どうやらMac使った方が良さそうですね。
フーバ2000はフリーソフトで外国製で翻訳してそれからなのです厄介だから手を出してません。
iTunesの音で満足します。
サポートをフリーソフトはしてくれませんからね。なにぶん素人です。
ご回答下さいましてどうもありがとうございます。
電気屋さんに聞いたらわたしの方法やってる方法でも良いと言ってくれました。

投稿日時 - 2019-01-26 11:29:17

あなたにオススメの質問