こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

和訳をお願いします。

The Serbs beat back an Austro-Hungarian invasion in August, at the Battle of Cer. It marked the first Allied victory over the Central Powers in World War I. Potiorek was humiliated by the defeat and was determined to resume the assault against the Serbs. He was given permission in September to launch another invasion of Serbia provided that he "[did not] risk anything that might lead to a further fiasco." Under pressure from the Russians to launch their own offensive and keep as many Austro-Hungarian troops as possible away from the Eastern Front, the Serbs invaded Bosnia in September with the help of Chetnik irregulars but were repulsed after a month of fighting in what came to be known as the Battle of the Drina. Bojović was wounded during the battle and was replaced by Živojin Mišić as commander of the Serbian 1st Army. The Armeeoberkommando (AOK) acknowledged that an undefeated Serbia severed Austria-Hungary's connection to the Ottoman Empire and prevented the completion of the Berlin–Baghdad railway. The AOK also realized that the Austro-Hungarian army's inability to defeat Serbia would discourage neutral countries—such as Bulgaria, Romania and Greece—from joining the Central Powers and would tempt Italy to open up a third front against Austria-Hungary. Nevertheless, the AOK was hesitant to authorize a third invasion of Serbia. This changed in September 1914, when Austro-Hungarian troops discovered a map in an abandoned Semlin bookshop, titled The New Division of Europe. Originally printed in a Russian newspaper, the map was widely sold in Serbia and depicted the borders of Europe as they would appear following the war. Germany was to be divided into northern and southern confederations and Austria-Hungary was to be abolished, its eastern provinces given to Russia, Romania, the Czechs and the Hungarians, and its southern provinces divided between Serbia and Italy. Alarmed by the prospect of Austria-Hungary's disintegration, Emperor Franz Joseph personally authorized a third invasion of Serbia in early October 1914. Having just repelled the Serbian incursion into Bosnia, the Austro-Hungarian Army regrouped and positioned itself for one final invasion before winter set in. Potiorek was again placed in charge of Austro-Hungarian forces and was given command of the Austro-Hungarian 6th Army. The Austro-Hungarian 5th Army was commanded by Liborius Ritter von Frank. In total, the Austro-Hungarians had 450,000 troops at their disposal. The Serbian Army had 400,000 soldiers ready to face the Austro-Hungarian advance. Potiorek appeared confident. "Soldiers of the 5th and 6th armies," he said. "The goal of this war is nearly attained—the complete destruction of the enemy. The three-month campaign is almost over; we must only break the enemy's last resistance before the onset of winter."

投稿日時 - 2019-01-29 14:59:16

QNo.9582587

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>The Serbs beat back ~ lead to a further fiasco."
⇒セルビア軍は、「チェルの戦い」で8月にオーストリア‐ハンガリー軍の侵攻を撃退した。それは、第一次世界大戦で中央同盟軍に対する連合国軍の最初の勝利を画した。ポチオレクは敗北で屈辱を喫し、セルビア軍に対する襲撃を再開する決心をした。彼は、「さらなる屈辱的な災難につながるような危険を犯すことをしない」という条件で、9月にセルビアに対する別の侵攻を開始する許可が与えられた。

>Under pressure from the Russians to launch their own offensive and keep as many Austro-Hungarian troops as possible away from the Eastern Front, the Serbs invaded Bosnia in September with the help of Chetnik* irregulars but were repulsed after a month of fighting in what came to be known as the Battle of the Drina. Bojović was wounded ~ the Serbian 1st Army.
⇒ロシア軍からの圧力の下で、セルビア軍は攻勢を開始し、できるだけ多くのオーストリア‐ハンガリー軍隊を東部戦線から遠ざけておくため9月にチェトニク*の非正規軍の助けを借りてボスニアを侵略したが、「ドリナの戦い」として知られることになる1か月の戦いで撃退された。ボジョビッチは戦闘中に負傷し、セルビア第1方面軍の司令官役をジボジン・ミシッチと交代した。
*Chetnik「チェトニク」:第一次世界大戦中ゲリラ闘争に参加したセルビアの民族主義者。

>The Armeeoberkommando (AOK) acknowledged ~ against Austria-Hungary.
⇒(中央同盟軍の)方面軍最高司令部(AOK)は、無敗のセルビア軍がオーストリア‐ハンガリー軍のオスマン帝国との接続を切断し、ベルリン‐バグダッド鉄道の完成を妨げたことを知った。AOKはまた、オーストリア‐ハンガリー軍がセルビアを敗北させることができなかったことで、― ブルガリア、ルーマニア、ギリシャなどの ― 中立国が中央同盟軍への加担を阻むであろうことを認識し、イタリアがオーストリア‐ハンガリー軍に対して(東西に次ぐ)第3の前線を開くことになるであろうことを認識した。

>Nevertheless, the AOK was ~ between Serbia and Italy.
⇒それにもかかわらず、AOKはセルビアに対する3回目の侵入の承認を躊躇していた。(しかし)これは、1914年9月にオーストリア‐ハンガリー軍が、放棄されたセムリン書店の中で「ヨーロッパの新しい分割図」と題した地図を発見したときに変わった。もともとロシアの新聞で印刷されたこの地図はセルビアで広く販売されていたもので、ヨーロッパの国境が戦後にはこうなるという形に描いたものであった。ドイツは北と南の連邦に分割され、オーストリア‐ハンガリー(国)は廃止され、その東部州はロシア、ルーマニア、チェコ、およびハンガリーに分与され、そして南部州はセルビアおよびイタリアに分けられていた。

>Alarmed by the prospect ~ the Austro-Hungarian 6th Army.
⇒オーストリア‐ハンガリーの崩壊の見込みに驚いて、フランツ・ヨゼフ皇帝は親書で1914年10月上旬にセルビアへの3回目の侵入を承認した。ボスニアへのセルビアの侵攻を撃退したばかりのオーストリア‐ハンガリー軍は、冬が始まる前に最後の侵攻のため(軍隊を)再編成し、配置した。ポチオレクは再びオーストリア‐ハンガリー軍を担当し、オーストリア‐ハンガリー第6方面軍の指揮を任された。

>The Austro-Hungarian 5th Army ~ before the onset of winter."
⇒オーストリア‐ハンガリー第5方面軍は、リボリウス・リッター・フォン・フランクによって指揮された。オーストリア‐ハンガリー軍の動員可能な軍隊は、合計で450,000人であった。セルビア軍では、400,000人の兵士がオーストリア‐ハンガリー軍の進軍に立ち向かう準備を整えていた。 ポチオレクは自信を持って登場した。「第5、第6方面軍の兵士たちよ」と彼は言った。「この戦争の目標 ― 敵の完全な破壊 ― は、ほぼ目前である。3か月の野戦は、あらかた終った。冬の始まる前に敵の最後の抵抗を破壊せねばならぬ」。

投稿日時 - 2019-02-03 11:07:33

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-02-04 03:18:45

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)