こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「招提」という地方自治体は公的に存在するのか?

大阪府枚方市招提という場所について、「招提」という自治体は、公的に存在するのでしょうか?

「招提の自治権が~~(どうのこうの)」

という奴がいるのですが、

そもそも、大阪府枚方市の招提という場所について、「招提」という自治体は、地方自治法などの法律や、若しくは、条例などにおいて、存在が公的に認められているのでしょうか?

この場所においては、「枚方市」が地方自治体の最小の単位ではないのでしょうか?

そいつは前に、「戦国時代の一時期に、招提は、寺内町であって自治が許されていたことがある。」と、言っていました。

確かに、豊臣秀吉が台頭してくるまでの、40年ぐらいの間は、そうだったみたいです。

しかし、今言っているのは、現代の話です。

「招提の自治権が~~(どうのこうの)」

とほざく奴がいて、うっとうしいのですが、

そもそも、大阪府枚方市の招提という場所について、

「招提」という自治体は、法律や条例などといったような公的な観点から考えて、公的に存在しているものなのかどうかを、教えてください。

投稿日時 - 2019-01-30 10:09:56

QNo.9582874

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

「公的に存在するのか?」仰る意味が分かりません。地図を見て見ますと、招提大谷、招提北町、招提中町、など地名としてあります。この地の統括自治体は枚方市であるから、公的に存在する。と言えます。

投稿日時 - 2019-01-30 10:21:07

お礼

御回答ありがとうございました。

存在するのは、「枚方市」と「大阪府」という自治体だけだと思います。

将来的には、「北河内~」という自治体もできるかもしれません。

「招提」などという自治体は、存在しないと思います。

本州の真ん中の“北河内”の「枚方市」の中に、勝手に「招提」などという自治体をつくって、独立させるのは、イスラム国どころではないレベルに変すぎると思います。

投稿日時 - 2019-01-30 15:26:54

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

かつては大阪府北河内郡に「招堤村」が存在していたのは確かのようです。現在でいうところの枚方市の招堤と名前の付く各町がおおむね村域にあたります。

地方公共団体というか、近代の「村」として成立していたのは1889年から1935年までのことです。
招堤村は牧野村(現在の枚方市の御殿山駅・牧野駅周辺)と合併して殿山町、その殿山町は山田、樟葉、川越・蹉跎の各村と合併して、枚方町(のちに市制を取って枚方市、その後津田町を合併)となりました。

つまり、「議会」を持つような地方公共団体としての招堤村は現在は存在しません。
ただし、招堤という地域において「自治会」が形成されているのであれば、町内会レベルでの自治は存在している可能性はあります。

投稿日時 - 2019-01-30 10:44:10

お礼

御回答ありがとうございました。

昔に、1889年(帝国憲法発布の年)~1935年の間、内務省の監督のもとに、大阪府北河内郡に「招提村」という村が存在したのですね。

招提村は、お金も人材もなさそうですが、その時代であれば、内務省が監督していたので全然心配なかったと思います。

現在は、枚方市という自治体が最小単位だと思います。

投稿日時 - 2019-01-30 15:32:11

あなたにオススメの質問