こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

昔は青酸カリはどう扱われていたのでしょう?

現在、青酸カリが送りつけられる事件が発生しているというニュースを見て、「これは、多分出所が限られるだろうから、怪しい人物はいずれ絞り込まれるだろうな」と考えていて、ハッとしました。

30数年前に私が知識不足でうっかりしたことを口にして恥をかいた記憶が蘇ったためです。

当時、高校生だった私は書店で購入した家庭でも出来る七宝焼の技法解説の本で見つけた銅板をメッキする技法を試したくなり、薬局に行って、本に書いてあった通りに「シアン化カリウムとシアン化金カリが欲しいんですが…」と言ったところ、薬局のおばさんに「そんなものを売れるわけないでしょう!」と言われて「なんで?!」と衝撃を受けました。

家庭でも出来ると紹介されていた技法のための材料として初心者向けの市販の本に載っていた薬品を買おうとしただけで「何てことを言い出す子なんだろう」という目で見られるとは夢にも思っていなかったからです。

多分、その時点で、その本は発売から何年も経ってしまっていたのだろうとは思いますが、他にも、当時読んだコメディータッチのコミックで、ノイローゼ気味になった先生が生徒に「青酸カリを飲んだらどのくらい苦しいんだろうな?」と尋ねると生徒が理科室にあった青酸カリのビンを手に持って「血液中のヘモグロビンと…」とサラッと解説するシーンも描かれていたので、当時は一般人でも比較的簡単に青酸カリを手に入れられる時代から現代のような厳重に管理される時代への過渡期だったんだろうと思います。

実際、その頃、父の知人が化学薬品関連の仕事をしていたのでその方に「こういう訳で薬局で手に入らなくて」と話したところ、「分けてあげてもいいけど、使い終わったら普通に捨てると大変なことになるから業者に依頼して処理することになるけど、薬品代と合わせて何万円もかかるよ」と言われて金銭的な理由だけで諦めたという経緯もありましたので、廃棄法は厳しく定められてはいても一般人の入手自体は違法ではなかったのだと思います。

かつては青酸カリは殺鼠剤としても一般家庭で使われていたと聞きますし、私が読んだ七宝焼の本には処理方法に規定があることも書かれていませんでしたので、昔は普通に流し台から排水してしまっても良かった時代もあったのではないかと私は考えていますが、そうではないのでしょうか?

もし、昔は青酸カリの購入も廃棄も規制がなかったとすると、私が薬局で白い目で見られたり父の知人から処理方法について説明されるような時代になるまでに何か事件でもあって規制が強化されたのかなと思うのですが、いつ頃、何がきっかけで、どのような順序でシアン系の薬品は一般人が簡単に扱えないものへと移り変わって行ったのでしょう?

経緯をご存知の方がいらっしゃいましたらご教示いただきたく、どうかよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2019-01-30 22:06:42

QNo.9583042

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

●昔々は、明治から大正の頃には、ネズミ退治等では”使われていた様ですが。
●実はネズミでもゴキブリでも団子に”混ぜ込むとか、害虫退治には、便利だったと色々な話を、聞いています。

●現代では、化学も科学も進歩しているので、不要な事でしょう、取り扱いには、万全の注意が必要ですし”手袋して取り扱い化学的知識と、危険物取り扱う素養と知識が、確実に必要なことでしょう。

◎遅効性なら、ヒ素であり、速効性なら”青酸カリ程度だけで”十分な事です。
●薬にも、毒にも成り得る”重要な成分であると、言えるのでしょう。
➡それは、◇◇大学病院または薬剤メーカー研究所等では希少な”成分粒子。

※現実に”実は、日本でも”精製している必要が、あるからでしょう。※

●投稿者様自身が単純に”好奇心程度でしたら”青酸カリ・・・TVドラマ等か、小説もどきで”たまたま使用されているので毒物と言う認識だけでは、なくて
”実は、新薬生成時の重要な”化学薬品の一つ:つまり、人間が”数ミリg程度を”口から、飲み込むと”胃袋の胃酸に溶けだすと”青酸ガスを発生させて。

➡”口から、白い?泡(あわ)状等を、炭酸ガスを吹きだして、人として呼吸困難に陥り・のたうち回る・・・やがて、死に至る可能性が高くて”大危険です。!

●TV(テレビ)ドラマ等での、”毒薬盛られたと・・・言う”俳優たちの”演技でしか、あり得ませんでしょう。・・・TVの見過ぎでもないでしょうが。

●あまり”化学者専門的な”アカディミックな”素地があられるなら”まだしも最低限”化学知識+化学的有用性+青酸関係の有効利用等は、投稿者様が”化学者を、目指して、どうぞ”ご自身で”勉強なり研究なり、幾らでもされたら宜しい事で、”漫然と”外部の見ず知らずの方々へ問いかけられるのは如何なもの”このWebサイトで聞かれても”実は誰もが、”ハタと”エッ!と困惑をされるだけでしょう。

◎本当に、ただただ、ビックリを致しました。・・・

●”そう言う化学薬品が、現実に社会には存在していますし、有る・・それだけで十分な事ですし、それ以上でも、それ以下でも無いし一般的な普通人には、無用な知識でしょうし、この度の事件云々等とは関係なくて無用であり、全然、無関心でも良い事でしょう。
***  +++  ***

投稿日時 - 2019-01-31 01:39:46

補足

例えば、私は若い頃には写真の現像液を使った後には特に問題なく流し台から廃棄することが可能でしたが、現在はそのようなことは違法です。
現像液は銀塩写真を趣味にする者でしたら今でも普通に必要なもので、いつの間にか規制が厳しくなったことには何かしらの経緯があります。

青酸カリは七宝焼きを趣味にする者なら特に問題なく購入できたはずですが、現在は町の薬局に行っても購入できません。
青酸カリは現在も七宝焼きの素材をメッキしたいと思えば普通に必要になるものですので、同じく、いつの間にか規制が厳しくなったことには何かしらの経緯があります。

そういった歴史を知りたいと思うことは特に反社会的なことではなく、こういった場で、社会問題について知識の深い方に経緯をご教示頂くことはごく普通のことであるとご理解下さい。

投稿日時 - 2019-01-31 10:41:38

お礼

ご回答ありがとうございます。
お伺いした趣旨をご理解いただいていないようです。

私は数10年前に一般人として普通に必要なものとして購入しようとしたのに、いつの間にか社会が変わっていたようなのでその歴史の流れを知りたいと思っております。

投稿日時 - 2019-01-31 10:21:52

ANo.2

 青酸カリ(シアン化カリウム【分子式KCN】)は猛毒物質として殺人事件で多用されて来た化学物質です。有名な事件としては、グリコ・森永事件で、お菓子に青酸ナトリウムを混入させて菓子メーカーを脅し、莫大なお金を奪おうとしましたが、お金の取り引きがうまく進まず、犯人逮捕に至らないまま未解決事件になっています。

 青酸カリはメッキ工場で大量に使われる化学物質なので、手に入りにくいわけではありませんが、猛毒としても知られています。服毒すると、舌に激しい痙攣を起こして絶命すると聞いています。身体中の皮膚に赤斑が出来るとか、症状に特徴が多い毒物としても有名です。

 推理ドラマやサスペンス映画では定番になっている毒物で、コーヒーに入れて飲ませるやり方が多いようです。実際には、青酸カリよりも毒性が強い毒物はたくさんあって、眠るように死ぬので毒殺だとわからない化学物質もありますし、心筋梗塞そっくりの症状が出る化学物質など、病死と紛らわしい症状が出る毒物も数多くあります。青酸カリはメディア宣伝しやすい化学物質なので、マスコミを操って目的を達成する犯罪で使われる事が多いようです。

参考URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/シアン化カリウム

投稿日時 - 2019-01-30 23:28:38

お礼

ありがとうございます。 はい、ご投稿いただいたいた件については存じております。
せっかくご回答頂いたところ、変化があった時期や経緯や昔の取り扱われ方についてのご回答のように思えないのですが…?

投稿日時 - 2019-01-30 23:35:10

ANo.1

薬剤メーカー及び、化学成分として、カルボン酸”精製時の重要な要因です。

投稿日時 - 2019-01-30 23:18:13

お礼

ご投稿ありがとうございます。せっかくご回答頂いたところ、時期や経緯についてのご回答のように思えないのですが…?

投稿日時 - 2019-01-30 23:25:13

あなたにオススメの質問