こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

源泉徴収税額が1,500万円以上 の会社規模

就労ビザ「技術・人文知識・国際業務」取得の際に、就業する先の会社の規模・種類によって4カテゴリが存在します。
この1番目な上場企業などですが、2番目で「源泉徴収税額が1,500万円以上」の会社などのカテゴリがあります。これは、イメージとしてどれくらいの会社になりますでしょうか。給与水準や従業員数などによって変わるのだろうとは思いますが。
参考:http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri07_00093.html

投稿日時 - 2019-01-31 23:55:39

QNo.9583386

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

こんにちは
合計表の源泉徴収税額ということは年末調整後なので、私の目から見るとかなり大きい会社と思います。
うちは地方の会計事務所ですが、多くのお客様(従業員10名程度の中小零細企業が主)の合計表に書く源泉徴収税額は10万円を超えないところが多いです。

ちなみにざっくり平均年収500万円、所得税率の平均が10%、各種控除(社保、生保の控除、配偶者控除、基礎控除)の平均が100万円の会社を想定すると、
の会社でしたら、
一人当たりの各種控除後の所得が246万円
源泉税額はざっくり10%の24万6千円

1500万円÷24万6千円=約61人

あっ、都会だとそれほど大きな会社でもないか^^;;;

ご参考になれば

投稿日時 - 2019-02-01 09:09:18

あなたにオススメの質問