こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

写真のステレオミニプラグの使い方

写真のステレオミニプラグの使い方

このステレオミニプラグの使い道がわかりません。bluetoothヘッドホンに付属していたものですが、どのように使うのでしょうか。

片側に3極のステレオミニプラグオスの赤と緑の色のついたものが、それらを束ねるようにメスに繋がっています。信号の流れなどわからないので混線してしまうのが心配です。

デスクトップの裏面をみると同じような緑と赤の出入力の端子がありますが、何か関係があるのでしょうか。
回答お願いします。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2019-02-01 18:28:22

QNo.9583559

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>bluetoothヘッドホンに付属していたものですが、どのように使うのでしょうか。

そのbluetoothヘッドホンは、
・イヤホンマイクとして利用することも可能
・有線で機器とつなぐことも可能
といった製品ですよね。

スマホ用の(有線)イヤホンマイクは一般的に、4極のミニプラグがついています。
4極の働きは、接地・音声(L)・音声(R)・マイクとなっていて、1本差し込むだけで、ヘッドホン側のマイクで通話(マイクで話し、イヤホンから聞く)ことができるようになっています。

しかしパソコンには歴史的に、この4極端子はほとんどついていません。
スピーカー再生用のライン出力(緑、ステレオ)と、マイク入力用(ピンク、モノラル)の端子が分かれてついているものが一般的です。

ですので、そのBluetoothイヤホンを、パソコンの通話でも利用可能にするものが、その変換コードなんです。
Bluetoothイヤホンに、付属の4極コードをつけ、さらにこのアダプタで分岐して、パソコンの緑とピンクの端子にそれぞれ接続する。
そうすると、パソコン上の通話ソフト(Skype等)によって、イヤホンマイクを通じて使用できるようになる、というわけなのです。

----

しかし、パソコンにBluetooth機能がついているならば、また話は別です。
わざわざそんなコードと分岐アダプタを使用しなくても、Bluetoothペアリングすれば、イヤホンマイクとして使えます。

そのコードは、どうしても有線でしかつなげないパソコンで、そのBluetoothヘッドホンをイヤホンマイクとして使いたい、という場合にのみ、必要になるものです。
そんな場面がなければ、そのまましまっといて構いません。

投稿日時 - 2019-02-01 21:30:28

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

PCの前面か、背面、同じ色で良いですが
パソコンのオーディオ設定で変えてある事も有り、マイク・音が機能しない時も有ります
緑色・ヘッドホン、ピンク・マイク
そこのメスへヘッドセットからの線を差し込み、もう1本コードが有れば良いですが

引用参考
Amazon
オーディオ変換ケーブル
https://www.amazon.co.jp/dp/B0722GQ9MY/ref=sspa_dk_detail_4?psc=1&pd_rd_i=B0722GQ9MY&pd_rd_w=Ql0ec&pf_rd_p=35261a28-eed5-46a8-9369-308fa0c478f8&pd_rd_wg=8nLbz&pf_rd_r=S0MGS2MRA4PH4D08PSRS&pd_rd_r=902c1f0c-2615-11e9-8bb4-3f81336e79c1

投稿日時 - 2019-02-01 20:53:58

ANo.1

4極→オーディオ&マイク分岐ですね。

ヘッドホンというか、ヘッドセット(マイクあり)ではないですか?
PCなどのラインアウトとマイクインにそれぞれ接続すると、有線のヘッドセットとして使えるのでは?

投稿日時 - 2019-02-01 20:34:54

あなたにオススメの質問