こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

時代とともに変化するビジネスモデル。

時代とともに変化するビジネスモデル。

少子化社会、高齢化社会、人口減少社会。

これからの人口減少時代に適用して変化していた、しているビジネス例を教えてください。

どう変化しましたか?

ちなみに衰退のエピソード、ビジネスモデルは要りません。

人口減少社会になることで成長、発展している人口減少を好意的に捉えているビジネスを教えてください。

投稿日時 - 2019-02-06 18:51:58

QNo.9585264

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

うんうん、日本の人口が減っているという観点でビジネス的な変化はたくさんあると思います。
その一つが「シェアリングエコノミー」「サービス享受型」「サブスクリション」と言われるビジネスモデルですね。
これは、最近でもあのTOYOTAも本格的な月額で車を乗るサービスを始めたことからもわかる様に、人口が減った今、車を作る担い手も少なくなり、車を高額で購入するという人も少なくなり、減る一方の状態が見えておりました。
そこで、月額を払って車のサービスを受けるという考えにすると、車を作りつづけなくてよい、車をもつ方もサービスをいつでも辞められるというメリットがうまれます。最近ではラーメン屋でも月額食べ放題なんてものも出てますよね?

投稿日時 - 2019-02-06 19:35:03

お礼

みんなありがとう

投稿日時 - 2019-02-07 12:06:21

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

世界で一番古い商売。

昭和33年に禁止法。
旅館からT風呂に商売替え増える。
名称がT風呂から石鹸に変更。
デリバリーや女性向けなどの各種サービスができてるらしい。
浜の真砂は尽きるとも世に好色の種は尽きまじ。

投稿日時 - 2019-02-07 12:18:16

ANo.6

ネット通販がそうだといいたいところだが、配達する運転手の人件費が割に合わなくなるのは確実で何とも言い難い。

投稿日時 - 2019-02-07 09:12:24

典型的なのが、都市部の百貨店やヨドバシ、ビックカメラなど。

一時は中国人観光客の爆買いばかりになったが、中華人民共和国の景気の失速により、誰もいなくなった。
あとインバウンド関連。
もう途上国の中国と韓国人、タイ人、インドネシア人頼り。

投稿日時 - 2019-02-06 21:41:37

今現在ある商売はみんなそうだが。

投稿日時 - 2019-02-06 20:19:02

ANo.2

不妊治療
ロボット
AI

投稿日時 - 2019-02-06 19:25:39

介護・福祉の現場は常にそうじゃないでしょうか?

投稿日時 - 2019-02-06 19:08:14

あなたにオススメの質問