こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

実家が商売をする家庭の子供の就職率は

生まれた時から実家が商家の人はよその会社への就職率は少ないですか? 後継ぎはもちろんいる家だとします。子供は数人います。なぜかというと内容にもよりますが、商売をしている家の子供たちが、よその会社へ新卒で就職という話をなかなか聞かないからです。どのような感じなのでしょうか。教えて下さい。

投稿日時 - 2019-02-08 05:43:04

QNo.9585714

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

以前は、実家が商家であるならば学校を出て、そのまま実家の商売を継ぐ、というのが一般的でした。しかし、最近では学校を出てから一旦他社や異業種などに就職して、それから実家に帰って来て商売を継ぐ、というケースが増えています。

投稿日時 - 2019-02-08 07:31:50

お礼

やはりそういう感じなのですね。一度は外へ出るのですね。ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-02-08 20:58:13

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

旧家のような伝統を受け継ぐ家柄は別として一般的な商家の経営者は、継いでくれる事を期待しながらも昔とは違い子供の心情に任せようとする人が多くなってきています。
そのような中で人生の受け皿として実家を考えている人を含め、実家事業を継ぎたいと考える人が結果として多くいるということでしょうね。

投稿日時 - 2019-02-08 22:38:29

お礼

最近ではそうなのですね。ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-02-09 17:07:52

ANo.2

小さな家族経営の工場の多い地区でそだちましたので自営業の友人が
よくいましたし、家に遊びに行くと親が仕事の合間にどもの相手をしたりしたこともありましたが
学校を出ると一度は就職することのほうが多いです、よほど家業の仕事の
人手不足ですぐに人が必要であればそのまま稼業に付くこともありますが一度はよその仕事をして世間を見てこいと考える親が多いとおもいます
数年でやめて家業につくことが多いですがそのまま会社にいて家業は継がないこともあり経営は順調だが後継者不足の廃業の話もあります
しかし学校もあまり行かず就職すらできなくて家業につく場合もありますが
その場合は本人や仕事の様子で察しがつきますね

投稿日時 - 2019-02-08 12:49:40

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-02-08 20:58:06

あなたにオススメの質問