こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

石油ファンヒーターと石油ストーブは違うものですか?

石油ファンヒーターと石油ストーブは違うものですか?

何が違いますか?

投稿日時 - 2019-02-08 19:00:15

QNo.9585879

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ファンヒーターは「電動のファン」で、温風を室内に吹き出すものです。
直ぐに暖かくなります。石油の他に、
電動モーター用に100ボルトの電源が必要です。

石油ストーブは、温風が出ない、昔から有るものです。

投稿日時 - 2019-02-08 19:17:32

お礼

みんなありがとう

投稿日時 - 2019-02-08 19:33:23

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

石油ファンヒーター
●コンセントからの電源が必要
●室温を設定すれば自動で火力を調整して希望の室温にしてくれる
●点火までに時間が必要

石油ストーブ
●電源が不要
●火力は手動で調整する
●自然体流の暖房なので体に優しい


簡単に言うと、石油ファンヒーターは石油ストーブの背後に扇風機を置いてる感じ

灯油を燃焼させた時の熱をファンで強制的に前面に吹き出させるのが石油ファンヒーター

だから石油ファンヒーターにはファンを動作させる為に電源が必用になる

投稿日時 - 2019-02-08 19:39:17

ANo.5

石油ストーブは石油を燃焼されるだけです
石油ファンヒーターは石油を燃焼させてそのエネルギーで
得た熱を送風ファンによって排出し暖をとるもの
送風ファンは電気で送風するので電化製品になります。

投稿日時 - 2019-02-08 19:33:30

ANo.4

大きな意味での石油ストーブの中の一つのカテゴリーとして石油ファンヒーターがあるという認識で良いでしょう。同じように石油ストーブのカテゴリーの一つとしてFF式のヒータも含まれると思います。

一般的には石油ストーブというと電源を必要としない物を指す場合が多いですが、大きな部屋や寒冷地など使われる電源を使用するタイプの石油を燃料とする霧化式の大出力の物(山小屋ストーブとか呼ばれるタイプ)などはストーブと呼ばれる場合が多いですよねぇ。多くの場合、こうしたストーブも送風機を備えているのでファンヒーター呼ぶべきかもしれませんが、ストーブと呼ばれることの方が多いでしょう。まぁ、もともとSTOVEの意味は暖房器具だけでなく調理用のコンロのような役割の物も含んだ熱器具の事なので、大分類としてのストーブ・その下のカテゴリーとしてのファンヒーターやFFヒーターなどというのが適当でしょう。今でも洋食の調理の場ではコンロをストーブと呼んだりしますよね。フランス料理の焼き物担当者はストーブ前とか言われますでしょ。まぁ、違うと言えば違いますけど大きな分類では同じものと言っても間違いではないでしょう。

役割の名前としてのストーブと方式の名前としてのファンヒーターというところでしょう。

投稿日時 - 2019-02-08 19:28:48

それぞれを検索比較すればいい

投稿日時 - 2019-02-08 19:26:09

ANo.2

ファンヒーターは温風で暖める、ざっくり言えばエアコンのような風。
ストーブは燃焼させるだけでたき火みたいなもの。

投稿日時 - 2019-02-08 19:19:47

あなたにオススメの質問