こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

pKa9.2pH12溶解度0.5pH4.2の溶解度

1価の弱塩基性薬物(pKa=9.2)のpH12.0水溶液中での溶解度は0.5μg/mLであった。この薬物のpH4.2における溶解度(mg/mL)はいくらになりますか?
ただし、イオン形は完全に溶解するものとします。

途中の計算の過程の解説もよろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-02-09 00:25:52

QNo.9585949

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

1価の弱塩基性薬物を「B」、その式量を W とします。
HB^+ ⇔ H^+ + B :pKa=9.2
物質収支:[B]+[HB^+]=s(M)、(溶解度)
質量作用則:[H^+][B]/[HB^+]=Ka=10^(-9.2)
2式から [B]=s*Ka/([H^+]+Ka) ト表せるから s=[B]*([H^+]+Ka)/Ka。
分子形 B が飽和した状態では [B] は一定だから此れを S° (真の溶解度) とします。S° は溶液のpHとは無関係な温度にのみ依存する定数です。
s=S°*([H^+]+Ka)/Ka
pH=12.0 では [H^+]=10^(-12.0)、s=0.5/W (mM) です。
すると S°=s*Ka/([H^+]+Ka)≒0.5/W (mM)。
pH=4.2 では [H^+]=10^(-4.2)、 s=S°*([H^+]+Ka)/Ka≒(0.5/W)*10^5=5.0*10^4/W (mM)
溶解度は s*W=5.0*10^4 (mg/L)=50 (mg/mL)

投稿日時 - 2019-02-09 12:13:54

お礼

途中の過程の計算も詳しく説明してくださり、納得することができました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-02-12 11:30:44

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問