こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

古典翻訳:君主が臣下に意見を求める時の心得

But he should be free in asking advice, and afterwards as regards the matters on which he has asked it, a patient hearer of the truth, and even displeased should he perceive that any one, from whatever motive, keeps it back.
https://en.wikisource.org/wiki/The_Prince_(Hill_Thomson)/Chapter_XXIII

拙訳「しかし、君主は臣下に何事も自由に意見を求め、答えられた事には、事実を丹念に聞く者であるべきだ。そして、理由は何であれ、言いよどむ者には不快感すら示さなくてはならない。」
(*君主と臣下は原文にありませんけど、文脈からしてそうだし入れた方が自然に感じたので入れてみました。)

これを、いかにも「古文を翻訳しました。」と言わんばかしのカッコイイ翻訳文に翻訳できる方がいましたら、教えてください。 

理想的には、文語調?口語調? 前回は、文語調をBAにしましたけど、必ずしも文語調でもないような気がして迷っています。

質問は、1週間後の2月16日まで開いておきます。よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2019-02-09 11:01:09

QNo.9586046

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 バナナ売り調

 でも王様ってのはさ、前もって楽に物が言えるように気いつけて、下々の考えを聞いとかなくっちゃあいけねえな。

 そして後になってさ、聞いたことについて、本当のところを辛抱強く聞かなくちゃあなんねえ。で何かの事情でもってさ、

 腹を割って打ち明けてなかったことが知れたらさ、腹ぐれえ立てたっていいんじゃねえかい。(こういうのをゲキリンにさわるってんだ。どや。)

 (「必ずしも文語調でもないような気がして迷っています。」とおっしゃいましたので)

投稿日時 - 2019-02-10 08:35:03

お礼

お忙しい中、ご回答ありがとうございます。

実は、もしかして回答者さんって英語の方が文章力あるんじゃ、、、と今まで心の底で思っていましたが、、、実は普通に日本語の文章力もすごかったんですね!!!

私には文章力がないので、翻訳家を目指せるわけもなく、英語はもっぱら読んで楽しむものですが、こんな翻訳例があって自分にも書けたらなと思うと、夢が広がります。

寅さん声で脳内再生して聞いてみました。 思えば翻訳物の文章で人情味あふれる、こんな文章に出会ったことがありません。誰か、こういう文体で海外の古典を翻訳してくれたらいいのに、と思いました。(市販されているのは睡眠効果がある翻訳文ばっかなので、、、英語で読んだ方がましです。)

投稿日時 - 2019-02-11 05:08:03

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

「お礼コメント」を拝見しました。

>素晴らしい文才ですね!
⇒おもはゆいような、恥ずかしいような…。しかし、お褒めくださり、ありがとうございます。しかも、優秀なlived in room13さんのお言葉とあれば、格別嬉しいです。

lived in room13さんのご質問は面白いのです。回答を考えることで、「心の快楽」を与えてもらっている感じです。こういうのは、精神衛生上いいですね。特に、国会中継を見て落ち込んだ後などでは、心が洗われる思いです! ある種、カタルシスさえ覚えます。

さて、あまり変りませんが、前便の私の訳文を再校してみました。
「されど、君主がひとたび臣下に忠言を求めしのちは、求めに応じて具申されたる事柄を辛抱強く真摯にお受け止めなされますよう。また、いかなる動機かによらず、返答を押し隠されるような折には、それを躊躇なくお諌めなされますよう願わしゅうございます。」

投稿日時 - 2019-02-13 10:12:12

お礼

お忙しい中、再度ありがとうございます。

英語遊びが大好きで、いつもしょうもない質問を立ててしまってすいません。楽しんでいただけているなら、助かります。

やはり、きれいな翻訳文ですね、ふと昔あまりにもきれいな文体で書かれていた翻訳本があり、一体もともとはどんな英語表現だったのだろうと英語現本を買って、あまりにも平凡な英語表現でガッカリした記憶がよみがえってきました。

また今後ともよろしくお願いします。m(__)m

投稿日時 - 2019-02-14 13:18:13

> 後出しジャンケンの何番目になりますか?

この種の設問では、なるべく後から回答する方がBAに近づきやすくなるという、ごく普通の意味でございます。m(_ _)m

投稿日時 - 2019-02-10 12:42:33

お礼

お忙しい中、どうもありがとうございます。

そう言う事でしたか! 後出しジャンケンというよりも、質問者の理不尽な独断と偏見に満ちた選び方にはなります。

まあ、もともと正解なんてないない質問ですので、その辺はご了承くださいm(__)m

投稿日時 - 2019-02-11 18:08:25

ANo.3

お示しのリンクにアクセスして前後を見たいと思いましたが、Chapter_XXIIIが開けませんでした。前回ご質問の際、Chapter_XIIは開けました(回答しませんでした)が、なぜか今回は開けません。なぜでしょうね?…
ということで、前後の文脈は分からないままですが、以下のとおりお答えします。

(私の訳文)
「されど、ひとたび君主が臣下に忠言を求めたるのちは、求めに応じて具申されたる事柄は辛抱強く真摯にお受け止めなされますように。また、いかなる動機によっても、返答を押し隠されるような折には、それを躊躇なくお諌めなされますように(願わしうございます)。」

投稿日時 - 2019-02-09 22:26:22

お礼

お忙しい中ご回答ありがとうございます。

流石です! 時代劇で聞くカッコイイことばのオンパレードで、これぞ、古典の醍醐味という感じです! 素晴らしい文才ですね! 普段このカテにある質問が、「(とりあえず意味が分かるように)和訳してください。」という質問ばかりですので、皆さんとりあえず意味が伝わる文章しか書きませんので回答者さんの文才にも今まで気づかずにおりました。m(__)m

いやあ、本当に能ある鷹は爪を隠すってやつですね。

どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2019-02-11 04:48:32

No. 1を一部修正:

しかし君主たる者は -->> されど君主たる者は
内容が真実であると思われる回答 -->> 内容が真実であると思しき回答

投稿日時 - 2019-02-09 21:09:39

お礼

了解いたしました。

つなげますと、こうなりました。

されど君主たる者は臣下に対して_率直に_意見を求め、内容が真実であると思しき回答には忍耐強く耳を傾ける一方で、いかなる理由があろうとも_真実を隠蔽せんとする_者に対しては不快感を抱くほどでなければならない。

同じ英文でも訳す人によってだいぶ味が変わりますね。

回答者さんの質問を見なかったら、こんな事思いつきもしませんでした。どうもありがとうございます。m(__)m

投稿日時 - 2019-02-10 12:28:02

後出しジャンケンの何番目になりますか?

しかし君主たる者は臣下に対して_率直に_意見を求め、内容が真実であると思われる回答には忍耐強く耳を傾ける一方で、いかなる理由があろうとも_真実を隠蔽せんとする_者に対しては不快感を抱くほどでなければならない。

投稿日時 - 2019-02-09 19:41:38

お礼

どうもお忙しい中ありがとうございます。

>後出しジャンケンの何番目になりますか?

意味が分かっているのに、翻訳文にこだわる質問が、回答者さんのパクリって事??(その通りですが) でもそれは後だしジャンケンって言わないような??

とりあえず、英語カテの住人だけで楽しめるよう、足切りの為にある程度複雑な文章を選んでいます。(笑)

翻訳文の方に関しましては、 patientは、私が訳した「丹念に」よりも、「忍耐強く」のほうがいい感じがしますね。流石です。m(__)m

投稿日時 - 2019-02-10 11:43:12

あなたにオススメの質問