こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

子宮頸がんや子宮内膜症の検査

子宮頸がんの診察案内が届いているのですが、
性行為の感染から発祥するとの事で
私は処女なので受ける必要がないのかなと思っております...。

ですが最近生理になると物凄い眠気と
動けなくなるような激痛に見舞われる事があります。
昔は全く痛みなどなかったのですが20代に入り痛くなり出しました。

これは「子宮頸がん」ではなく「子宮内膜症」の検査で
産婦人科に行くべきなのでしょうか?

20代前半です。
恥かしながら全然わからないので教えていただけると嬉しいです。

投稿日時 - 2019-02-09 13:11:09

QNo.9586068

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

若い女性が婦人科検診を受けるのは抵抗がありますよね。
でも、病気を早期発見する為にも検診はとても大切です。
病気は年齢に関係なくかかります。体調に不安を感じているのですから検診を受けたほうがいいですよ。
受付時に症状を伝えどの検査を受けたらいいのか尋ねれば教えてもらえます。
プロにお任せするほうが安心ですよ。

投稿日時 - 2019-02-18 03:38:56

お礼

おそくなりました。回答ありがとうございます。
健康診断で子宮頸がんの検査は必要ないと言われたので
子宮内膜症かどうかの相談でまた婦人科に行って見たいと思います。

投稿日時 - 2019-06-02 00:31:50

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

こんにちは

検査受けられたほうがいいと思います。

下記のサイトご参照ください。
http://www.jecie.jp/students/

知人でチョコレート嚢胞だった人がいますが
手術を待っている間にほかの病気(がん)も併発してしまいました。

早めにいかれたほうがいいと思います。

https://medicalnote.jp/diseases/%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E5%9A%A2%E8%83%9E

投稿日時 - 2019-02-09 17:05:09

貴女の体を守れるのは医者でもなく親でもなく貴女自身の自覚だけやよ。
大人の女性になったのであれば、子宮系の病気と乳ガンの検診には時間を作って毎年検査に行くことやわ。

私は昨年26歳で結婚したけど大学時代から妹と母と一緒に女性特有の病気に関しての検査は毎年欠かさずに行きました。
今年も必ず行きます。

テレビで貴女のような若い女性が乳ガンや子宮ガンになったりして毎年検査に行かなかった為にお亡くなりになっていることが報道されてますよね。

癌にならなくとも、子宮内膜症で日々悩んでいる女性も沢山います。貴女が処女だからというのは安易な考え方やわ。
私も結婚するまでは処女だったからね。
でも、自分の体は誰も守ってはくれないし、見つかったときには手遅れの時もあるのよね。

歌手の松浦亜弥さんが子宮内膜症で長い間闘病をしてご主人の献身的な応援があって克服して結婚して子供を二人授かったのは有名な話です。

女性にしか分からないことなのだから、貴女も一人の大人の女性として自分の体のメンテナンスにはお金と時間は使うべきですよ。

ちょっとでも可笑しいなと思ったら必ず病院に行き自分が納得出来る回答を貰うようにすべきやよ。

子宮内膜症でも重度になると妊娠できなくなることもあるんやからね。女として子供を産めなくなる辛さは誰にも理解してもらえないと思うのよね。だからこそ、今から自分の体をしっかりメンテナンスして何時でも結婚できる態勢にしておくべき。

好きな人が出来ても直ぐには体の関係を持たないことも体には大事だよ。

投稿日時 - 2019-02-09 16:45:53

ANo.1

早めに婦人科へ受診をオススメします。

子宮内膜症は処女でもなります。
酷い生理痛は子宮内膜症の症状のひとつです。
昔は中年女性の病気とか妊娠すれば治るとか言われていましたが、近年は10代20代の若い患者も増えています。

また、子宮内膜症や子宮筋腫などで経血の量が増え貧血になると眠気に襲われますし、そのまま放置すると不妊症はもちろん心臓にも負担がかかります。
子宮内膜が卵巣はもちろん胃や肺、腹膜などにも癒着し、呼吸困難や腹膜炎で危険な状態になることもありますし、ガン化の危険性もあります。

完治は閉経までしません。
妊娠を望まないのならば手術で卵巣と子宮を切除するのが1番手っ取り早い治療法です。
例え手術で癒着部分を排除しても生理がある限り再発します。

ピルなどの投与による治療が主流ですが、完全に治るということはやはり閉経までありません。
病巣を小さくする、症状を軽くするための治療となります。
妊娠も症状の進行が止まるだけです。

症状が軽いうちに治療を始めると手術とか高額のホルモン注射とかにはなりません。

投稿日時 - 2019-02-09 13:58:02

あなたにオススメの質問