こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

なぜウイルスはツルツルしたものに付着したら長生きか

テレビで、インフルエンザウイルスは、布などに付着したものは8時間程度で死滅するが、ドアノブやペンなどのツルツルしたものに付着したものは24-48時間たってから死滅すると言ってました。
なぜ、ウイルスは、「ツルツル」したものに付着したら「長生き」するのでしょうか?

投稿日時 - 2019-02-09 17:27:45

QNo.9586140

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

まず、ウイルスは死にません。なぜなら生きてないから。
伝染力を失うことを指して死ぬと言ってるんだと思います。

インフルエンザウイルスなど、多くのウイルスでは、細胞膜のような脂質の膜で覆われており、これが壊れると感染力を失います。油系の膜なので、アルコールや石けんで壊れますので、アルコール消毒や石けん手洗いが有効と言われる理由です。
布などに長時間触れていると、この油の膜が破れるんでしょう。
つるつるしたものだと、壊れる理由が無い。

投稿日時 - 2019-02-09 23:51:13

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問