こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

証拠の出し方

本人訴訟の原告です。
原告提出証拠を【甲】、被告提出証拠を【乙】とします。
被告は弁護士が代理人ですが、被告が準備書面で提出する証拠の中に、原告が提出した証拠【甲】と同じもの(同一書面)を【乙】として提出してきます。
私は準備書面で、「【乙】の通り・・・は明らかである」などと【乙】を証拠として引用し、主張しています。
この方法はおかしいですか。
【乙】と同じ証拠と同じ書面(証拠)を【甲】として提出する必要がありますか。

投稿日時 - 2019-02-09 17:34:01

QNo.9586143

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

準備書面に書くときは(仮に、「甲1」と「乙5」とが同じ文書だとします。)、
(1)「甲1(乙5)」
(2)「甲1」
(3)「乙5」
のどれでもよいですが、(1)か(2)でしょうね。
まずは自分(原告)が出した書証(甲号証)を優先した方がよいでしょう。

投稿日時 - 2019-02-10 20:03:08

どちらの当事者が提出したかにかかわらず、訴訟においては、「証拠共通の原則」がありますので、問題ありません。

投稿日時 - 2019-02-10 12:39:00

お礼

明快な回答、ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-02-11 07:32:46

あなたにオススメの質問

オススメのQ&Aはありません。