こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

東大寺について

東大寺で見かけた、この金色の塔のようなものは何ですか?何か意味はありますか?

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2019-02-10 21:31:38

QNo.9586545

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>この金色の塔のようなものは何ですか?

全国の国分寺の本部である、東大寺。
この東大寺には、境内の東西に「7重の塔」が建っていました。
※通常は、5重の塔ですが東大寺・国分寺は7重。
この塔の頂点にのっていたのが、写真にある「相輪」です。
※各地の現存5重の塔頂点にも、存在します。
残念ながら、東大寺の本物は地震・戦乱によって現存していません。
現在ある相輪は、大阪万博の時に実物大で建造・展示していた東大寺7重の塔に付いていた「相輪」ですね。
塔自体は、万博終了後に解体しました。
が、「相輪」だけは東大寺に寄贈されて展示しているのです。

>何か意味はありますか?

先ず、7重の塔が現存していないので「実物の大きさを実感できる」目的ですね。
また、東大寺7重の塔復元計画が存在するので広報の意味合いもあります。

投稿日時 - 2019-02-10 22:21:20

お礼

わかりやすい説明ありがとうございます。助かりました!

投稿日時 - 2019-02-11 13:57:13

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問