こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

謝れと強要された時謝った方がいいですか?

こんな状況があったとします。

Aくんは日頃大人しい性格で、BくんはAくんによくちょっかいを出す。
もちろん、Aくんはその事を快く思っていない。
Aくんが教室を出ようとすると、B君はA君の体を抑えて(腰に抱きついて?)出さないようにする、ということをふざけてやっていた。
Aくんは行為自体も、体にベタベタ触られるのも嫌だった。
何回も何回もそれが続き、辞めて!と言うことが続いていたが、B君はふざけていて辞めない。
あるとき、AくんがいいかげんにキレてBくんを殴ってしまい、当たりどころが悪く歯が折れた。
当然親と一緒にBくん家族に謝罪にいくAくん。
幸いB君家族にはうちも悪かったのでしょう、歯も乳歯だからぐらついてたし…と言われ終わった。

私は、周囲から後日この話を聞いたのですが、Aくんと話したところ彼は親や先生にも怒られて、相当悔しかったそうです。
(親は理由はわかるが殴ってはダメ、先生からは、Bくんに頑として謝らなかったためという理由)
一体僕はどうすれば良かったのか、と泣いていました。
恐らく自分はこんなに我慢したのにと思ったのでしょう。

ちなみに親や先生は、Bくんがちょっかいを出してたことについて、子供のことだから、そうやって覚えていくもの、と掛け合わなかったのかな?とAくんの話を聞く限り思います。

ちなみに私はAくんに上手く力になる言葉をあげられませんでした。

実は私も以前「知人に威圧的な態度で攻撃されているが、周囲はそれを知らない。(プライベートなことなのでわざわざ部外者に話すのも…という状態)しかし、ある時私が徹底抗戦したところ、知人が被害者として騒ぎ、私の方が横暴な人間だと思われた」ということがあったのですが。
謝れよと知人に罵倒されたとき、ここで謝ったら、つまり「私はあなたに屈します」→また攻撃されるよなぁ、と言う思いがあり謝らなかったことがあるからです。
そのためそれを見ていた人は「自分が悪いのに謝らないヤバい人」という印象を私に持った人もいたようです。
結局全員と疎遠になりましたが。

彼の話を聞いて、久々にそんな昔の自分のことを思い出し「しかし、彼や私のような場合、どうするのが良かったのだろう?」と思うようになりました。

つまり、周囲が知らないトラブルが当人同士にのみあり、それにあがらった結果、こちらが非難されてしまう、それにたいして謝罪を求められるが、謝ったらまた自分の不利益が増すのはわかっているため謝れない、しかし周囲はそれを知らないので自分を責める、という場合、何をすればいいのか?ということです。

処世術として良かったら教えてください。

投稿日時 - 2019-02-11 03:27:37

QNo.9586661

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

まず、あなたの場合とその彼の場合は違うと思いました。

>謝れと強要された時謝った方がいいですか?

私は謝らないですね。
強要されようとしているものには屈したくないので。

ただ、強要されようがされなかろうが、自分が悪ければ謝るしそうでなければ謝らない。
それで良いのではないかと思いますね。

独りよがりで悪くないと主張するのは別ですが、客観的にも悪いところがなければ謝ることは出来ません。

仕事などでは謝る気持ちは全くないが、謝っておいた方が自分に都合が良いときがあるので、それはそれで謝ると言うよりはパフォーマンスはしますね。

あなたの例はわかりせんが、彼の例なら謝るのは良いがその前に相手が謝らなければ無理ですね。

子供の揉め事ですし、自分も子供なら謝らない。謝る必要がないから謝らないです。

それを批難する人がいれば、状況もわからずに決めつけてバカかがと思うでしょうね。

バカにどう思われても構いませんが、自分の親もバカの一員なら悲しいと思います。

Aくんを怒ることは私はどうかと思いました。善悪は押し付けるものではなくて考えて判断するものだからです。
例えばAくんの行為を法律の正義を押し付けて考えると悪になります。
だから怒るだけなら、押し付けただけで思考停止ですね。

子どもがそうやって覚えて行くものと言うなら、何を覚えるのでしょうか?
親は何も考えずに怒るだけのバカで、学校では物事の善悪をうわべしか考えない大人がいることを覚えれば良い?

嫌なことを我慢していて、言っても分からないときに殴ったら何がいけないのか、それで分かりますかね?

特に普段から言って聞かない子どもに手を挙げている親なら、その違いが分からないと思いますけど。

私がその子の父親なら、これを機会にしっかりと話し合いますけど。とりあえずは怒らないですね。

話し合いで解決出来ないから暴力や権力や財力に訴える行為、大人がやってます。
この中で一番良くないのが暴力で、最悪の結果が戦争ですね。

話し合いで解決出来ないときに、何でも暴力で解決できるのか話し合うべきです。
この場合も、相手のちょっかいも暴力に含まれるかもしれません。

例えば自分なら、自分の立場は父親なので、家族のためであれば、多くのことは我慢を続けることが出来ると思います。

相手が悪くても、自分が謝る必要もあるでしょう。
もしも誰かに危害を加えられたとしても、我慢しなければならないこともあるでしょう。
妻が誰かに危害を加えられたとしても、私が暴力で応じれば子どもが困ることになるでしょう。
妻と子供が殺されたのなら、私は何も我慢する必要はないでしょう。

善悪は法律と必ずしも一致するわけではないし、だからと言って法律で暴力を認めてしまっては、何かと理由をつけて暴力があふれる世の中となってしまうでしょう。

だから、暴力が良いことではないが、話し合いで解決出来なかったのなら、やむを得ない部分はある。

子どもである今はそれが許されるが、大人になれば、暴力をふるった側が犯罪者となる可能性があること。
だからと言って、子どもである今は暴力で解決して良いわけではないこと。

これらの話を踏まえて、今回の問題に対して、何が出来て父親の立場である自分はどうしようと考えているのかについても、話をすべきだとも思いました。

子どもがどう思っているのか確認して、それでどうしたいかと言う話てす。
この中で教えられることや学ばせることがあると思いますね。

この状況であれば、子どもは自分が悪いとは思っていないだろうし、だから謝りたくもないと考えている方が普通ですね。

そこで自分は親の立場で、どんな経緯であろうと自分の子どもが怪我をさせた相手に対しては謝るつもりであることを伝える。

だから子どもも謝れとは言わないが、その相手とは今後どうしたいのかを問う。

仲直りしたいのか、決別したいのか。

どうせなら、仲良くできた方が良いんじゃない?と言うくらいは言ってはみるが、本人が関係を終わらせたいというならそれを尊重したい。

仲良くするなら、互いに謝る必要があるだろうし、関係を終わらせるのなら、また手段がある。

仲良くするところに話がまとまれば良いが、そのつもりがないなら、子供が謝らなくとも良いだろう。これらの話を聞いた上で、子供の前で頭を下げる父親を見て考えれば良い。

>ちなみに私はAくんに上手く力になる言葉をあげられませんでした。

あなたの立場がわからないが、質問のように子供に考えを押し付けるような大人が周りに多いなら、『怒られた?Aくんが悪いのかな?自分は悪いのかどうか話を聞いてみないとわからない』と、私なら言うかな。

それで、子どもが言いたい気持ちがあれば言ってくるだろうし、言わないなら言わないで子どもなりに考えがあるんでしょう。

投稿日時 - 2019-02-11 08:25:43

お礼

この話の中で出てくるひとたちは、私含めみな女性です。なので父親の方からの社会的な視点での意見はすごく参考になりました。

私はAくんのいとこです。でも年は相当違うので気軽に遊べるおねえさん?おばさん?ポジションです。よく会います。
私は比較的中立な立場なのですが、そんななかで私の励ましが微妙だったため、彼からは、もういいよと言われました。
(なんとなく誰かが悪いという責任者論はちがうだろ、とは思ったのですがうまく説明できず)
こういう時に、大人としての真価が問われますね。
また会うことがあったら少しここに頂いた言葉をもとに話してみます。
もしかしたら仲直りしてるかもしれませんし。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-02-11 15:10:43

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

お互いがお互いに謝罪。

人がイヤがる事を「イヤ」だと言っているのに何度もしたのだから、ごめんね。
イヤな事を何度もされたとは言え実力行使きてしまったのは駄目だから、ごめんね。

トラブルが発生したら中立な立場の人が個別に事情聴取をし判断すべき。
“中立な立場の人”は1人でなく、複数の方が好ましい。

職場でリーダーになった、その日に揉め事が発生した事がありました。
30代の日本人と40代の中国人、両者とも女です。
その際に上から「中立でね」と何度も耳打ちされたのを今でも覚えていますし、その言葉のお陰で片寄る事なく、判断する癖が付きました。
そして“駄目なものは駄目”であり同時に“特例、前列、例外を作ってはいけない”は大切だと思います。
ですから質問の内容は“両者が謝って終わり”です。

投稿日時 - 2019-02-11 13:46:05

ANo.6

私だったら「まあ、キレるのは分かる。B君もしつこかったんだろう。でも歯を折ってしまったということは相手をケガさせたということで、ケガをさせるのはやりすぎだ。胸倉をつかむくらいでやめるとか、行き過ぎないようにコントロールしなさい」といいますね。
そして「暴力の度が過ぎてしまったことは、謝りなさい。でも自分が怒ったことそのものは間違っていないなら、そこは謝らなくていい」と。

今はね、とにかく暴力根絶主義でしょ。指一本触れただけでアウトになる。だからみんな逆に暴力のコントロールができなくなってそういうことになるんですよ。
「お前、いい加減にしろよ!」といって胸倉つかんで前後に揺さぶるだけで怒りはだいたい伝わります。平手で頭をはたくのと、棒を持って殴るのでは意味が全然違うのですが、最近の人はどうもそれが分かってない。

投稿日時 - 2019-02-11 13:07:23

お礼

なるほど、暴力の結果については謝るけど、怒りについては肯定してあげる、ということですね。
たしかに、暴力奮ったら何が理由だろうと全部Aくんがわるいという流れになってたので私も気づきませんでした。

ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-02-11 14:49:43

ANo.5

生きるには、
 誠実であること、相手には敬意を払うこと、嘘をつかないこと、思いやりの心で接すすこと。これに反して、行動して、相手を傷つけた場合には、自分から進んで文字通り真摯に謝ること。

投稿日時 - 2019-02-11 12:10:07

ANo.3

 我々の住む世界は燃えよドラゴンの世界と違い法と秩序で管理されています。ブルースリーのようにアチョーと悪人をやっつけたらそれは勝利ではなく司法的敗北の始まりです。国同士のけんかも同じですが、殴るというのは正しい手続きの一つですが、それは手続きリストのずっと後ろのほうに有ります。言いにくいことを人に話すのがどれだけ嫌でも、殴る前に問題を先生や親に話すべきでした。先生はなにもしてくれない。それで結構。それでも解決せずに暴力に至れば、それは親や先生にも責任があったと皆が認めるのです。いずれにせよ、ちょっと人を軽く殴っただけで思わず後ろ向きに転倒させて殺害してしまう場合もある。だから武力は行う側にもリスクが大きく手続きの一番最後です。

投稿日時 - 2019-02-11 07:33:34

ANo.2

何をすればいいのか?

 ただ謝るのでなく、条件をつければ、いいと思います。

 Bさんになら「君も謝るなら僕も謝る。」、第三者になら「元々はB君のシツコさが原因なんだからあいつが先に謝れば、俺はいつでも」と言えばいいでしょう。

 処世術か何か知りませんが「謝れ」と聞いたら必ずB君も謝るべき、とB君の落ち度を表に出せば、質問者さんだけが悪いのではないことが明らかにできます。

投稿日時 - 2019-02-11 07:11:07

ANo.1

《あがらった結果》は〈あらがった結果〉なのでは?

「常識」の助けを借りて考えて、
対処しませんか。

CiaoCiao.

投稿日時 - 2019-02-11 03:37:18

あなたにオススメの質問