こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

蔑視と差別の違いとはなんでしょうか

辞書で調べてもいまいち違いが分かりません。
見下し馬鹿にする事は差別感情ではないのですか?
そして見下し馬鹿にした発言は差別発言ではないのでしょうか?

投稿日時 - 2019-02-11 21:23:15

QNo.9586929

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

No5、

そうですね、実際のところ難しいんですよね。

どれも同じ意味で使おうと思えば使えるし、
どれも似たような意識が根底にあったりするし…。

「蔑視」は軽蔑の眼で見ているということなので、言動よりも「気持ちや姿勢」の部分を表現する場合が多いです。

「差別」は差をつけて別けるということなので、気持ちも言動も含めて「相手によって(態度を)変える」部分を指していますね。

「見下す」のは軽蔑というより(軽蔑の意識が無くても)「自分が上」という上から目線の、己惚れ意識の現れを指す場合が多いです。

「侮辱」は意識と関係なく態度や姿勢よりも、「言動そのもの」を指してる場合が多いですね。

いずれも「本人」と「相手」と「第三者」との間で意識も受け止め方も同じとは限らず、
どちらかと言えば互いに違う場合のほうが多いですよね。

使っている文字に込められた元々の意味から、文字の組み合わせでニュアンスを捉えながら使い分けるしかないでしょう。

差別感情が有れば立場に関係なく「見下し」も「馬鹿に」もしたくなるのが普通でしょう。

本人は差別感情でないと思っていても、
己惚れだけで相手を「見下す」ことも「馬鹿に」してしまうこともあるでしょう。
そんな時、受け止める側は「差別」と受け止め
るのも普通だと思いますよ。

そうなれば言葉の意味の違いよりも、お互いの捉え方の問題ということになりますね。

…「気持ちの行き違い」なんて表現もありますからね。

元々が似たような意味を含む言葉ですから、
「それは違う」と言っても、受け止める側にしてみれば「言い逃れ」や「詭弁」にしか映らないということだって多いですよ。

「ちょっとした言葉の行き違い」なんてこともあります。

厳密に捉えようとしたら、一文字ごとに由来や元々の意味まで辿らなければならなくなってしまいますね。

この質問自体も、
言葉の「本来の意味」の質問になのか、
言葉の「使われ方」の質問なのか、
言葉の「受け止め方」の質問なのか、
…それによって言葉遣いも答え方も微妙に使い分けなければならない難しさを感じましたよ。

投稿日時 - 2019-02-12 23:56:42

ANo.7

★蔑視★

身体及び知能など側から見て何かしらハンディを抱えており、本人の意思に関わらず社会的に格差、分類されてしまう場合。

身体障害者→健常者とは肩を並べられない
知的障害者→特殊学級に進学すべき
母子家庭→DVや盗み、非行などに走りやすい
低学歴→ホワイトカラーにはつけない
低脳力
その他→職業で人柄や生い立ちなど判断する

★差別★

一般から基準値がズレている場合。

外見→肌の色、髪質、骨格など
風貌→上記の事に加え持ち物、ファッション、
趣味、趣向など

↑これらに纏わる事で個人的な好みや判断で冷やかしたり、バカにしたりすること

だと、私自身、解釈しております。

多分、辞書には詳細な説明は書かれていない
でしょう。

蔑視は共通の社会通念のもと、人のことを勝手にカテゴライズすることで、差別は個人的な見解のもと相手をこの様な人間だ!と決めつける、虐めの様な感じなのではないでしょうか?

投稿日時 - 2019-02-12 15:32:40

ANo.6

「蔑視」は内心、その人の気持ち。「差別」は具体的な行動を伴うもの。

投稿日時 - 2019-02-12 10:34:14

ANo.5

「蔑視」
…相手を蔑む(さげすむ)気持ちで見下すこと。

「差別」
…相手によって扱いの違いを設けて、言動を使い別けること。

「見下し馬鹿にする」ことには「侮辱」という
表現があります。

投稿日時 - 2019-02-12 05:04:33

お礼

ありがとうございます
見下す・侮辱というのも言動ではないのでしょうか?

投稿日時 - 2019-02-12 20:55:16

ANo.4

同じでいいんでしょうけど
対象が違うのでは、ないでしょうか?

蔑視は、特定の個人に対し
差別は、クジラを捕ってる人はダメだ
外国人と結婚する人はダメだ
アジア人はダメだ
など、個人相手じゃなくて
特定の地域やグループを、丸っと全部含める。

florioの回答は、全部デタラメだから
OKWaveを利用するな、みんなに迷惑がかかる
の場合は、それは事実なんですけど
蔑視。

差別は、たとえば部落差別のように
特定の人たち全員を対象に
特別の扱いをする。

投稿日時 - 2019-02-12 00:07:03

差別の方が、物事を差をつけて別に扱うという感じがして、きついと思います。蔑視は、見下すだけで、手は下さないので、差別より優しいと思いますよ。よく社会的地位身分のないものに差別という単語をつかいますね。?だからです。

投稿日時 - 2019-02-11 22:49:35

辞書で調べてもいまいち違いが分かりません
辞書と同じことを回答したのでは意味がありません
貴方が調べた辞書にはなんて書いてありましたか?

投稿日時 - 2019-02-11 22:00:29

ANo.1

蔑視は見下すという意味ですが、
差別は必ずしも見下しているとは限らないです。

つい先日も、グッチが黒人差別批判を受けて販売中止とかしましたが、
別にあれは黒人を見下していたわけではないでしょう。
デザイナーにとっては、ただイマジネーションの湧いたデザインだったはずです。

セクハラとかと同じようなものですね。
当事者が差別と感じたら、もう差別なのです。

参考URL:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190207/k10011807031000.html

投稿日時 - 2019-02-11 21:39:29

あなたにオススメの質問