こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

申告分離課税で損益通算した時の還付金について

確定申告をしようとしていますが、投資信託を売却した際に損が出ており、申告分離課税で損益通算して申告をしようと考えています。
給与の所得があり、投資信託は、特定口座の源泉徴収ありの口座で運用していました。
損益通算についてネットで色々調べてみていますが、むずかしくて理解しきれてなくて、以下についてお分かりの方、教えていただけないでしょうか。

この投資信託は、売却する前に分配金がでていまして、こちらは20%の源泉徴収をしています。
売却での損失額は分配金より大きいので、損益通算で分配金への税金が還付されると理解しているんですが、この還付金はどのようにして還付されるのでしょうか。
国税庁のHPで確定申告書を作成してみてますが(損益通算は、「分離課税の所得」のところの「株式等の譲渡所得」に入って特定口座年間取引報告書から転記して入力しました)、作成の最後にでてくる還付される金額が、証券会社から送られてきた特定口座年間取引報告書に記載されていた所得税と住民税の還付税額(下ほうの19欄です)よりも少なくて、正しく計算されているのか、わからなくなりました。
分離課税のところで申告した還付金は、総合課税のほうの還付金にはならないんでしょうか、そうだとしたら、上記報告書(19欄)に載っている還付税額はどうやって還付されるのでしょうか。
すみませんが、お分かりの方、教えてください。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-02-13 15:47:34

QNo.9587411

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

一つの特定口座(源泉徴収あり)内での取引ということでいいでしょうか。
また、配当は申告分離課税で入力されましたでしょうか。

その場合ですと、すでにその口座内で損益通算はなされています。
いったん、配当が入金され源泉徴収されますが、その後の売却の際に損失が発生していれば、そのときに配当の源泉徴収分が損益通算されて還付されています。具体的には、その口座のMRFへ配当の源泉徴収分が入金されているはずです。

したがって、確定申告しても、特定口座内ですでに損益通算されていますから、何か別の理由で還付金が発生しているか、入力ミスでなければ、新たに還付金は出ないはずです。
もっとも、損失の方が大きいということですから、翌年以降に損失を繰り越せます。確定申告することが無駄にはなっていません。

投稿日時 - 2019-02-13 17:27:53

お礼

回答ありがとうございました。
具体的に丁寧に説明していただいたので、私の疑問はクリアになったような気がします。(なかなか税金は複雑でむずかしいですね。。)
今日中に確定申告書を作成したかったので、助かりました、ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-02-13 19:24:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

還付自体は、申告書に記載する受け取り口座へ入ります。
計算された額に関しては、入力が正しいなら、たぶんそれが正しいのであろうとしか分かりません。具体的に全部チェックしてみなければ分かりませんので。

投稿日時 - 2019-02-13 17:29:30

お礼

回答ありがとうございます。
そうなんですね、どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2019-02-13 19:26:16

ANo.1

私は E-TAXを利用して申告をしています。
記入する部分にすべて数値を入れれば計算結果が出るようになっていますので試してみてください。

尚、紙での提出にも使えるようです。マイナンバーやWindows10などがそろっている必要があります。
以下のURLで説明を確認しながら進めればいいと思います。途中でもやめれますので使いやすいです。

URL:
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl

投稿日時 - 2019-02-13 17:15:47

お礼

回答ありがとうございます。
なるほど、e-TAXは、またもうひとつハードルが高そうなのですが、もっと勉強してトライしてみたいと思います。

投稿日時 - 2019-02-13 17:47:59

あなたにオススメの質問