こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

武田邦彦「腎臓病の技術は向上してるが昔は10万人だ

武田邦彦「腎臓病の技術は向上してるが昔は10万人だった透析患者が今は40万人。これは増えたのじゃなく患者にある薬を飲ませると段々と透析に追いやる薬があり、透析の機械を売るため。これは中国じゃなく日本の話。現場の医者は努力してるが上の人間達が悪い」



「患者にある薬を飲ませると段々と透析に追いやる薬」

の薬は何ですか?

極秘で言えない場合は製薬会社だけ教えてください。

投稿日時 - 2019-02-23 09:07:31

QNo.9590658

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

以下に説明があるようです。
http://takedanet.com/archives/1037703425.html

武田先生の理屈を抜粋するとこうなります。
腎臓病の一部には休養すれば治るものもあるのに
休まない治療をする医師を、患者は選んでしまう。
休まない場合、治療ではなく対処療法にならざるを得ないので、
利尿剤など、腎臓をかえって酷使する薬が処方されることが多い。
それにより腎臓の機能が失われてしまう。

理屈はあっているように見えますが、これが正しいかどうかは
私は断言はできないです。すみません。
休んだだけでは治らない腎臓病は、除外するようですが、
ほんとうにこれが事実なら、おそろしいですね。

以上、参考にならなかったらごめんなさい。

投稿日時 - 2019-02-23 09:46:37

お礼

みんなありがとう

投稿日時 - 2019-02-23 17:51:34

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.5

>昔は10万人だった透析患者が今は40万人

その理由は、
1.日本が豊かになって腎臓病患者が透析で助かるようになった。昔なら全員死んでました。透析がなかったんですから・・・  結核だってペニシリンがないころはバタバタ死んでました。

2.そればかりでなく透析技術が向上し、患者が長生きできるようになった。透析は不幸なことでありますが、死んじゃうよりもはるかにいいです。透析は時間的拘束があるだけであとは普通の人と変わりません。

>「患者にある薬を飲ませると段々と透析に追いやる薬」の薬は何ですか?

そんな薬が認可されるわけがありません。どうしてそんな薬を作るんですか?
人を病人にして喜んでいるのでしょうか? おかしいです。常識から逸脱していると私は思います。

投稿日時 - 2019-02-23 17:14:08

ANo.4

こんにちは
透析に使われるフィルターを作る会社は日本が一番頑張ってるようですね。
会社として、世界的にとても力を入れられてるようです。
当然の事ながら?
日本の透析の患者さんは他国に比較してとても多いようですね。
その理由は。公には、宗教的に先進国の中で移植が進まない事といわてるようです。
そして、他の理由は...
言うに言えない理由が存在するわけでしょうね。
この地でも、透析専門の個人病院が病棟を拡張してますよ。
以上、回答にはなっておりませんが、参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2019-02-23 13:12:36

ANo.3

ああ、わかりました。
利尿剤と血圧降下剤。

薬としてA社のB製品・・・ということではなくて、メカニズム的にこういう薬を飲むと、そうなる可能性がある。
特に、体調が悪いときに、更に無理をするようなことをして休めといってる(医者が)。
しかし、休まない、休めない(患者が?そんなに?悪いとも思わないで?)、腎臓がアウトになるまで・・・・で、人工腎臓にというストーリーです。

おしっこ=水分を出すのは、塩分が水分を引っ張って連れて行くからで、ナトリウムを出すのが、利尿剤。
更に、腎臓の血流を良くすると、よりよく腎臓が働くので、ために血圧が上がる(腎性高血圧)。
が、しかし、血圧が高いのはよろしくない、いずれ脳卒中を起こす恐れがあるので、降圧剤、すると、腎臓の血流量が減る。 
塩分でない、むくむ、腎臓も働きにくい・・・、では透析・・・・、一応良くなる。  
では、次回も・・・・というサイクルをやってると、
腎臓が怠ける?働きにくくなる。  
たくさんすぎるのミ=老廃物の中からとりあえずでもぐるぐると血液回して、何度でも拾って捨てるという作業をするなら、腎臓も、復活するが、ソレをさせないという意味合いでしょうか?
横になると、腎血流量が増えます。 無駄に血圧を上げる必要もないし。
つまりは、医者が言う、休め。
人工透析だって横になっていずれは同じことを自分の腎臓ではないところでやるだけのこと。
だったら、自分の腎臓で「人工透析」するつもりで、横になって前倒しで休んで、自分の腎臓で「人工透析」するべきだと言ってる。

腎臓をより機能不全=「お前は役に立たないから人工透析するからモウ働かなくていいよ」に追い込む。

よく、体調不良になると、「顔むくんでる?」とかいうし、「あまり寝てない、寝られない」ともいう。
すると、腎血流量が減ってるという現実がそこにあるわけで。
血圧が高いから、下げる、むくんでいるから利尿剤ということより、
腎血流量を増やすためには、横になって、まずは、休みましょう。
体を休めましょう! 薬は飲まずに飲む前にというのがコア。
医者と、患者の共同作業?で人工透析が増えてるとも言える。
最後の一本の藁にリアルがなる前にということです。

すべてのケースがそうだとは思いませんが、一理ある考え方です。
更に武田先生の言われることに加えるなら、薬は最後は体の外に出る。
このルートに、ウンコ(肝臓経由)になるかオシッコ(腎臓経由)になるかの二択しかない。  
コレがオシッコ経由なら、より厄介なゴミ=老廃物として
腎臓の濾過機能をいじめることも付加してもいいと思う。

投稿日時 - 2019-02-23 10:56:25

あなたにオススメの質問