こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

110万円以下の生前贈与の疑義の要因となりますか

過去数年間、110万以下で娘に生前贈与を行っています。
本やネット上の情報をもとに、例えば、
・贈与契約書の作成
・贈与契約書に記載した額・日時での銀行口座への振り込み
・毎年、贈与日を変更
・毎年、110万以下で100万前後を金額を変えて実施
・振り込まれた娘の預金通帳・印鑑は娘が管理
等々に留意しながら非課税と認定していただけるように実施しています。
娘は実家住まい、会社員4年目、堅実な性格なので出費も多くありません。
給与振り込み用、生活費出金用、貯金用と数冊(数行)の
預金通帳を持っています。

そこで、預金用なので生前贈与の金額が振り込まれる以外、
数年間、口座の動きが全くないと、生前贈与が否認される要因
となる可能性があると聞きました。
これは本当でしょうか。
例えば、過去4年間、101万、102万、103万、100万
と銀行振り込みで生前贈与を行っても、この4件の入金以外
全く口座に動きがない場合を想定しています。
生前贈与振り込み以外の動きがないので、みなし口座とされる
可能性があるということでしょうか。

確実に非課税枠を活用した生前贈与を行っているつもりでしたが、
「数年間、口座の動きがない場合」という要件は聞いたことが
なかったので、お詳しい方にアドバイスを頂戴できれば嬉しいです。

投稿日時 - 2019-02-27 11:12:38

QNo.9591950

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

生前贈与というのは相続時精算課税を選択するものであって、110万など関係ありませんし、その届け出も必要です。また、新民法では時効も作られるようですが、相続時の分割協議の対象にもなります。
単純な贈与なら110万までは非課税ですが、実態として毎年継続するような形であれば、契約書がどうあろうが一括贈与として課税の対象になる場合があります。1万ずつ違うとか微少な差異ではなく、明らかにバラバラ、別々と認められるような金額、間隔にした方が無難です。
ただ、親族間の生活費援助は非課税です。生活費であると見なせるような資金移動なら問題ありません。
認定基準は非常にあいまいなので、ここから先が黒というような断定的な判断はできません。
口座の動きが無い、というような1点だけで判断されるのではなく、それも含めた総合的な状態で判断されます。

投稿日時 - 2019-02-27 12:09:38

お礼

ご回答ありがとうございます。
貴重な、具体的なアドバイスに感謝いたします。

投稿日時 - 2019-02-27 13:57:41

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

現金の生前贈与ですが難しく考えなくてもいいんですよ。
例えば、娘さんに銀行で口座を作ってもらい、キャッシュカードを
二枚作ってもらってその一枚を親である貴方が持っておいて
入金するときには娘さんのキャッシュカードで毎月10万円ずつでもいいし
半年ごとに50万円でも入金すればいいのです。
こうすれば娘さんが自分の口座に自分で入金したことになりますよね。
ということは贈与に当たらなくなります。
そして娘さんには必ずある程度貯まったら定期預金にするんだよと言って
お金を動かすことを教えておくんです。

投稿日時 - 2019-02-27 12:27:46

お礼

アドバイスに感謝いたします。
参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2019-02-27 13:58:37

ANo.4

こんな物は生前贈与といってはいけません。
娘にお小遣いをあげたのです。
また、口座に振込みしたのが間違いで現金で手渡しすべきでした。
証拠が残らないように、自分が使ったかのようにしてあげるのです。
総理も公然とやっているように、証拠が残らなければ無かったことにできるのです。

投稿日時 - 2019-02-27 11:55:40

お礼

ご回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2019-02-27 13:54:49

https://sekita-tax.com/gift-tax-prescription/

これを読んでの 私見 です。

名義預金・・・数年間、口座の動きがない場合

単にお金を移動させていただけで贈与の実態がない
(そもそも本人がもらったことを知らなかった
被相続人が口座を管理しており
本人が自由に出し入れできなかった、など)
場合には
間違いなく「名義預金」として被相続人の財産と認定されます。

どうもこれに関係してくるんじゃないか?
と思うんです。

数年間、口座の動きがない場合
というのは、名義預金と判断される可能性もあるかな...と。

必要があるから、お金を貰うんであって
その貰ったお金を数年間使わなければ
なんのためにお金貰ったの?

外形でみれば、そういうこと。

その外形でみれば、税金逃れか?
という可能性もある、と思いました。

投稿日時 - 2019-02-27 11:48:34

お礼

ご回答ありがとうございます。
ご指摘の点はまさに私も気にしたところですが、
与える側、もらう側の認識があり、契約書があり、
その他すべてが満たしているにもかかわらず、
もらった側の口座に(贈与以外の)動きがないことが
税務署サイドでの判断材料になりうるのか、とという
疑問でした。
ご指摘の発想から、税務署さんがそれを理由にされる
可能性もありますので、時折、意図的に引き出して
おいしいものでも食べに行きなさい、とアドバイスしてみます。
ご意見を参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2019-02-27 13:52:22

ANo.2

> お詳しい方にアドバイスを頂戴できれば
誠に失礼ですが
こんなところで聞いても素人の返事しか返ってきません。
(せいぜいネットへのリンクとか)
しかし判断するのは税務署です。
ここで「こうすれば大丈夫」と回答があっても税務署が「ダメ」と言ったらダメなのです。
早い話がこんな所の回答など役に立たない。

投稿日時 - 2019-02-27 11:45:12

お礼

ご回答ありがとうございます。
ご指摘の点、十分認識しておりますが、
このサイトで、有益なアドバイスをいただいたことも
多々あったため、まずはスタート地点として
お伺いさせていただきました。
税の問題ですので、当然、最終的には自己責任との
認識もしております。
アドバイスに感謝いたします。

投稿日時 - 2019-02-27 13:45:30

ANo.1

下記参照。
https://gentosha-go.com/articles/-/1998

投稿日時 - 2019-02-27 11:31:19

お礼

ご回答ありがとうございます。
リンク先を参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2019-02-27 13:42:51

あなたにオススメの質問