こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

この文章は正しいでしょうか?

童謡ふるさとを聴き、思い浮かんだことを詩にしてみましたが、
この文語体が正しいのか不安になりました。

「帰る場所を失くして 心挫け泣くとも
空にかかる虹を見て 新たな希望湧きいづ
いつの日にか帰らん」

意味は、
帰る場所を失くしてしまい、心が挫けて泣いたけど
空にかかる虹を見て、新しい希望が湧き出た
いつかふるさとに帰りたい(または帰りますという意志表示)

フッと思った詩で、なぜか古文のようになってしまいました。
心配な箇所は「泣くとも(泣いたけど)」と「湧きいづ(湧き出てきた))」
のところです。正しい日本語かどうか、教えて下さい。

添削をお願いいたします。

投稿日時 - 2019-03-03 09:07:38

QNo.9593143

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

今は遠きふるさと 胸に涙あふれて
遙か空に虹を仰ぎ 湧ける望み新らし 
いつの日にか帰らむ

投稿日時 - 2019-03-11 19:18:12

お礼

ありがとうございます。あらためて、日本語の素晴らしさを感じ、感動しています。

投稿日時 - 2019-03-12 21:45:32

ANo.4

「帰る場所を失いて 心挫け泣けども
空にかかる虹を見つ 新たな希望湧きいづる
(あの故郷に) いつの日にか帰らん」

好みの問題ですが、上の様に変えてみました。
「帰らん」はご意志の通り、「いつか帰ろう」あるいは「いつか帰るぞ」の意味ですね。

投稿日時 - 2019-03-03 09:51:23

お礼

ありがとうございます。「どこまで文語的にしていくのか・・・」
このことの思い入れ程度がカギになってきました。
歌詞として考える時、メロディーが変わるので、選び取りがとても難しいですが、もう一度父と話してみます。
あらためて日本語の深さを知ることができました。
感謝申し上げます。

投稿日時 - 2019-03-03 10:47:17

ANo.3

1。心配な箇所は「泣くとも(泣いたけど)」と「湧きいづ(湧き出てきた))」
のところです。

 どちらもご心配は要らないと思います。

2。他の場所をもっと文語的になさりたければ
 帰る場所を失くして > 帰る場所を失い
 空にかかる虹を見て > 空の虹を見るたび

 なども可能です。

3。志を果たして いつの日にか歸らむ
  山は青きふるさと 水は清き故郷

  高野辰之の「故郷」第3節(下記の2:10あたりから)を思い出しますね。
 https://www.youtube.com/watch?v=vL_mYs6VIpA

投稿日時 - 2019-03-03 09:38:43

「帰るべき場所を失ひて 心挫け泣けども
空にかかりたる虹を見たれば 新たなる希望ぞ湧きいづる
嗚呼,いつの日にか帰らん」

投稿日時 - 2019-03-03 09:21:59

お礼

素晴らしいですね。これぞ古文のパーフェクトバージョンですね。
歌う場合は、字余りになってしまいますが、施設でお話しする時に、教えていただきましたお言葉で、お話しさせていただきます。
日本語の素晴らしさを、かみしめています。感謝申し上げます。

投稿日時 - 2019-03-03 09:42:14

ANo.1

それで間違いないと思います。
  
話は変わりますが、この歌は好きですが3番だけは歌いません。
「志を果たして いつの日にか帰らん~~」
志を果たせなかったら、永久に故郷へは帰ることが出来ない?
そんなの悲しいです。
傷ついてボロボロになって帰っても、優しく受け入れてくれるところが故郷でしょう。

投稿日時 - 2019-03-03 09:21:44

お礼

お忙しい朝に、添削をありがとうございます。
古文がさっぱりわからなくなってしまいました。

実はこの詩は、認知症(まだらなのでちゃんとわかる時もあるのです)で施設入所した父が、家を売り、もう帰れない、そう失望したのですが、
イエスキリストを信じ、天国の希望を持ち、いつか天寿を全うして永遠の命を得て天国にいける、そう話してくれた時に、できたものなのです。

この世で故郷に帰る場所を失くした父ですが、新たな希望を持ち、余生を送っています。
私も実家がなくなり、帰る場所を失くしましたが、父といつか天国で再会できる、この希望により生きる力となっています。


ありがとうございました。これで父に伝えることができます。

投稿日時 - 2019-03-03 09:47:40

あなたにオススメの質問