こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Accuphase E-305と今の数千円のアンプ

Accuphase E-305(¥270,000(1987年12月発売))のアンプと今の数千円のアンプ
ですが、音質はどれほどの違いがあるのでしょうか?
スピーカーは同じもの(ある程度いいもの)を使ったと仮定します。

聞く人はアンプマニアではなく、それなりに音楽が聴ければいいというタイプです。

当然Accuphase E-305は年月が経っているので、それなりに劣化しています。
電源を入れて最初にボリュームを調整しないと、音がかすれます。

投稿日時 - 2019-03-03 10:57:49

QNo.9593172

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは

家に数年前に久しぶりに生まれ故郷に里帰りしてオーバーホールされたAccuphase E-305よりも古いAccuphase E-302(1984年12月発売)があります。

NS-1000M+YSW1000Mを繊細にパワフルにガンガン鳴らしてくれてご機嫌です(*^_^*)

古いモデルでもキチンと面倒見てくれるからこそのAccuphaseだと思います(^^)
どんな助言が付くのか拝見させて頂きますm(__)m

投稿日時 - 2019-03-04 08:50:54

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.6

ある程度いいスピーカとは、どの程度かわかりませんが、ハーベスあたりとすれば、新品のAccuphaseと、数千円ではありませんがAmulechの2万以下の
アンプでは、互角で好みの領域でしょう。 
今のデジタルアンプはあなどれません。
Accuphaseの陰でデジタルアンプをならして、やっぱりAccuphaseはいいねと友人にいわせるのも楽しいかもしれませんね。

投稿日時 - 2019-03-04 08:09:23

ANo.5

ものすごく違います。比較になりません。あとは好きずきです。そうとしか言えません。

投稿日時 - 2019-03-03 15:13:05

ANo.4

>聞く人はアンプマニアではなく、それなりに音楽が聴ければいいというタイプです。
そういう人は音質に違いがあってもAMラジオとCDぐらいの違いがなければ気にしないので
大きい・重い・音がかすれる・古いなどの理由で今の安いデジタルアンプになるでしょうね。

投稿日時 - 2019-03-03 12:24:14

追記。別の条件も考慮しなければいけませんでした。

故障ぎみのアキュフェーズ VS 新品の中華アンプ
「信頼性」という点では,どっちもどっちじゃないかと思います。中華アンプは数千円でもぼろ儲けの作りですからねえ。

まだしもネットオークションで,国産有力メーカ製の「6年ものの中古コンポ本体」をさがすことを,私は選ぶかもしれません。
「CDは故障して動きませんが,AUX入力は音がでます。
 500円。ジャンクとして返品・返金なし」
のようなやつを(笑)。

投稿日時 - 2019-03-03 12:17:04

テレビに組込まれたスピーカや,パソコンにつける机上スピーカで楽しんでいる人には,たいして変わらないでしょう。

ホームシアターやコンポなども安い部類に入るでしょうが,これらはカーステレオ用に開発されたパワーIC(アナログ)を搭載しているのがふつうです。その素子の性能以上の音はでませんが,ふつうの人にはこれを聞き分けることはできないでしょう。たとえば,ある音量以上でA級動作からB級動作に移行しますが,その歪み感を知覚できないはずです。電源回路が大電流を供給するのに,息切れしてきたのも知覚できないはずです。

私が自作中心なのは,馬鹿みたいにおおげさな電源装置(増幅部とは独立)を組み,フルタイムA級でしか設計しないからです。真空管のシングル動作なので,A級しかありえない(笑)。

投稿日時 - 2019-03-03 11:42:52

ANo.1

今時の数千円のアンプは、「D級アンプ」に区分されていて、高効率で動作しているそうです。
効率が良いから、大きな電源やトランス、放熱版が不要になって小型化が可能。
さらに、昔のようなアナログのD級動作だと、音質に問題がありますが、デジタルでのD級動作なので、そんなことも無いようです。

ということで、音質に一番関係するのがスピーカですから、そこに(ある程度いいもの)を使うなら、音質は昔のアンプと同等かそれ以上になると思います。

投稿日時 - 2019-03-03 11:08:59

あなたにオススメの質問