こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

手折る と書いて

手折る と書いて
なぜ たおる
と読むんですか?

手って書いて
あるのに?

投稿日時 - 2019-03-03 14:16:46

QNo.9593241

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

「手綱」の如し、なお、読み仮名は「たづな」。

投稿日時 - 2019-03-03 15:41:44

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

手って書いてあるのに?
だから「手折る」=「たおる」です
「手」は「す」「た」「て」と読みます。

投稿日時 - 2019-03-04 16:13:49

ANo.9

1。手折る と書いてなぜ たおると読むんですか?

 日本語の言葉には、それだけで使う時と、何かがくっついている時で違うのがあります。

 たとえばそれだけの時は「て」、折るがくっつくと「た」に変わります。前者を 「露出形」、後者を「被覆形」と言います。

 この区別は昔から気づかれていましたが、露出形と被覆形の名前は、有坂秀世の『上代音韻攷』の「国語にあらはれたる一種の音韻交替について」にあります。

 手e~aに似ているのは、露出形「め」被覆形「ま」なこ(目の子)です。雨と雨傘、風と風上、酒と酒屋などその例です。

2。 e~a の他に、i~o 木(露出形)、この葉(被覆形)などの母音交代もあり、古い日本語の母音組織の再構成に使われています。

 「あめ」が先か「あま」が先かといったことについは下記などをご覧ください。
 http://portal.dl.saga-u.ac.jp/bitstream/123456789/122926/1/ono_201701.pdf

投稿日時 - 2019-03-03 17:21:04

「た」は「て」の母音交替形(母音交替とは、一つの言語の中で、母音が変化することにより単語が別の単語に変化したり、文法上の機能が変化したり、あるいは環境によって母音が変化する現象をいう。)

「雨音」は「あまおと」と読み「あめおと」と読まない。
このような場合「あめ(雨)」の「め」が「ま」に変化したと考えるのが普通。

投稿日時 - 2019-03-03 16:45:39

ANo.6

漢字がその時だけ変な読み方をするのって、良く有るから
気にしないことです。
手は結構「た」と読みますしね。特に古い言葉で。
・手繰り寄せる 
・手綱を握る
・手枕 (たまくら)
・手力男命 (たぢからおのみこと)
昔は「た」読みが普通だったのかも

手で折り取る事を、「たおる」と言う言葉にした。
漢字を当てる時に、手で折るから「手折る」と当て字にしただけかもですが。

投稿日時 - 2019-03-03 16:33:30

ANo.4

「手折る」
道具を使わないで手で花や枝を折る意味や
うら若い女性をわがものにするという意味があります。

英語のtowel
タオルの当て字ではないかとも考えられます。
漢字の本来の意味に関係なく音や訓を借りて
あてはめた漢字のことです。

投稿日時 - 2019-03-03 15:37:18

ANo.3

>手折る と書いてなぜ たおると読むんですか?
国語辞書で「たおる」を見ると「手折る」があるはずです。

投稿日時 - 2019-03-03 14:45:07

道具を使わないで 手 で折るから。
枝を手で折る、など。
しゃ折り紙も手折るか?
ごめんなさい、わかりません。

投稿日時 - 2019-03-03 14:38:24

ANo.1

 
訓読みに「て、た」の読み方があるからです
下手(へた)手綱(たずな)もそうです

投稿日時 - 2019-03-03 14:30:12

あなたにオススメの質問

オススメのQ&Aはありません。