こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

何でも鑑定団の鑑定人の眼力は確かですか?

何でも鑑定団の鑑定人の眼力は確かですか?

投稿日時 - 2019-03-05 21:10:56

QNo.9593983

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

美術品や骨董品の値段に、根拠はありません。その値段で買う人がいれば、その値段なのです。例えばおもちゃに関していえば、鑑定団にも出てくる北原照久さんがおそらく日本一のコレクターであり好事家、つまりお金持ちです。だから北原さんが「この値段で買う」といったら、たぶんその値段になると思います。中には「ことそのおもちゃに関しては、私がそれ以上出す」という人もいるかもしれませんけどね。

司馬遼太郎の短編小説「割って、城を」にはこんな話が出てきます。当時の茶道の第一人者であった古田織部が日常で使っている何の変哲もないご飯茶碗をうやうやしく持ち上げ「これはいい品である」といった途端に価値のある茶碗になってしまうってね。その道の権威が「いい」といってしまえばそうなるんです・笑。
「昔は人気がなくて値段も安かったが、今は人気が出て高くなった」とかその逆もザラにありますね。キン肉マン消しゴムやビックリマンシールなんてのはあの当時はありふれていて何の価値もなかったのですが、みんな飽きてゴミ箱に捨てていったら流通量が減って希少価値が出てきてそれこそ何万円の価値なんかになってしまいました。浮世絵の伊藤若冲なんかも浮世絵としては極彩色で常識外れの色使いをしていたので長い間人気が低かったのですが、カナダだったかアメリカだったかの好事家が大変高く評価して買い集めていたら、その人が高額で買い集めるものだから日本でも段々人気が出てきて、今や人気の浮世絵師の一人となりました。その外国人コレクターがほとんど買い占めているので、希少価値となったという皮肉です。

あとは真贋の鑑定ですが、これは長年のプロでもしくじることはあります。先日は中島先生が派手にやらかして話題になりましたね。値段が高い洋画だと、プロの贋作作家がいて美術館が騙されることだってありますからこれはどうにもなりません。今は機械で昔の時代に作られたものかどうかも分かるんだろというかもしれませんが、わざわざその時代のものをどこかから探してきて、それを混ぜたりするので機械も騙せてしまうそうですよ。
それこそ古田織部じゃないですが、その道の権威とされる人が裏書きしていればもうそれで「本物」とされますからね。ヘタに突っ込んでその人の権威を汚してもいけないっていうのもあるんじゃないかなと思います。鑑定士の中には「このジャンルにおいては私が日本一だから、私が本物といえば本物だ」と豪語する人もいますね・笑。

投稿日時 - 2019-03-06 21:19:01

お礼

回答ありがとうございます!

投稿日時 - 2019-03-07 16:48:32

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.8

眼力があるから商売ができているというわけですが テレビは別物。
掛け軸の出品者がいるから 掛け軸の鑑定人が出る。
おもちゃの出品者がいるから おもちゃの鑑定人が出る。
出品者を募集するときに 概要が送られてくるので前もって下調べができる。
といったすりあわせをして番組が作られている。
そういった演出の結果が番組です。
はずれ はずれ 小当たり はずれ その後に 大当たりを持ってくる
といった演出でおもしろくしたりする。

投稿日時 - 2019-03-06 11:36:19

お礼

回答ありがとうございます!
黒に限りなく近い灰色な、やらせ番組と理解するべきという事ですね。

投稿日時 - 2019-03-07 16:47:07

ANo.7

一定の眼力はあると思いますが、100%では無いようです。
TVショーなので、金額も少し高めになる事があるようです。

余談ですが、鑑定団で人生が変わった出演者がいます。
「まんだらけ」の経営者ですが、番組でマンガを鑑定してもらい、
余りの高額に驚いて商売を始めています。
随分前ですが、その時の驚いた表情を今でも覚えています。

投稿日時 - 2019-03-06 09:50:14

お礼

回答ありがとうございます!
事が換金価値なのでTV ショーでやってほしくはないと思います。

投稿日時 - 2019-03-07 16:44:30

ANo.6

鑑定する人は、得意な分野があります。
その得意な分野でも、失敗することもあるそうです。
大手の古物商をしていたところでも、偽物をつかみ、1000万円もの損害を受けたこともあるそうです。

骨董品には、多くの偽物が、出回っています。
本物よりも安くて、それなりの値段で、売買されているようです。

なんでも鑑定団の鑑定人の、眼力、完璧ではないと思っていれば良いと思います。
つまり、偽物を、本物と間違えることもあるでしょう。

値段は、お店に並べたときの値段と思われます。
個人が、お店に買い取ってもらうときは、20%位の価格と思っていればよいでしょう。

めったに売れない商品ですから、それぐらいで売らないと、経営が成り立たないからです。

投稿日時 - 2019-03-06 07:34:02

お礼

回答ありがとうございます!
人間だから間違いはあります。
確かにその通りだと思いますが、価値を付ける鑑定人なので間違いは許されないとも言えるのでは。。。

投稿日時 - 2019-03-07 16:41:33

ANo.5

確かでしょう。少なくとも素人ではないし、その鑑定に近い事でお金が稼げるだけの眼力はあると思います。

ただし、人間ですから間違いもあるし、鑑定できる範囲も限られているでしょうね。

投稿日時 - 2019-03-06 07:18:21

お礼

回答ありがとうございます!
素人並みでしたら、そもそも鑑定人として呼ばれてないという話はその通りと思いたいですが。。

投稿日時 - 2019-03-07 16:38:53

中島誠之助、で検索すればいい

投稿日時 - 2019-03-05 22:38:28

お礼

PS ありがとうございます!

投稿日時 - 2019-03-06 05:15:43

ANo.3

しょせん人間ですし、x線や同位元素の鑑定まで見ただけでできるわけもありません。
また、1人でそんなに広範囲の専門家になる事もできません。
ゴッホの鑑定はできてもゴダールはできないとか、ごくごく狭い範囲しかできないもんです。専門になればなるほど。
広ければどうしても浅くなり、間違いもします。
そして、本物の本物はTVになど出ないもんです。

投稿日時 - 2019-03-05 21:43:40

お礼

回答ありがとうございます!
やはりテレビ番組製作者側のやらせの臭いがするのは、あながち見当外れでは無いのですね。

投稿日時 - 2019-03-06 05:15:15

ANo.2

そうでないときもありますよ。
複数の鑑定人を使うのがいいのでしょうけどね。

投稿日時 - 2019-03-05 21:40:25

お礼

回答ありがとうございます!
テレビ番組って、いまいち胡散臭げなところがあるので、複数の信頼出来る鑑定人のお墨付きがなければ、いざ売る段になって買い取り側からこれは模造品ですよとか言われて二束三文ってこともありますもんね。

投稿日時 - 2019-03-06 05:12:34

中島誠之助がやらかしたのは有名です。

投稿日時 - 2019-03-05 21:26:23

お礼

回答ありがとうございます!
やらかしたとは何をやらかしたのでしょうか?

投稿日時 - 2019-03-05 21:56:12

あなたにオススメの質問